インタビュー

インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる

インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる
岩田 健太郎 先生

神戸大学大学院医学研究科 感染治療学分野 教授

岩田 健太郎 先生

「自分はインフルエンザなの?」と心配になった時、ついつい検査の結果が気になってしまいます。しかし、検査がインフルエンザと診断するわけではなく、診断をするのはあくまでも医者です。インフルエンザの検査について、診断書について、それぞれどのように考えればよいのかを、神戸大学感染治療学教授の岩田健太郎先生にお聞きしました。

インフルエンザの検査方法

インフルエンザの検査は、咽頭(いんとう)ぬぐい液を検体とし、培地に接種した上でウイルス分離を行います。咽頭ぬぐい液をとるためには、鼻から棒を入れて咽頭をぬぐわなければ取れません。また、インフルエンザウイルス検査は、発症して12時間程度経過し、ウイルスの数が増えた後に検査するのが最適だといわれており、それ以前では正しい検査結果が出ないこともあります。最近は外来、あるいはベッドサイドなどで10~15分以内に迅速かつ簡便に病原診断が可能なインフルエンザ抗原検出キットが利用され、インフルエンザの検査診断が容易に行えるようになりました。

インフルエンザの検査は必須ではない

しかし、インフルエンザの検査は、鼻に棒を入れる必要のあるつらい検査でもあります。患者さんがつらいことはよっぽどのことがない限りしないというのが医療の原則で、それにもかかわらず検査をする意味がある場合というのは、それによって治療や行動が変わったりする時です。

このため、発症後48時間を超えていて、インフルエンザ検査の結果がどうであれ、結局抗インフルエンザ薬を使わない場合、検査の意味はありません。また、漢方薬を出すと決めている場合も、検査をする意味はありません。

また、たとえば「すでに教室内で10人がインフルエンザにかかっていて、私が11人目です」という人が、高熱を出して病院に来たとします。その人は、検査前確率がきわめて高くなります。その場合には、たとえ迅速キットの検査が陰性だったとしてもインフルエンザと診断することになるでしょう。そのような時にも、インフルエンザ検査をする意味はないのです。

インフルエンザに限らず一般的にも言えることですが、検査をする価値がどれくらいあるのかを、きちんと考えることが大切です。検査があるから検査をするというのはよいことではなく、検査をすることで、どうアクションが変わるのかという点が大切です。どうしても検査をして欲しいという患者さんには検査をすることもありますが、検査をすると決めつけるのも、逆にしないと決めつけるのもよくないのです。

インフルエンザの検査の感度は6割くらい

インフルエンザの迅速検査(Rapid Influenza Diagnostic Test(RIDT))の正確性に関しては、メタ分析がありますが、検査の感度は大体6割前後と言われています。つまり、そんなに正確な検査ではないのです。

インフルエンザの検査なしに、インフルエンザと診断をしてもよい

これはよくある質問ですが、回答は「いいに決まっています」というものです。インフルエンザの検査は絶対ではありません。医者は病気の診断権を十全に与えられているので、もし検査なしでも診断できないようなら、医者とは言えません。

インフルエンザの診断書は検査しなくても書ける

診断するということは診断書が書けるということです。検査しなくてもインフルエンザと診断し、それを書くことは可能です。

また、診断書だけでなく、「治癒証明書」や「かかっていない証明書」を書いて欲しいと頼まれることがあります。しかし、学校の先生などから頼まれることがある「かかっていない証明書」は、書くことが難しいものです。学校の先生も、「クラスでいじめが起きていないこと」を証明することが難しいのと同様に、非存在証明というものはそもそもすることができないのです。

記事1:インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない
記事2:インフルエンザワクチンの効果と副作用
記事3:お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問
記事4:インフルエンザワクチンを打つべき人とは
記事5:インフルエンザの予防接種ーいつどんな病院で受ける?
記事6:インフルエンザの治療―抗インフルエンザ薬は症状改善を1日早める
記事7:インフルエンザ-タミフル®の予防投与についての考え方
記事8:インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる
記事9:インフルエンザの予防について
記事10:インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい
記事11:高病原性鳥インフルエンザ:H5N1型について
記事12:インフルエンザの基礎知識
記事13:インフルエンザの治療法 安静と睡眠が治療に大切
記事14:インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
記事15:インフルエンザの治療-漢方薬について