たんじゅんへるぺすのうえん

単純ヘルペス脳炎

脳

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

単純ヘルペス脳炎とは、単純ヘルペスウイルスに感染して発症する脳炎のことです。
原因となる単純ヘルペスウイルスには、単純ヘルペスウイルス1型および2型の二種類があります。単純ヘルペス脳炎は、成人のみならず小児、ひいては新生児期も発症することがある病気です。
単純ヘルペス脳炎をおこすと、

  • 意識障害
  • 性格変容
  • けいれん
  • 易刺激性

などが生じるようになります。
小児や新生児の場合は、単純ヘルペスウイルスの初感染で発症することが多い一方、成人では体内に元々潜んでいたウイルスの再活性化により発症することが多いです。
単純ヘルペス脳炎の治療では、アシクロビルなどの薬剤などの投薬を中心に、呼吸循環器管理やけいれんの管理など全身の管理が求められます。単純ヘルペス脳炎の致死率は10%弱と高く、後遺症を残すことも多いため、早期に診断して治療を開始することが求められています。
 

原因

単純ヘルペスウイルスは感染すると脳炎を必ず引き起こすわけではなく、口内炎や歯肉炎などを発症する程度のことが多いです。

しかし単純ヘルペスウイルスは神経に対しての親和性が高いため、一度ヒトの体内に侵入したウイルスは完全に排出されることなく、神経の中で潜み続け、疲れやストレス・ステロイドの使用などにより免疫機能が衰えると再活性化し、単純ヘルペス脳炎の症状を呈するようになります。

成人では、単純ヘルペスウイルス1型の再活性化により発症することが多いです。小児では、初感染として単純ヘルペス脳炎を発症します。新生児は1型のみならず2型を原因として脳炎を発症することも少なくはありません。これは、単純ヘルペスウイルス2型は性器に潜むことが多く、産道を経由して感染することがあるためです。
単純ヘルペスウイルスは血液を介して脳へと広がることもあります。新生児においてはこうした経路により脳炎を発症することも多く、脳の中でも広範囲に炎症が生じやすいです。
 

症状

ヘルペス脳炎では、一般的な脳炎と同様に発熱を呈することが多いですが、他にもけいれん、意識障害、構音障害などを認めます。

特に成人が単純ヘルペス脳炎を発症すると、側頭葉や大脳辺縁系に強い炎症が生じることも多く、こうした部位における障害を反映して人格変容、幻覚、妄想などの症状も呈します。新生児においても発熱、けいれん、意識障害などを認めます。また哺乳力の低下や活気低下、易刺激性などを認めることもありますが、これらは単純ヘルペス脳炎に特異的な症状ではないため、見過ごされたり他の病気と間違えられたりすることもあります。
 

検査・診断

単純ヘルペス脳炎では、頭部CTやMRI、脳波検査、髄液検査が行われます。年齢に応じて脳のどこが支障を受けるかは異なります。成人であれば前頭葉や側頭葉、新生児では後頭葉といったように、病気の影響を受けやすい部位を中心に調べます。脳波検査では何かしらの異常を見ることが多く、ときにperiodic lateralized epileptiform discharge(周期性一側性癲癇性放電)を見ることもあります。

単純ヘルペス脳炎が疑われる場合、髄液を用いてウイルスの存在を確認することがあります。このときは単純ヘルペスウイルスのDNAの混在を証明するために、PCR法と呼ばれる方法がとられます。

他にも、ウイルスの活動が活発になるとすると体内の免疫反応がはたらきIgMやIgGと呼ばれる抗体が増加するため、血液検査でこうした抗体価を調べて診断の決め手にすることもあります。
 

治療

単純ヘルペス脳炎の症状の経過が早いことに加え、後遺症の発症率は高いことから、診断がつき次第速やかに抗ウイルス薬による治療を開始します。

シクロビルの点滴投与が中心になりますが、けいれんなどが見られればジアゼパム、フェノバルビタールなどの抗けいれん薬を使用するほか、人工呼吸管理などの処置が必要になることもあります。頭蓋内圧が高くなるため、脳圧降下剤の投与も行われます。

単純ヘルペス脳炎では神経学的な合併症を残すことも、まれではありません。したがって、単純ヘルペスウイルスの感染・脳炎のコントロールがつき次第、早期の段階からリハビリテーションを行うことがあります。