だいたいこつとうえし

大腿骨頭壊死

骨・関節

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

大腿骨頭壊死とは、人体で一番大きな球状の関節である股関節を構成する大腿骨頭の一部に血が通わなくなり、骨組織が死んでしまった状態を指します。発生(壊死が起こった状態。無症候性のものも含む)と発症(壊死部分が潰れ痛みが生じた状態)を区別して扱います。

膠原病の合併症として発生するケースが多いと報告されています。また、ステロイドやアルコール摂取なども発生の危険因子であると考えられています。一方、発症の危険因子としては体重のかかる部分に占める壊死した骨の割合が大きい方が潰れやすいことが指摘されています。大腿骨頭壊死を発症すると、大腿骨頭が潰れることと関連して股関節の痛みを自覚するようになります。実際に壊死が発生してから症状が出現するまでには時間差があることも知られており、数か月から数年のタイムラグがあることもあります。

大腿骨頭壊死では、保存的な治療に加えて手術による治療が行われることがあります。基本的には股関節を温存することを第一に考えますが、症状や重症度に応じては人工物にて股関節を置き換える手術療法をとることもあります。

原因

大腿骨の一部分である大腿骨頭は、股関節を形成する部位としてとても重要な役割を果たしています。股関節を構成するもうひとつの大切な骨は、骨盤を構成する骨のひとつである「寛骨(かんこつ)」であり、寛骨には「臼蓋(きゅうがい)」と呼ばれる部分が存在しています。大腿骨頭は丸みを帯びた形状をしている一方、臼蓋はくぼみとなっています。丸みを持つ大腿骨頭が、寛骨のくぼみである臼蓋にはまり込むことで股関節は形成されています。

大腿骨頭壊死では、大腿骨頭への血流が十分量通わなくなり骨組織が死んでしまいます。大腿骨頭壊死を発症すると、大腿骨頭の正常な丸みが変形を来たし、正常な股関節としての機能を果たせなくなります。

大腿骨頭壊死は血流障害から発生する病気ですが、いくつかの危険因子がこれまでに指摘されています。大腿骨頭壊死の危険因子としては、ステロイドの服用が挙げられます。ステロイドは膠原病や白血病など、数多くの病気で使用されることのある重要な薬剤で、1日40㎎以上服用し続けるとリスクが上昇するという研究結果があります。膠原病のなかでも特に大腿骨頭壊死と関連性が深いのは、全身性エリテマトーデス(SLE)です。15歳以上のSLEの患者さんにおいて、大腿骨頭壊死の発生数が急増することがわかっています。

その他に大腿骨頭壊死の原因として、アルコールの過剰摂取、年齢、性別(男性が女性よりも発生しやすい)、凝固異常などが考えられています。また、遺伝子異常との関連性も推定されています。

症状

大腿骨頭壊死は、大腿骨頭の壊死が生じる段階では明らかな症状はありません。壊死が生じてから大腿骨に対しての負荷がかかるにつれて、数か月から数年の時間経過とともに大腿骨頭が潰れていきます。大腿骨頭が潰れると、股関節の痛みが生じるようになります。この痛みは、関節を内側にひねる動作をすると痛みが増強することが特徴です。また、大腿骨頭壊死の症状は、股関節痛以外にも腰、膝、でん部などの痛みも生じることがあります。

検査・診断

大腿骨頭壊死の診断は、レントゲン写真やMRI検査、シンチグラムといった画像検査が主体になります。レントゲン写真では大腿骨頭が潰れている状況を確認することができます。しかしながら、大腿骨頭の壊死が生じてから実際に大腿骨頭が潰れるまでには時間差があります。したがって、レントゲン写真だけでは病初期において大腿骨頭壊死を診断することは困難です。

一方MRI検査では、大腿骨頭が潰れるという見た目の変化を生じる前段階、すなわち壊死を起こしている状況においても画像的な変化をキャッチすることが可能です。ステロイド治療期間中には常に大腿骨頭壊死の危険性が伴うことが知られています。こうしたハイリスク患者さんを対象としてMRIを行うことで、自覚症状が出現する前においてもより早期の段階から大腿骨頭壊死を検出することが可能です。

治療

大腿骨頭壊死では、保存的療法と手術療法が存在しますが、病状の進行度や症状などに応じて治療方針が決定されます。

壊死範囲がごく小さい場合や大腿骨頭壊死の自然経過が悪くないと判断される場合、保存的な治療で様子をみます。保存的な治療では、体重を過度に増やさない、杖の使用、長距離歩行の制限、重いものを持ち上げることを禁止するなどの指導が行われます。疼痛に対しては、消炎鎮痛剤が使用されます。

大腿骨頭壊死の手術療法としては、自分自身の股関節を温存する方法と、人工物で股関節を置き換える方法に大きく分けることができます。股関節は、自分自身の体重を支える重要な関節です。壊死の部分に体重がかかると大腿骨頭の潰れが進行しますので、自分自身の股関節を温存する手術方法では、健常な部分に体重負荷がかかるように移動させることを目的とします。

こうした対処が行えないほど大腿骨の変形が生じている場合、人工物を用いて股関節の置換を行います。股関節を人工物に置き換えるため、耐久性に限界があり、将来的に再手術が必要となる可能性があります。そのため、人工股関節置換術の適応は慎重に検討します。

「大腿骨頭壊死」に関連する他の記事
もっと見る