新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

関節リウマチとはどんな病気か?―病気の特徴と原因

関節リウマチとはどんな病気か?―病気の特徴と原因
井畑 淳 先生

国立病院機構横浜医療センター リウマチ科部長

井畑 淳 先生

私たちが日常の生活を送る中で、体を動かすことは欠かすことができません。普段意識することはありませんが、日常の中で行う動作は、筋肉や靱帯、そして骨格によって維持されています。特に複数の骨をつなぐ「関節」は、日常の動作や運動機能に大きな関連があります。この関節に生じる疾病が関節リウマチですが、具体的にはどのような病気なのでしょうか。横浜市立大学大学院医学研究科病態免疫制御内科学特任研究員の井畑淳先生にお話をお聞きしました。

関節リウマチ(英語ではrheumatoid arthritis: RAと略すことも)は、関節に腫れや痛みが生じやすい特徴があります。
人間の体には、生命維持に関わる物質や病原体が侵入した時に、それらの排除を行う「免疫」というシステムが存在します。関節リウマチは、本来ならば体を守るはずの免疫システムが、関節の細胞を攻撃する誤作動を起こすことによって、全身に炎症が起こり、関節に腫れや痛みが生じる病気です。なお、関節リウマチは人にうつる病気ではありません。

 

関節の構造

関節の構造

人間の体の中で、手指・手首・肘・肩・脊椎・大腿骨・膝・踵の8箇所は、2つの骨が連結する構造になっています。もっとも、2つの骨はつながっておらず、骨の間にクッションの役割をする軟骨が存在します。2つの骨と軟骨は、滑膜と呼ばれる膜に覆われており、内部は潤滑油の働きをする滑液とよばれる液体で満たされています。そのため、二つの骨がこすれ合ったりすることはなく、スムーズに体を動かすことができる仕組みとなっています。

ところが関節リウマチを発症すると、関節の中の2つの骨をつなぐ滑膜が、体を守る免疫システムの誤作動によって攻撃されてしまいます。この結果、滑膜の炎症や増殖を生じるようになり、関節の腫れや痛みが感じられるになります。治療を行わないで放置しておくと、関節を構成する骨や軟骨、腱が破壊されて、ついには関節自体が変形していきます。そのため、日常動作や運動が著しく制限されるようになります。

確立されたRA(関節リウマチ)

確立されたRA(関節リウマチ)

関節リウマチの詳細な原因は、研究が進んだ今も、未解明の部分を残しています。しかしこの病気に悩む方は女性のほうが多いことがわかっています。東京女子医科大学の統計データでは(IORRAによる)男性が20%、女性が80%であることがわかっています。また、リウマチ患者さんのサポートや様々な情報提供を行っている日本リウマチ友の会によると、男性患者の割合が10%であるのにたいして、女性患者の割合が90%とかなりの開きがあることがわかっています。

かつて関節リウマチは、治ることがない難病と言われていました。しかしながら、医学研究の進歩により、現在では関節の痛みや炎症が起きない状態を維持する(寛解といいます)治療法が実現しています。
関節リウマチの病状が進行した場合は、外科的な治療が必要となりますが、早期に発見し、治療を開始すれば、薬物療法を中心とした、生活や身体に負担をかけにくい治療で寛解を目指すことが可能です。

記事1:関節リウマチとはどんな病気か?―病気の特徴と原因
記事2:関節リウマチの原因は何か。なぜ・どのようにして発症するのか?
記事3:関節リウマチの症状とは。朝、関節のこわばりを感じたら要注意
記事4:関節リウマチの検査―医師の診察以外にレントゲン・超音波・MRIなどの画像診断も重視
記事5:関節リウマチの治療―リハビリテーション・薬物療法・手術療法を踏まえて適切な治療ができる病院を探す

受診について相談する
  • 国立病院機構横浜医療センター リウマチ科部長

    井畑 淳 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が42件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「関節リウマチ」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。