しみ

しみ

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

しみとは、皮膚の色素異常のことであり、皮膚の中で部分的にメラニン色素が増加して、その色素が沈着したものを指します。

皮膚は表面にある表皮とその下の真皮とに分かれますが、メラニン色素は本来、表皮と真皮の境目にある基底層のケラチノサイトと呼ばれる角化細胞に分布する細かい顆粒です。このメラニン色素は紫外線の刺激によってメラノサイトで生成されますが、ケラチノサイトに広く分布することで、紫外線の刺激による真皮へのダメージを抑え、DNA損傷を防御する働きがあると考えられています。

メラニン色素はこのように、皮膚を守るための重要な役割を担います。一旦産生されたメラニン色素は、ケラチノサイトに取り込まれ、皮膚のターンオーバーによって排出されます。

しかし、一度に大量のメラニン色素が産生されたり、ケラチノサイトが正常に作用しなかったりする場合、メラニン色素の排出が抑制されて皮膚内に残ることがあります。しみはこのように、メラニン色素の産生と排出のバランスが乱れた状態で生じるものです。

いわゆる、しみと言えば、中年以降に顔面や手、背中などに見られる加齢などによる色素沈着のことを一般的に指し、これは老人性色素斑や日光黒子と呼ばれます。また、これ以外に肝斑(かんぱん)雀卵斑(じゃくらんはん)(そばかす)もしみをきたします。

しみの原因にはさまざまなものがあるため、適切な治療を行うためにしみの色や形などを注意深く観察し、鑑別(見分けること)することが必要になることも少なくありません。

原因

しみは皮膚の中でメラニン色素が増加し、正常に排出されずに沈着することで生じます。

メラニン色素は、皮膚と真皮の境目である基底層に分布するメラノサイトから産生され、紫外線の刺激を受けることによって増加します。

紫外線はDNAに損傷を与えることがあるため、紫外線の刺激から真皮を守るために褐色顆粒であるメラニン色素の産生が促され、真皮にバリアをかけるのです。

産生されたメラニン色素は、角化細胞である基底層のケラチノサイトに取り込まれます。表皮の最下層にある基底層のケラチノサイトは、時間が経つにつれて表層へ移動して、最終的には角質層となって(あか)として脱落します。

人の皮膚は、このように深層で新しく作られては表層へと徐々に移行して排出されるという代謝を繰り返しています。1~2か月の周期でこの代謝を繰り返しており、正常であればメラニン色素も垢とともに体外へ排出されて色素沈着を生じることはありません。

しかし、メラニン色素の産生と排出のバランスが乱れると、正常にメラニン色素が排出されず、しみを形成することがあるのです。

産生と排出のバランスが乱れる原因には次のようなものが挙げられます。

メラノサイトの異常

メラニン色素を産生するメラノサイトの数が増加したり、ケラチノサイト内にメラニン色素が異常蓄積したりすることが原因です。

肝斑や雀卵斑が代表的で、発症には後天的な要因や遺伝による要因が関与しています。

ケラチノサイトの異常

ケラチノサイトの増殖、メラノサイトの活発な働き、皮膚のターンオーバーの延長などが挙げられます。
加齢や生活習慣に起因するしみ、すなわち日光黒子などが代表的で、過度な紫外線の刺激など後天的な要因が関与しています。

炎症後の色素沈着

皮膚に炎症が生じると、それが刺激となってメラニンの産生量が増加したり、ケラチノサイトが変性・壊死したりすることでケラチノサイトに含まれたメラニンが真皮に脱落し、そこで色素沈着を生じるのが原因です。
色素沈着性接触皮膚炎などが挙げられますが、化粧品に含まれる香料や色素などの化学物質によって引き起こされることもあります。

症状

しみは皮膚に生じる色素沈着ですが、その症状は原因によって発生部位や大きさなどに違いが見られることがあります。それぞれの特徴は次の通りです。

加齢や生活習慣に起因するしみ

顔面や手、背中などにできる一般的な「しみ」で、日光黒子などと呼ばれます。日光の当たる部位にできやすく、褐色の大小さまざまな色素沈着を生じます。

肝斑

30~40代女性に好発し、前額部や頬、口唇、下顎など日光の当たりやすい部位に大小さまざまで左右対称な色素沈着を生じます。

雀卵斑

幼児期に発症することが多く、頬や鼻に限局して、2~3mm程度の小さな褐色の色素沈着が散在します。

色素沈着性接触皮膚炎

化粧品をはじめとしたアレルゲンに触れることで皮膚に炎症を生じた後に、紫褐色や紫灰色などの色素沈着がアレルゲンと接触した部位に残ります。

検査・診断

しみは皮膚にできた色素沈着の特徴から診断することが可能です。しかし、脂漏性角化症などの皮膚の良性腫瘍との見分けがつきにくい場合には、しみの組織を採取して病理検査を行って確定診断することもあります。

また、接触皮膚炎による色素沈着では、アレルゲンを特定するためにパッチテストなどのアレルギー検査を行ってアレルゲンとの接触を断つのが一般的です。

治療

しみの治療では外用薬や飲み薬、レーザー照射などが行われます。

最も簡便に行える治療は外用薬と飲み薬による薬物療法です。外用薬には、メラニン産生を抑制する効果のあるハイドロキノン、ターンオーバーを促すトレチノインなどが挙げられます。

また、ターンオーバー促進効果を期待してケミカルピーリングが行われることもあります。飲み薬では、皮膚の代謝促進や美白効果が期待できるトラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEなどが挙げられます。

また、レーザー照射が行われることもあります。レーザーにはいくつかの種類がありますが、しみになった皮膚を焼いて、一皮剥くことで、しみの改善が期待できます。