編集部記事

【医師監修】インフルエンザは夏も流行するの? 流行時期と対策

【医師監修】インフルエンザは夏も流行するの? 流行時期と対策
[医師監修] メディカルノート編集部

[医師監修] メディカルノート編集部

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

インフルエンザが流行する前に、きちんと予防しておきたい」と思う人は多いでしょう。インフルエンザは、毎年12月~4月が流行シーズンです。ただし、一部の地域などでは夏であっても流行することがあります。この記事では、インフルエンザの流行時期と、型による流行時期の違い、およびインフルエンザの予防法について解説します。

インフルエンザの流行時期は?

インフルエンザが流行するのは例年12月から4月頃

インフルエンザは、毎年12月~4月頃が流行シーズンだといわれています。11月頃から徐々に患者さんが増えはじめて1月末~3月上旬に流行のピークを迎え、4月~5月には流行が収束するとされています。

インフルエンザが夏に流行した年や地域もある

インフルエンザの流行は、一般に「夏にはほとんどない」といわれます。その理由は、まずインフルエンザウイルスが低温と低湿度を好むため、夏よりも冬のほうが長く生存でき、感染力が高まるためであるとされます。

ただし、近年、夏にもインフルエンザが流行することが明らかになっています。たとえば、2009年のインフルエンザA型の流行は、日本では8月~10月に流行のピークがありました。また、沖縄県では、2015年の7月末~8月に、インフルエンザA型の集団感染もありました。

インフルエンザの流行時期に型による違いはある?

インフルエンザA型の流行時期は?

インフルエンザA型の流行は、例年11月~12月に始まり、1月~2月がピークになるといわれています。ただし、上で解説した通り、インフルエンザA型は夏に流行することもあります。

インフルエンザB型の流行時期は?

インフルエンザB型の流行は、例年2月頃から始まり、5月~6月まで続くことが多いとされています。ただし、やはり上で解説した通り、インフルエンザB型も夏に流行することがあります。沖縄県で夏に流行するインフルエンザは、B型が中心となる場合があるともいわれています。

インフルエンザ予防のために

インフルエンザを予防するには、次のことが効果的だとされています。

  • 流行シーズン前に予防接種を受ける
  • 外出後の手洗い、うがい
  • 人混みや繁華街への外出を避ける
  • 十分な休養とバランスの取れた食事をとる
  • 加湿器などで適度な湿度を保つ

以上のように、インフルエンザの流行時期は、おもに12月~4月頃とされています。ただし、近年、インフルエンザは、夏にも流行することがわかってきました。予防対策をしっかりとして、インフルエンザにかからないように心がけましょう。