ぎつうふう

偽痛風

足

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

偽痛風とは、「ピロリン酸カルシウム結晶」と呼ばれる物質が関節に析出(分離して出てくること)することによって起こる炎症性疾患のひとつです。発作の出現様式が痛風と類似していることから「偽痛風」という名称になります。偽痛風で生じる痛みの発作は突然であり、関節の痛みや腫れ、赤みなどが数日持続します。

痛風が男性に多く生活習慣との関連も指摘されることがある一方、偽痛風では女性の発症がやや多く、必ずしも生活習慣病との関連はありません。60歳代以降で発症することが多いことから、変形性関節症との関連が指摘されることもあります。

原因

偽痛風は、ピロリン酸カルシウム結晶と呼ばれる物質が関節内に析出することを原因として発症します。ピロリン酸カルシウムは関節内に存在する軟骨でつくられ、何かしらの原因で過剰に沈着することから病気を発症します。名前が似ている痛風では、尿酸結晶と呼ばれるものが析出する点が相違しています。

偽痛風は女性に多い傾向があります。60歳代以降に発症することが多く、変形性関節症に関連して発症するとも考えられています。その他、遺伝、副甲状腺機能亢進症、ヘモクロマトーシス、低マグネシウム血症、低リン血症などが原因となることもあります。発作の誘因として、関節への外傷、肺炎、心筋梗塞など身体的な侵襲があることも特徴です。

症状

偽痛風の症状は、突然発症する関節の痛みです。痛み以外には、関節の腫れや赤みなどが現れます。比較されることの多い痛風では、前兆症状として患部の違和感やむずむずした感じを訴える患者さんが多いですが、偽痛風ではこうした前兆症状はなく突然発症することが多いです。強い痛みは2~3日続き、1~2週間で症状はおさまります。

偽痛風の痛みの発作は、膝関節を中心に身体の中でも大きい関節に生じることがあります。首の関節にも生じることがあり、首が回らなくなることもあります。発作の頻度はそれほど多くなく、数年に一回といったこともまれではありません。ピロリン酸カルシウム結晶の沈着と関連して、変形性の関節症を発症することもあります。

検査・診断

偽痛風で発作を起こした際には、血液検査にて、白血球の上昇などの炎症反応を確認します。またピロリン酸カルシウム結晶が関節内に析出していることを確認するため、レントゲン写真の撮影や超音波検査を行います。

さらに、関節内に存在するピロリン酸カルシウムを実際に同定するために、関節穿刺(かんせつせんし)を行うこともあります。関節穿刺で採取された関節液中のピロリン酸カルシウムを顕微鏡で確認することも重要です。

治療

偽痛風の治療は、発作時の炎症に対する治療が中心になります。痛みに対しては鎮痛剤を使用します。関節における炎症が強い場合には、関節液を穿刺排液して、炎症を抑えることを目的としたステロイド剤の関節内注入を行うこともあります。

全身性の炎症反応が強い場合や、一つの関節ではなく複数の関節が同時に炎症を発症した時にはステロイド薬を全身投与することもあります。また、大多数が高齢者で、変形性関節症を合併していることから、スクワットなど膝まわりの筋肉を鍛える運動療法が大切になります。

偽痛風では、膝などの大関節にピロリン酸カルシウム結晶が沈着することになります。その結果、痛みの発作がない場合でも関節の変形をきたすことがあります。このような場合には、ピロリン酸カルシウム結晶を摘出するために関節内の洗浄を行うことがあります。変形が進んで日常生活にも障害が現れるようになった場合には、人工膝関節置換術が行われることもあります。