【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 4fdc9ffa dd01 4d13 b7b9 9fba0672a341
お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3...
毎年秋になると打つインフルエンザワクチン。打った後はお風呂に入れるのか、はれることがあるけれど大丈夫なのか、もんではいけないのか。インフルエンザワクチンを打った後で気になる疑問に、神戸大学感染症...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問

公開日 2015 年 04 月 03 日 | 更新日 2018 年 02 月 20 日

お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問
岩田 健太郎 先生

神戸大学大学院医学研究科 感染治療学分野 教授

岩田 健太郎 先生

毎年秋になると打つインフルエンザワクチン。打った後はお風呂に入れるのか、はれることがあるけれど大丈夫なのか、もんではいけないのか。インフルエンザワクチンを打った後で気になる疑問に、神戸大学感染症内科学教授である岩田健太郎先生にお答え頂きました。

インフルエンザワクチンを打った後はお風呂に入れる?

ワクチンを打った後、お風呂に入るのは問題ありません。清潔にすることが大切です。

しかし、お風呂に入らない方がいいという話を聞くことがたまにあります。これは昔お風呂が家になかった頃に、家からお風呂まで距離があるので湯冷めしないように、などという配慮だったのではないかと思われます。今はどちらでも構いません。

また、インフルエンザになったときも、お風呂に入りたければ入って頂いて構いません。ただしお風呂に入る場合は、すぐに髪を乾かすなど、絶対に湯冷めをしないようにして下さい。もちろん、インフルエンザのときは体がしんどいので入りたくなければ入らなくても大丈夫です。

これは個人的な意見ですが、インフルエンザのときには部屋をあたため、布団をかぶって体をあたためるのが良いかと思います。麻黄湯(まおうとう)という体の中からあたためる漢方薬を用いてもよいでしょう。

インフルエンザワクチンを打った後のはれ、痛みについて

インフルエンザワクチンを打った後、はれることや痛くなることがあります。これらのことは有害事象としてそれなりの数が報告されています。しかし、基本的には心配はいらないですし、はれていることを心配しすぎるとさらに痛みが増してしまいます。

また、これらの有害事象の調査では「熱くないですか?」「痛くないですか?」というような質問を行います。よって、それまでは特に気にしていなかったのにも関わらず「そういえば押すと痛いかも…」という形でついつい思い出してしまうことがあり、聞かれなければ気にしなかったのに、聞かれて思い出してしまったことにより報告数が増えていくという背景があります。

インフルエンザワクチンを打った後はもまなくてよい?

「インフルエンザワクチンを打った後、腕をもんではいけないのですか?」という質問をよくされますが、インフルエンザのようなワクチン注射の場合は特に、もんではいけません。注意して下さい。

記事1:インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない
記事2:インフルエンザワクチンの効果と副作用
記事3:お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問
記事4:インフルエンザワクチンを打つべき人とは
記事5:インフルエンザの予防接種ーいつどんな病院で受ける?
記事6:インフルエンザの治療―抗インフルエンザ薬は症状改善を1日早める
記事7:インフルエンザ-タミフル®の予防投与についての考え方
記事8:インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる
記事9:インフルエンザの予防について
記事10:インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい
記事11:高病原性鳥インフルエンザ:H5N1型について
記事12:インフルエンザの基礎知識
記事13:インフルエンザの治療法 安静と睡眠が治療に大切
記事14:インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
記事15:インフルエンザの治療-漢方薬について

日本の感染症診療の第一人者およびオピニオンリーダー。医学だけでなく哲学から社会科学まで幅広い分野において造詣が深く、多くの著作で知られる。臨床医としては「臨床とは常に正解があるものではなく、ケースバイケースでありさまざまな選択肢を持ちながら一人一人それぞれにあった治療を考える」姿勢で、科学者としては「常にフェアな立場でさまざまな事象をみる」姿勢で医学と向き合い続けている。

関連の医療相談が25件あります

関連記事