S414x320 6c7a62c4 3064 422c 91e2 e3c058518815

インタビュー

公開日 : 2017 年 03 月 08 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

画像でみる人工股関節の手術と経過 人工骨頭置換術、人工股関節全置換術から最小侵襲手術まで

人工股関節手術には、人工骨頭置換術(BHA)や人工股関節全置換術(THA)があり、最近では最小侵襲手術(MIS)という侵襲性の低い術式も確立され始めています。東京医科大学病院整形外科主任教授の山本謙吾先生に、人工股関節手術の流れや術後のリハビリテーション、術前検査の内容についてお話しいただきました。

人工股関節手術の種類―最小侵襲手術(MIS)や人工股関節置換術の違いは

人工股関節置換術

人工股関節手術には、主に人工股関節置換術(人工骨頭置換術(BHA)、人工股関節全置換術(THA))および最小侵襲手術(MIS)の3種類があります。我々医師は、患者さんの容態や体調に合わせて最適な方法を検討していきます。

人工股関節置換術は、損傷した股関節のダメージを受けた部分を排除して人工関節へと差し換える手術です。人工骨頭置換術(BHA)は骨頭のみを人工物に置換する術式であり、人工股関節全置換術(THA)は骨盤側の骨も併せて置換します。

人工関節のパーツ ステム、骨頭、インサート、カップ

通常、骨が骨盤側まで冒されている患者さんの場合は人工股関節全置換術(THA)が適応され、骨頭のみが障害されている場合は人工骨頭置換術(BHA)が適応されます。侵襲性としては骨盤側の骨まで取り換える人工股関節全置換術(THA)のほうが高くなりますので、人工骨頭置換術(BHA)で効果が見込める場合は、こちらの適応となります。

なお骨頭のみが障害される疾患としては、大腿骨頸部骨折および大腿骨頭壊死が挙げられます。これらの疾患の場合は、人工骨頭置換術(BHA)で十分対応が可能です。ただし、大腿骨頭壊死の場合は、放置したまま長期経過すると骨盤が変性し悪化するため、人工股関節全置換術(THA)を行うこともあります。

(関連記事:大腿骨頭壊死とは。手術によって治るのか?

※両者の適応基準は施設によって異なり、特に欧米では大腿頸部骨折の治療に人工股関節全置換術(THA)を行う医療機関が多くみられます。日本では、大腿頸部骨折の場合には人工骨頭置換術(BHA)が大多数ですが、大腿骨頭壊死に対しては様々な意見があります。手術を受ける際は、受診する医療機関の基準を確認しましょう。

最小侵襲手術(MIS)について―手術時の負担を最小限に抑える

最小侵襲手術(MIS)とは、患者さんへの侵襲性を軽減するために開発された手術です。手術時の切開を最小限にするため、切り込みの長さを短くし(一般的には8㎝程度ですが、患者さんの体格によって異なります)、筋肉へメスを入れることなく保護するという手法により、患者さんに必要以上の負担がかからないように工夫されています。

東京医科大学では、大腿骨頸部骨折を含めた大部分の股関節疾患に対してこの最小侵襲手術(MIS)を行っています。

ただし、最小侵襲手術は患者さんの容態や患部の損傷状態によってはできない場合もあります。

(関連記事:股関節の最新手術、最小侵襲手術(MIS)とは

人工股関節手術の流れ―人工骨頭置換術と人工股関節全置換術

人工股関節の手術の様子
東京医科大学整形外科による人工股関節手術の様子 画像提供:山本謙吾先生

 

①人工骨頭置換術(BHA)

人工骨頭置換術(BHA)では、潰れてしまった大腿骨頭を人工骨頭に取り換える手術が行われます。

まずは折れている骨頭を摘出し、除去を行います。続けて、大腿骨髄腔の中へトンネルを掘るようにして穴をあけてステムを埋め込み、取り除いた骨頭部分に人工インプラントを挿入します。

 

人工骨頭置換術(BHA)

②人工関節全置換術(THA)

人工関節全置換術(THA)の場合には骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)という部分も障害されていることが多いため、寛骨臼側にも人工のカップを着けます。装着が完了後、人工骨頭置換術と同様、大腿骨の骨頭を切断して大腿骨髄腔を削り、人工股関節を挿入します。

人工関節全置換術(THA)

大腿骨頸部骨折のページへ

関連記事