新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

膠原病のエキスパートに聞く、膠原病治療の基本的な考え方

膠原病のエキスパートに聞く、膠原病治療の基本的な考え方
守田 吉孝 先生

川崎医科大学 教授、川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科 部長

守田 吉孝 先生

「全身性自己免疫性疾患」と呼ばれる膠原病は、本来は体を病原体などから守る免疫システムの誤作動により、自分の体を攻撃してしまう病気です。関節リウマチ全身性エリテマトーデスなどさまざまな病気があり、ステロイドや生物学的製剤などの免疫を抑える薬が用いられます。膠原病においては早くから治療をする必要があるとともに、寛解という落ち着いた状態になった後にもメンテナンス治療(維持治療)をしていく必要があります。ここでは膠原病治療の基本的な考え方について、川崎医科大学 リウマチ・膠原病科教授の守田吉孝先生にお話しいただきます。

膠原病は多くの場合、早く治療を開始したほうがその後の経過が良いことが知られています。膠原病が進行していくと、体のさまざまな部位にダメージが出現します。ダメージを受けた臓器は、感染症に対しても抵抗力がおちてしまうなど、感染症のリスクを高めてしまいます。特に、関節リウマチをはじめ膠原病の患者さんは、肺に病変を来しやすいという特徴があります。そのため治療はなるべく早めに、全身にダメージを受ける前に行うことが大切です。そして病状が落ち着いたときにも、必ずメンテナンス治療を続けることがとても大切です。

メンテナンス治療とは、病状が落ち着いている間もそれを維持していくために行う治療です。つまり膠原病の治療によって得られる状態は「寛解」です。寛解とは「一時的に落ち着いている状態」のことをいいます。完全に治り全く治療がいらない「治癒」といわれる状況になることが難しいのが膠原病治療の現状であるため、「寛解」という状態をどのようなメンテナンス治療で維持していくのか、ということが大切なのです。

膠原病治療はさまざまな要素を考えながら進めます。若い方であればどうなのか、高齢者の方ならどうなのか、患者さん一人ひとりに合った治療方針を立てます。例えば生物学的製剤を高齢者の方に使う場合、頻度は少ないもののニューモシスチス肺炎などの重症感染症に気をつけなくてはいけません。またステロイドは、骨粗鬆症細菌性肺炎のリスクを高めることが知られています。このように常にリスクとベネフィット(利益)を考えながら、薬の量や組み合わせを決定します。

早期治療に結びつけるためには文字通り、早期診断と早期発見が重要です。しかし膠原病は「早期」に見つけて診断するのが難しい病気なのです。例えば、関節リウマチであるという決定的なマーカー(指標)はまだ存在しません。特に関節リウマチを他の関節疾患と区別することは、経験豊富な専門医であっても難しい場合があります。診断に向けて決定的となるバイオマーカー(血液検査などで診断の指標となるもの)を作らなければなりませんが、それはこれからの課題です。

私はさまざまな方の診療を行う中で4000人以上の患者経験とデータを積み重ねて解析と考察を続けてきました。これからも膠原病診療に貢献していきたいと思っています。

川崎医科大学 リウマチ・膠原病学 ウェブサイト

 

受診について相談する
  • 川崎医科大学 教授、川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科 部長

    守田 吉孝 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「膠原病」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。