はだあれ

肌荒れ

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

肌あれとは、カサカサしてかゆい、赤く腫れて痛い、など不快な肌トラブルの総称です。ほとんどの方が一度は経験するもので、肌の弱い方は頻繁に起こることでしょう。

こうした肌あれは乾燥によるものが大半を占めますが、中には病気が原因になっていることもあります。また、症状によっては早期の治療がすすめられる場合もあります。

原因

肌あれは主に皮膚の乾燥によって起こります。何らかの原因によって肌の潤いを守るバリア機能が低下し、肌内部の水分が外に逃げてしまうことで乾燥が起こります。そして乾燥すると外的刺激を受けやすくなり、肌あれが引き起こされるようになります。

乾燥以外では、病気や花粉・化学物質の刺激なども肌あれの原因に挙げられます。

乾燥が原因の場合

肌あれの多くは乾燥による炎症で、肌あれの原因のうち約7~8割を占めるといわれています。乾燥は空気の乾燥で生じることが多いですが、シャンプーやボディーソープ、洗顔料などでも引き起こされることがあります。保湿などのスキンケアが不十分であることも原因のひとつです。

病気が原因の場合

肝臓の機能低下や内臓のがんによって、全身に紅斑(こうはん)(皮膚が赤くなること)などの皮膚症状が出現することがあります。そのほか、皮膚の病気が原因になっている場合もあります。

刺激やアレルギーなどが原因の場合

花粉や化学物質、薬の副作用なども肌あれの原因になりえます。

花粉が皮膚に触れることで紅斑やかゆみなどの皮膚症状が生じます。

化学物質においては空気中に浮いている物質、化粧品や洗剤などに含まれている物質の肌への刺激が主な原因となります。

日常生活が原因の場合

下記のような日常生活上の要因も肌あれを引き起こすことがあり、肌あれだけでなく体の不調が起こることも多くあります。

  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 環境(低湿度)
  • 喫煙

など

このような生活習慣が続くと内臓の病気の原因になることもあるため注意が必要です。

症状

下記のように、肌あれにはさまざまなものがあります。

  • カサカサする
  • 赤くかぶれる
  • ブツブツとした発疹ができる

など

また、肌あれは全身に生じる場合もありますが、頬や目・口のまわりなどによく起こります。

内臓の病気などによって、全身に紅斑などの皮膚症状を伴うこともあります。

このような肌あれの症状や部位によって、何が原因になっているかは異なります。

肌あれの症状についての詳細は以下の記事を参照してください。

【かぶれ】

検査・診断

セルフケアをしても肌あれが改善されない場合には病的な状態になっている可能性があります。また、乾燥以外にもさまざまな原因が考えられ、症状によってはすぐに病院を受診すべき場合もあります。

特に注意が必要な人

  • アレルギーのある人
  • アトピー性皮膚炎など皮膚疾患のある人

夜間・休日問わず受診が必要

  • 目の周りや顔がひどく腫れている
  • 赤く腫れて痛みがある
  • 発熱など全身症状がある

慎重に様子を見て、診療時間内に受診

  • かゆみが強く掻きむしってしまう
  • 肌あれが悪化している
  • 外用薬・内服薬を使用してから肌あれが起きた場合

近日中に一度受診

  • 肌あれが長く続いている
  • 金属などに触れた部分が赤くかぶれる
  • 市販薬で肌あれが治らない

治療

肌あれを引き起こしている原因によって治療法は大きく異なります。原因別の主な治療としては以下のようなものがあります。

乾燥が原因の場合

乾燥が原因の場合には保湿を行うことが治療の基本です。保湿剤を使用して乾燥を防ぐほか、下記のような日常生活上の取り組みも重要になります。

  • 熱いお湯に触れない
  • 加湿を行う
  • バランスのよい食事を心がける

など

かゆみが強い場合には抗ヒスタミン薬、炎症が強い場合にはステロイド外用薬が処方されることもあります。

病気が原因の場合

病気が原因の場合は、その病気の治療を行うことが原則です。皮膚の症状に対しては、ステロイド外用薬、抗ヒスタミン内服薬が使用されます。また、食生活の見直しなど日常生活上の取り組みが必要になることも多くあります。

刺激やアレルギーなどが原因の場合

花粉や化学物質、金属などのアレルゲンにできる限り触れないようにすることが何より大切です。症状が出ているときには、下記のような薬により症状を抑える治療が行われます。

  • 抗ヒスタミン薬
  • ステロイド外用薬

など

日常生活が原因の場合

ストレスの発散、規則正しい生活、バランスのよい食事、禁煙など、日常生活上の取り組みが重要になりますが、原因に応じた漢方や薬が処方される場合もあります。

喫煙習慣があるなど一部の原因においては、改善が難しい場合に多角的かつ長期的な治療が必要になることもあります。

「肌荒れ」に関連する他の記事
もっと見る