いんふるえんざ

インフルエンザ

口・のど

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスにより引き起こされる急性ウイルス性疾患です。

例年、11月頃から徐々に患者が増え始め、1月頃に流行がピークに達し、4月過ぎに収束する傾向があります。

インフルエンザの典型的な症状は、急激な発熱や悪寒戦慄(おかんせんりつ)など、急激な上気道症状です。38度以上の高熱が3、4日持続した後、解熱していくという経過を辿ることが一般的です。

しかし、熱が高くならない場合や長引く場合もあり、経過には個人差があります。

インフルエンザは自然治癒することもある病気で、必ずしも抗インフルエンザ薬が必要になる病気ではありません。

しかし、肺炎や脳症を発症するリスクもあるため、風邪とは区別して考えるべき病気といえます。

治療を必要とするかどうかは、重症度や合併症の有無などによって異なります。そのため、医療者には注意深く観察する姿勢が求められます。

原因

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3つの型があります。このうち、冬に流行する「季節性インフルエンザ」を引き起こす型は、A型とB型です。

インフルエンザウイルスにはさまざまな種類があるため、一度かかっても同じ年度内でも、違うインフルエンザウイルスに感染することがあります。

インフルエンザには、季節性インフルエンザ以外にも新型インフルエンザなど、世界的な大流行を引き起こしうるものが存在します。

新型インフルエンザとは、動物にのみ流行していたものが、突然変異的にヒトにも病原性を示すようになったものを指します。

季節性インフルエンザと異なり、ほとんどの方が初めて直面するタイプであるため有効な免疫を持っていません。そのため、世界的な大流行を引き起こし、死亡率も高くなる可能性があります。

2009年に大流行した新型インフルエンザ(H1N1型)は、日本だけでなく世界中で猛威をふるいました。

症状

インフルエンザは咳や鼻水を介する飛沫感染によって感染し、1〜2日程度の短い潜伏期間の後に発症します。

典型的なインフルエンザは、悪寒戦慄(おかんせんりつ)、急激な高熱と共に発症します。同時に、筋肉痛や咳、鼻水などの症状が現れることもあります。

発熱期間は3〜5日ほどであることが多く、38度以上の高熱が持続した後に解熱傾向に向かいます。

一度解熱してから再度発熱する「二峰性発熱(にほうせいはつねつ)」と呼ばれる熱型をとることもあります。

二峰性発熱の場合は、インフルエンザの自然経過なのか、肺炎などの合併症による発熱なのか、医療機関で正しく判断を受けることが重要です。新型インフルエンザでは、下痢や嘔吐などの消化器症状が生じることがあります。

また、肺炎や脳症などの合併症にも注意が必要です。合併症を発症している場合、以下の症状が現れることがあります。

  • 発熱の期間が典型的なインフルエンザの例よりも長くなる
  • 咳がひどくなり呼吸が苦しくなる
  • 意識状態がおかしく、けいれんを起こす

など

検査・診断

インフルエンザの診断には、迅速キットが使用されることがあります。鼻から長細い棒を入れて鼻咽頭から検体を採取したあと、検体と迅速キットを用いてインフルエンザウイルスの有無をチェックします。結果は10〜15分ほどで判明します。

また、インフルエンザの検査時に合併症の有無も検査することがあります。肺炎の有無を確認するためには胸部単純レントゲン写真検査を行います。脳症の有無を確認するためには、脳波検査やMRIなどの検査を行います。

治療

インフルエンザの治療方法は、重症度や患者さんの持病を考慮しながら決定されます。

特に、喘息(ぜんそく)や心臓疾患、腎臓疾患などを抱えている患者さんの場合、インフルエンザが重症化するリスクが高くなります。このような患者さんには、積極的な治療を検討します。

インフルエンザの治療薬には、内服薬、吸入薬、点滴薬があります。

早期の段階で使用すると高い効果が期待でき、発症後48時間以内に開始することがよいとされています。しかし、実際には症状や経過をみながら治療方針が決定されます。

インフルエンザ治療薬のなかには、小児に対して原則使用してはならないとされていた内服薬もありました。しかし、その後さまざまな議論をふまえ、現在では10代の患者さんも使用することができるようになっています(2019年6月時点)。

また、治療薬の服用の有無や種類にかかわらず、インフルエンザ発症時には、異常行動などの副作用が発生しないよう注意深く観察する必要があるとされています。

予防

手洗い、うがい、マスクの着用などを心がけましょう。また、ワクチン接種を受けることも予防法のひとつです。