S414x320 4c5689dd c393 4913 a37a 53b98a72b610

インタビュー

公開日 : 2017 年 03 月 07 日
更新日 : 2017 年 10 月 02 日

膝の人工関節手術と経過 術後のリハビリや入院期間はどの程度か

 

膝の人工関節手術には、人工膝関節単顆置換術(UKA)や人工膝関節全置換術(TKA)があります。現在の膝の人工関節は耐久性に優れ、確実にリハビリテーションを行うことで長期にわたり同じ人工関節での生活が可能となります。引き続き、東京医科大学病院整形外科主任教授の山本謙吾先生に、膝の人工関節手術についてお話しいただきました。

膝の人工関節手術の種類―人工膝関節単顆置換術(UKA)と人工膝関節全置換術(TKA)の違いは?

膝の人工関節手術には大きく分けて2種類あり、膝の状態の程度によってどちらの手術が適応されるかが異なってきます。

人工膝関節単顆置換術(UKA)

人工膝関節単顆置換術(UKA)は、関節の損傷が内側か外側のどちらかに限定されている、比較的軽度な状態の疾患に適応されます。損傷している部分のみを人工物に置き換える手術であるため損傷部位以外を温存できて膝への負担が少なく、術後の運動機能の回復も早いといったメリットがあります。

人工膝関節単顆置換術(UKA)は1980年代からある手法ですが、これまではあまり普及していませんでした。ただし、2000年代に入って以降新法が開発され始め、侵襲性を低くする目的で使われることが多くなり、症例数が増えてきています。

人工膝関節全置換術(TKA)

人工膝関節全置換術(TKA)は膝関節の損傷が左右両方まで及んでいる、重度な状態の疾患に適応されます。膝関節を完全に入れ替えるため、手術での負担は比較的大きくなってしまいますが、痛みの再発が予防できるというメリットがあります。

人工膝関節単顆置換術(UKA)と人工膝関節全置換術(TKA)の比率は?

このふたつの術式は、病変の範囲によって使い分けられますが、東京医科大学のような規模の大きい病院にいらっしゃる患者さんは重症の方が中心です。そのため、東京医科大学の場合、比率としては人工膝関節全置換術(TKA)の適応が圧倒的に多くなっています。

**人工物を使用しない膝関節手術が適応になる場合もある**

今回は人工膝関節手術についてお話ししていますが、軟骨の損傷がみられない軽度の損傷の場合は、骨切術(骨を切って角度を変え、関節の変形を正す治療法)を行って対応することもあります。適応の幅は狭いのですが、人工物を使わない治療法は術後感染の危険性が少ないというメリットもあり、また人工関節自体に抵抗を感じる患者さんもいらっしゃるため、患者さんが希望される場合は医師と相談しながら決定していきます。

変形性膝関節症のページへ

連載記事

関連記事