にきび

にきび

別名:尋常性痤瘡
皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

にきびとは、10代から20代にかけて多く発症する病気であり、医学的には「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれます。

特に、中学生、高校生の頃には多くの方がにきびを経験します。20歳を過ぎる頃から自然となくなっていきますが、30歳代まで悩まされることもあります。

多くの方が経験するにきびですが、放っておくと衛生状態に影響したり、「外に出るのが嫌になる」といった精神面への影響が出たりします。

にきびでは病院を受診しない方も少なくありませんが、跡を残さずに治すためには、適切な治療を受けることも大切です。

原因

にきびは男性ホルモンの影響やストレス、不規則な生活習慣によって皮脂分泌が盛んになることが原因のひとつとして発症します。

にきびができやすい人は毛穴の角質が固くなりやすく、毛穴がつまりやすい傾向があります。思春期になり、皮脂分泌が増えると毛穴に皮脂がたまってしまい、非炎症性丘疹(白にきび)が形成されることになります。

その後、白にきびに対してアクネ菌(いわゆるにきび菌)が感染・増殖し、炎症反応が引き起こされて、腫れや痛みを伴う炎症性丘疹(赤にきび)が形成されます。赤にきびは、膿疱性痤瘡(のうほうせいざそう)と呼ばれる(うみ)を有する皮膚病変へと変化することもあります。

にきびに対し適切な治療をせず放置するとこうした病変が持続することとなり、毛包(もうほう)の組織が破壊され、最終的ににきび跡になります。

症状

にきびで生じる皮膚症状には段階があります。具体的には、非炎症性丘疹(白にきび)から炎症性丘疹(赤にきび)へと進行し、さらに皮膚の線維化(硬くなること)病変を生じることがあります。

皮膚病変の進行に応じて、皮膚に隆起が生じたり赤みを伴ったりします。また、皮膚が陥没(かんぼつ)したり、色素沈着を残したりすることもあります。

にきびは皮脂の分泌が多いおでこや眉間、頬、口周り、あごの周りに生じやすいですが、肩周囲や肩甲骨の間、首の後ろ、背中、胸などにもみられることがあります。

検査・診断

にきびの診断は、基本的には外観(見た目)からなされることになります。また、いつ頃からにきびが出来始めたか、症状はどのように変化しているかなどを問診で確認することもあります。さらに女性の場合は、生理周期などについて確認することもあります。

にきびは皮膚病変の個数に応じて、軽症・中等症・重症・最重症と4段階に分類されます。

治療

にきびに対しては、市販の治療薬が購入できるということもあり、実際に病院を受診される方はあまり多くないといわれています。

しかし、病院で受けることができる治療にはより効果の高いものもあり、跡を残すことなく治癒させることも期待できます。

にきびに対して使用される薬剤には、内服および外用の抗菌薬に加えて、アダパレン、過酸化ベンゾイルといった外用薬が使われるようになってきました。外用薬は毛穴のつまりを取り除くことから、跡を残さずに治ることが期待できます。

炎症の強いにきびや膿疱性痤瘡など、より重症度の高いにきびに対しては通常の治療と合わせて他の治療も併用されます。

若い男性に多い重症型のにきびには、ステロイドの内服や局所注射、25歳以上の女性に多く月経前に悪化するタイプの重症型にきびにはホルモン調整剤を考慮します。

また、ストレスのマネジメントが必要になる場合や、漢方薬、ピーリングなども検討されます。さらに病状に合わせて光線療法やレーザー治療を使用する場合もあります。

また、にきび跡の治療では、フラクショナルレーザーなどを用います。

フラクショナルレーザーとは、皮膚に細かな点状の穴を開けることで、陥没のあった皮膚をなだらかに整えることができます。

※フラクショナルレーザーによる治療は2018年8月現在保険適用外となり、費用は各施設で異なります。

予防

にきびを予防する観点から、日常生活において注意すべきことがあります。たとえば、ストレスや睡眠不足をできるだけ避ける、緑黄色野菜や食物繊維に富んだ食事の摂取を心がけるといったことです。また、洗顔・保湿なども重要です。

「にきび」に関連する他の記事
もっと見る