らてっくすあれるぎー

ラテックスアレルギー

別名:ゴムアレルギー

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

ラテックスアレルギーとは、ゴム手袋やゴム風船などに含まれるラテックスと呼ばれる成分によって引き起こされるアレルギー性疾患です。ゴムアレルギーとも呼ばれます。ラテックスアレルギーでは、じんましん、ときにはアナフィラキシーショックと呼ばれる重篤なアレルギー反応を来すことがあります。

ラテックスアレルギーの根本的な治療方法は現時点では存在せず、アレルゲンを回避してアレルギー反応を予防することが対応策になります。

原因

ラテックスアレルギーは、天然ゴム製品に含まれるラテックスと呼ばれる成分により発生します。ラテックスはゴム手袋やゴム風船、コンドームなどに含まれており、これらに接触することでアレルギー反応が引き起こされます。

ラテックスアレルギーは、ラテックスを含む製品に接触する機会が多いと、それだけ発症リスクが高まるといえます。特に、もともとアトピー性皮膚炎などがあり皮膚バリアが損なわれている状態でゴム手袋を着用すると、ラテックスアレルギーが生じるリスクが高まります。

そのため、医療従事者、長期間に渡り医療処置を受ける患者さんなどは、ゴム手袋に接触する機会が多く、ラテックスアレルギーを発症するリスクが高まります。

また、アレルゲンであるラテックスは、バナナやアボガドなどの果物にも類似した構造物として含まれることが知られています。そのため、こうした果物にアレルギー反応を示す状況では、ラテックスアレルギーも同時に発症するリスクが高まります(ラテックス-フルーツ症候群)。

症状

ラテックスアレルギーでは、じんましんや唇の腫れ、咳、ゼーゼーといった喘鳴、息苦しさなどの症状を認めます。また、ときにアナフィラキシーショックと呼ばれる重篤なアレルギー反応を来すこともあります。アナフィラキシーショックを起こすと、呼吸不全や循環不全を来たし、無治療のままでは死に至ることもあるため注意が必要です。

検査・診断

ラテックスアレルギーを診断するためには、ゴム製品との接触によってアレルギー症状が引き起こされた、という時系列的な情報が重要です。また、バナナやアボガドに対するアレルギー歴の確認も大切です。

ラテックスアレルギーが疑われた際には、血液検査や皮膚テスト、負荷テストによってアレルギーの存在を検索します。皮膚テストや負荷テストは、アレルゲンであるラテックスに実際に触れる検査です。そのため、重篤なアレルギー反応が検査によって引き起こされる危険性があり、緊急時の対応が可能な医療機関で検査を受けることが必要です。

治療

ラテックスアレルギーの根本的な治療方法は現時点では存在せず、アレルゲンを回避してアレルギー反応を予防することが対応策になります。具体的には、ゴム手袋ではなくビニール性などの手袋を使用する、医療機関を受診する際にはラテックスアレルギーであることをしっかりと申告する、などが大切です。

ラテックスアレルギーでアレルギー反応が生じた際には、エピネフリンやステロイドなどを症状に応じて使い分け対応します。