きゅうせいいえん

急性胃炎

胃・十二指腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

急性胃炎とは、胃の粘膜に急激な炎症が引き起こされた状態を指します。原因はさまざまですが、発症すると、みぞおち辺りのキリキリとした痛みや吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状が生じます。

急性胃炎は、多くの場合は胃の安静を保つことで自然に症状が消失します。症状の程度に合わせて、点滴や制酸薬、胃粘膜保護薬などの薬剤を使用することも検討します。

 

原因

急性胃炎は、いくつかの要因によって引き起こされます。具体的には下記が挙げられます。

  • ピロリ菌感染
  • アスピリンやイブプロフェンなどの痛み止め
  • アルコールの過剰摂取

その他、ストレスが原因となって急性胃炎が生じることがあります。急性胃炎の原因となるストレスとしては、日常生活における心理的なストレスだけではなく、やけどや手術、感染症などの外的な要因に関連したストレスも含みます。

 

症状

急性胃炎を発症すると、みぞおち辺りにキリキリとした痛みや吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状が生じます。胃の粘膜の障害が強い場合には、胃の粘膜からの出血が強くなります。その結果として吐血をしたり、下血を起こしたりすることもあります。急性胃炎の症状は、安静にすることで数日のうちに改善することが期待できます。

 

検査・診断

急性胃炎が疑われるときには、腹痛をきたす多くの病気との鑑別が必要とされます。具体的な病気として、急性膵炎や虫垂炎、胃潰瘍、胆石症、急性胆嚢炎などが挙げられます。これらと鑑別するためには、発症時の状況や痛みの広がり具合などの詳細な情報を整理することが求められます。また、血液検査や超音波検査などの検査が行われることがあります。

急性胃炎では、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)が検討されることがあります。この検査によってびらんや出血、潰瘍の有無などを確認し、胃の粘膜の状況を詳細に評価します。また、ピロリ菌の存在を評価するための検査が追加されることもあります。

治療

急性胃炎は、多くの場合は胃の安静を保つことで自然に症状が消失します。症状の程度に合わせて、点滴や制酸薬、胃粘膜保護薬などの薬剤を使用することも検討します。

急性胃炎では、原因に対してアプローチすることも重要です。社会生活におけるストレスが原因となっている場合には、定期的に休息を取ること、適宜運動すること、充分な睡眠を確保すること、などが大切です。

また、アルコールの過剰摂取や鎮痛剤の過剰摂取などが、急性胃炎の発症につながることもあります。そのため、アルコールを控える、過度の痛み止めは使用しない、などを心がけることが大切です。ピロリ菌の関与が疑われる際には、除菌療法を講じることもあります。

急性胃炎そのものは完治を望むことができる疾患ですが、その他の病気との鑑別が求められることもあります。これらを正確に判断するためにも、痛みが持続する際には早い段階で医療機関を受診することが大切です。