新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

関節リウマチの患者さんが生物学的製剤による治療を選択した例

関節リウマチの患者さんが生物学的製剤による治療を選択した例
守田 吉孝 先生

川崎医科大学 教授、川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科 部長

守田 吉孝 先生

生物学的製剤が日本で関節リウマチに対しての保険適用が認められたのは2003年以降ですので、専門病院では既に多くの患者さんに使用されているかと思います。しかしながら、まだこの治療を受けたことがない患者さんにとっては、薬の副作用などについて不安に思う方も多いのではないでしょうか。実際に生物学的製剤による治療を決心した方々のお話を、川崎医科大学 リウマチ・膠原病学教授 守田吉孝先生に伺いました。

※本記事は、守田吉孝先生ご監修「生物学的製剤を使用中の患者さんの声をもとに(2015年作成)」をもとにしています。

関節リウマチと診断され、初めの8ヶ月は痛み止めの薬で痛みをコントロールすることができていました。しかし、その痛み止めでも関節リウマチによる痛みを抑えることができなくなっていったとのことです。

痛みはとくに朝と昼にひどくなり、耐え難くつらいときも多々あったようです。男性は4人家族・2児の父親で、会社が休みの日には子供を公園に連れて行っていました。しかし関節リウマチの痛みのせいで、会社での仕事にも支障がでることや、家族に当たってしまうこともあったそうです。

男性は、関節リウマチの痛みだけでなく家族の影響も心配し、主治医に相談しました。そこで生物学的製剤の話を知り、治療のため、家族のため、生物学的製剤による治療を決心しました。

突然徐々に手や指の関節がはれてきて、近くの医院で半年後に関節リウマチと診断されました。関節のはれや痛みは改善することなく、それどころか変形をおこし、足の指や膝にも広まっていきました。階段での移動がつらく、引越しも考えたそうです。別の医院でリウマチを専門にしている医師から生物学的製剤を勧められたのですが、治療費・通院時間・副作用などのことが気になり、半年ほど悩んだのだといいます。しかし、症状が治まらず変形している関節が増えたとき、意を決して家族に相談し、生物学的製剤による治療を決心しました。

50代後半から関節が痛くなりだしました。関節に湿布を貼ることで対処したそうですが、改善はなく、半年後に関節リウマチと診断されました。症状は改善せず、むしろ悪化し続けてしまいました。痛みで、農作業もできず、自分の身の回りのことをすることに支障がでてしまい、家族に迷惑をかけることが辛かったといいます。

農作業で通院時間の確保が難しかったのですが、主治医との相談の中で、生物学的製剤を自分で注射することで治療することを勧められました。自分で注射することにためらいを感じて中々始められなかったのですが、看護師から注射の方法を教わることで、注射による治療を始めることができました。

川崎医科大学 リウマチ・膠原病学 ウェブサイト

 

受診について相談する
  • 川崎医科大学 教授、川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科 部長

    守田 吉孝 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が42件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「関節リウマチ」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。