インタビュー

変形性股関節症とは

変形性股関節症とは
JR東京総合病院 整形外科 担当部長 深谷 英世 先生

JR東京総合病院 整形外科 担当部長

深谷 英世 先生

立ち上がったときや歩き始めに股関節が痛い―変形性股関節症は女性に多く、生まれつきの股関節形成不全が主な原因とされていました。現在では高齢化が進んでいるため、特に原因となる疾患や異常がなくても年齢とともに発症する方が増えています。変形性股関節症についてJR東京総合病院整形外科の深谷英世(ふかたに・えいせい)先生にお話をうかがいました。

変形性股関節症とは

股関節は丸いボールのような大腿骨の骨頭と、骨盤側で受け皿となるお椀型の臼蓋(きゅうがい)との組み合わせによってスムーズな動きが可能になっています。変形性股関節症とは、生まれつき関節のかみ合わせが悪い臼蓋形成不全や加齢にともなう変化によって、股関節の軟骨がすり減って痛みや可動域の制限が生じることをいいます。

変形性股関節症の原因

  • 臼蓋形成不全と変形性股関節症との関係

変形股関節症の患者さんをみたときに、もともと臼蓋形成不全を持っていた方が多いというのは事実です。しかし、臼蓋形成不全があったからといって将来必ず変形性股関節症になるというわけではありません。むしろ、股関節に痛みが出て専門医を受診するまで気づかない方のほうが圧倒的に多いのです。

  • 加齢によるもの

年齢が高くなるほど軟骨が弱くなり、長年の負担が積み重なって軟骨がすり減ってしまうということも変形性股関節症の一因です。社会全体の長寿・高齢化が進むことで、結果的に患者さんも増えてきています。

  • その他の原因によるもの

欧米では、肥満による体重増で関節の軟骨がすり減ってしまうことが多く、男女差はあまりありません。日本での変形性股関節症の増加には、食生活の欧米化などによる体格の変化、肥満なども関係しているかもしれません。

変形性股関節症の症状

変形性股関節症は、軟骨のすり減りや変形の程度によって、前股関節症・初期・進行期・末期の4段階に分類されます。

  • 前股関節症:臼蓋形成不全があるが、軟骨がすり減っていない状態
  • 初期股関節症:軟骨が磨耗し始めている状態
  • 進行期股関節症:軟骨の摩耗がさらに進行した状態
  • 末期股関節症:骨自体の変形にまで進行した状態

初期の症状として、脚のつけ根やお尻、膝の上部にこわばりや重い感じがあり、歩き始めや長時間歩いたとき階段の昇り降りで痛みを感じるようになります。炎症が強い場合や股関節唇(こかんせつしん)の損傷があると、初期でも強い痛みが出ることがあります。
進行期から末期へ進むにつれて痛みが強くなり、日常動作の制限も増えて生活に支障をきたすようになります。