インタビュー

インフルエンザの予防について

インフルエンザの予防について
神戸大学大学院医学研究科 感染治療学分野 教授 岩田 健太郎 先生

神戸大学大学院医学研究科 感染治療学分野 教授

岩田 健太郎 先生

インフルエンザを予防するにはどのようにすればよいのでしょうか。神戸大学感染治療学教授の岩田健太郎先生は、「日常生活を送っている限り、予防のための決定打というものは存在せず、普段から健康にしておくことがとても大切」と言います。インフルエンザの予防と、ワクチンやマスク、手洗いなどについてどのように考えるべきなのか、お話し頂きました。

インフルエンザの予防とワクチン

参照:インフルエンザワクチンを打つべき人とは
インフルエンザワクチンを打つべき人とは、一般的には不活化ワクチンの皮下注射または筋肉注射です。抗体獲得(効果が出る)までに約2週間かかり、効果は約5か月継続するとされています。秋口くらいに打つのがよく、次の年はもう一度打つ必要があります。打ったからといってインフルエンザ100%感染しないわけではありませんが、ワクチンを打つことで相対的にリスクを減らすことができます。副作用はほとんどなく、最も安全なワクチンの一つであると言えます。

インフルエンザの予防とマスク、手洗い、うがい

インフルエンザの予防という観点において、マスクは限定的な効果しかありません。また手洗いについても、インフルエンザの予防という観点から考えると、インパクトは非常に限定的であると考えることができます。また、うがいに関しては、そもそも感染症の予防効果としては、「やってもやらなくても変わらない」という程度の、微々たるものだと考えています。ちなみに自分自身に関して言えば、うがいはしていません。

タミフル®の予防投与について

参照:タミフル®の予防投与についての考え方)
家族など、周囲の人がインフルエンザになってしまったとき、とりわけ、例えば受験前に家族がインフルエンザにかかってしまった場合など、タミフル®の予防内服は一定の効果があり、一つの選択肢として考えるとよいでしょう。

普段から健康にしておくことがとても大切

ここまでインフルエンザの予防についてお話してきましたが、何より大切なのは、きちんとした食事と睡眠をとり、休憩をきちんと取る、ストレスをためないという基本的なことです。普段から健康に、元気にしておくことこそがインフルエンザや感染症を防ぐためには重要なことなのです。

しかし、本気でインフルエンザになりたくないのであれば外に出ないのが一番です。インフルエンザは飛沫感染です。感染症というのはそもそも感染経路さえ遮断してしまえばなることはありませんから、外に出なければインフルエンザワクチンよりもよっぽど確実に予防ができます。「リスクをゼロにしたい」という極論を言う方に対してはこのような答え方をすることもあります。

しかしこれでは、「交通事故にならないためには外に出ないのが一番良い」というのが「交通事故にならないための人生」になってしまうのと同様、「インフルエンザにならないための人生」になってしまいます。精神衛生上もよいはずはなく、もちろん、おすすめできるものではありません。

記事1:インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない
記事2:インフルエンザワクチンの効果と副作用
記事3:お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問
記事4:インフルエンザワクチンを打つべき人とは
記事5:インフルエンザの予防接種ーいつどんな病院で受ける?
記事6:インフルエンザの治療―抗インフルエンザ薬は症状改善を1日早める
記事7:インフルエンザ-タミフル®の予防投与についての考え方
記事8:インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる
記事9:インフルエンザの予防について]
記事10:インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい
記事11:高病原性鳥インフルエンザ:H5N1型について
記事12:インフルエンザの基礎知識
記事13:インフルエンザの治療法 安静と睡眠が治療に大切
記事14:インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
記事15:インフルエンザの治療-漢方薬について