新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
しにくえん

歯肉炎

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

歯肉炎とは、歯肉に炎症が生じている状態です。歯肉炎を発症すると、歯肉が赤く腫れ、ちょっとした外的な刺激で傷つきやすくなります。歯肉炎はいわゆる歯周病の初期段階の状態ですが、進行すると、歯を支えるさらに奥深くの組織にも炎症が広がり、最悪の場合、歯を失うことがあります。

そのため、歯肉炎の原因となるプラークが形成されないよう、普段の生活のなかで正しい歯磨き習慣を心がけることが大切です。

原因

歯肉炎は、歯と歯の間、歯と歯肉の間にある小さな隙間にプラーク(細菌の塊)が溜まり、歯肉に炎症が生じることで起こります。

プラークは、歯磨きによる口腔内の清潔が十分に保てていない場合に形成されてしまいます。歯並びが悪い場合には特に、歯と歯の間の歯磨きが行き届きにくく、プラークが形成されやすくなってしまいます。

細菌感染症として発症する歯肉炎ですが、原因となる細菌は唾液を介して感染します。家族内でスプーンやはし、皿などを共有することで細菌がうつってしまいます。そのため、お子さんに食事を与える際などには、食器類は別々に分けることが大切です。また、細菌への感染は性交渉を通しても成立します。

症状

歯肉炎を発症すると、歯肉が赤く腫れ上がるようになります。また、歯肉炎を起こした歯肉は、ちょっとした外的な刺激で傷つきやすくなります。そのため、歯ブラシの際に出血をしやすい、というのも歯肉炎でみられる症状です。

歯肉炎が進行すると、歯を支える組織が著しく弱ってしまいます。歯茎の炎症が、歯を支える骨にまで進行した場合を歯周炎と呼びます。

検査・診断

歯肉炎では、歯肉の炎症や、プラークの蓄積の状態をチェックすることで、歯肉の状態を評価します。また、歯周組織検査と呼ばれる検査を行い、歯の隙間の深さも評価します。

歯肉炎では病気が進行することで、歯を支える組織が著しく弱ってしまいます。このことを確認するために、レントゲン写真を撮影して骨の状態を確認することもあります。

治療

普段の歯磨きを改善する

歯肉炎の原因となるプラークが形成されないよう、普段の生活のなかで正しい歯磨き習慣を心がけることが大切です。

たとえば、しっかりと歯垢を取り除くために、歯先の開いていない歯ブラシを使うことが大切です。力の入れ方も、強くなりすぎないよう、適度な力で小刻みにブラッシングすることが大切です。歯間ブラシの使用も効果的です。

電動歯ブラシのみでは歯と歯の間が完全に磨けないこともありますし、逆に歯が強く削れてしまうこともあります。手の歯磨きでもいいので、適切な歯磨きを心がけることが大切です。

歯科を受診する

歯科を受診してプラーク除去を行ってもらうことも効果的です。定期的に受診することで、歯の健康状態を確認することができ、歯の病気の早期発見につながります。

「歯肉炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。