【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 6a3f2e98 4644 4633 be88 b76f077b2010
インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論する...
冬に大流行するインフルエンザ。集団感染がニュースになったり、何となく怖い病気というイメージを持っていると思います。本当のところはどのような病気なのか?神戸大学感染治療学教授の岩田健太郎先生にお聞...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない

公開日 2015 年 03 月 08 日 | 更新日 2017 年 05 月 07 日

インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない
岩田 健太郎 先生

神戸大学大学院医学研究科 感染治療学分野 教授

岩田 健太郎 先生

冬に大流行するインフルエンザ。集団感染がニュースになったり、何となく怖い病気というイメージを持っていると思います。本当のところはどのような病気なのか? 神戸大学感染治療学教授の岩田健太郎先生にお聞きしました。

インフルエンザとは

「疾患のど真ん中」としての典型的なインフルエンザは「冬に流行して、急に高熱が出て喉が痛くなり、からだの節々が痛くなり、寒気がする」と考えることができ、急激に発症しますが「スカッと」治ってしまう病気です。もちろん病気には幅があり、軽症から重症まであります。また、症状こそが大切であり、「インフルエンザウイルス」の有無を議論することには意味がありません。

インフルエンザは短期決戦型の病気

もともとは「冬に流行して、急に高熱が出て喉が痛くなり、からだの節々が痛くなり、寒気がする」というような疾患一般のことをインフルエンザと言っていました。3-4日くらい寝込み、大人であれば5日間、子どもであれば7日間くらいで治る病気です。短期間で治り、慢性化することはありません。基本的には短期決戦型の病気であり、「3年前からインフルエンザ」というような人はいません。

インフルエンザがウイルスの病気と分かるまで

インフルエンザはイタリア語でインフルエンスという「影響、感化」という意味のある言葉から派生しています。中世ヨーロッパでは占星術・錬金術が盛んでした。当時の西洋では星の影響でインフルエンザのような現象が起こると言われていました。また、東洋医学で言うところの傷寒論における太陽病は高い熱が出て、この中にはインフルエンザも交じっているのではないかと考えられます。

1918年にスペインかぜが流行し、4000万人の死者が出ました。この頃はまだ細菌感染症ではないかと考えられていました。この時に顕微鏡を見ると、そこで見つかった細菌がありました。その菌はインフルエンザ菌(Haemophilus influenzae)という名前が付けられ、現在も同じ名称です。つまり、インフルエンザ菌という名前はその当時、インフルエンザの原因と勘違いされたためにつけられたものだったのです。

インフルエンザが結局ウイルスの病気だと分かったのは電子顕微鏡ができてウイルスの存在が明らかになってからの1930年代のことです。そこからA型、B型などの種類があることも分かってきました。インフルエンザウイルスが中心に語られてしまうようになったのは検査が普及した現代になってからのことです。

病気には軽症から重症まで幅がある

最近の疫学研究では、インフルエンザウイルスに感染しても実は無症状であることがわかってきました。また、夏かぜや鼻かぜに対しても検査をしてみると、実はインフルエンザウイルスがいるということも分かってきました。これは、インフルエンザウイルスの検査が普及したからこそ分かってきた事実です。しかし、実際のところ無症状の人に対してインフルエンザウイルスの検査をすることは意味がありませんし、その人に対してインフルエンザと診断することもできません。インフルエンザという「コト」こそが大切であり、インフルエンザウイルスという「モノ」には意味がないのです。

一方では、より重症の方もいます。妊婦さん、著しい肥満の方、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支喘息の患者さんは肺炎や脳症などの合併症を生じやすく重症化しやすいことが分かっています。また、ボルタレンなどのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)を定期的に飲んでいる方は脳症(Reye症候群)の発症リスクも高くなっています。このように、医学においては典型例(短期決戦型の病気)と例外(軽症から重症まで)を分けることはとても大切です。

普通のかぜとは違うの?

普通のかぜとは、英語ではコモンコールドと言います。現象としては「それほど高くない熱が出て鼻がつまるなどの上気道症状を中心とし、インフルエンザほどはきつくなく、人によっては数週間くらいダラダラと続くことがある。学校や仕事を休むほどのものではない」というイメージで考えることができます。

科学的に言えばインフルエンザとはインフルエンザウイルスが引き起こし、コモンコールドはライノウイルスやコロナウイルスが引き起こすと言うことができます。もちろん、同様に病気には幅があります。インフルエンザの軽症型では、風邪との区別がつかないこともありますしオーバーラップしていることもあります。

記事1:インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない
記事2:インフルエンザワクチンの効果と副作用
記事3:お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問
記事4:インフルエンザワクチンを打つべき人とは
記事5:インフルエンザの予防接種ーいつどんな病院で受ける?
記事6:インフルエンザの治療―抗インフルエンザ薬は症状改善を1日早める
記事7:インフルエンザ-タミフル®の予防投与についての考え方
記事8:インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる
記事9:インフルエンザの予防について
記事10:インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい
記事11:高病原性鳥インフルエンザ:H5N1型について
記事12:インフルエンザの基礎知識
記事13:インフルエンザの治療法 安静と睡眠が治療に大切
記事14:インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
記事15:インフルエンザの治療-漢方薬について

日本の感染症診療の第一人者およびオピニオンリーダー。医学だけでなく哲学から社会科学まで幅広い分野において造詣が深く、多くの著作で知られる。臨床医としては「臨床とは常に正解があるものではなく、ケースバイケースでありさまざまな選択肢を持ちながら一人一人それぞれにあった治療を考える」姿勢で、科学者としては「常にフェアな立場でさまざまな事象をみる」姿勢で医学と向き合い続けている。

関連の医療相談が31件あります

関連記事