【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 c806dcf4 2c39 4eff b509 fe26110d9329
インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
抗インフルエンザ薬は4つありますが、まず投与経路が大きく違います。タミフル®は内服薬でリレンザ®、イナビル®は吸入薬、ラピアクタ®は点滴薬です。今回は神戸大学感染治療学教授の岩田健太郎先生に、4...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方

公開日 2015 年 05 月 22 日 | 更新日 2018 年 06 月 07 日

インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
岩田 健太郎 先生

神戸大学大学院医学研究科 感染治療学分野 教授

岩田 健太郎 先生

インフルエンザ薬は4つありますが、まず投与経路が大きく違います。タミフル®は内服薬でリレンザ®、イナビル®は吸入薬、ラピアクタ®は点滴薬です。今回は神戸大学感染治療学教授の岩田健太郎先生に、4つの抗インフルエンザ薬の違いについて説明して頂きました。

タミフル®の特徴は?

タミフル®は、投与経路が内服(口から飲む)ということが特徴です。1日2回、5日間内服します。副作用としては消化器症状が特徴的であり、下痢や腹痛が起きます。小児では中枢神経症状が出る可能性があります。ただし、中枢神経症状が出なくてもインフルエンザ脳症が起こる可能性があります。タミフル®を飲んでいても飲んでいなくても、インフルエンザになった子どもは、注意してみてあげることが必須です。

リレンザ®の特徴は?

リレンザ®は、吸入薬であることが大きな特徴です。1日2回、5日間吸入します。吸入薬であるため、気道の刺激作用がある可能性があります。呼吸器関連の基礎疾患がある場合には注意が必要で、肺炎合併症例で吸入の効果が期待できない場合には使用できません。

イナビル®の特徴は?

イナビル®は、長期作用型なので最初に1回吸入するだけでよい薬です。しかし、リレンザ®と同じく吸入剤のため気道の刺激作用がある可能性があります。呼吸器関連の基礎疾患がある場合には注意が必要で、肺炎合併症例で吸入の効果が期待できない場合には使用できません。

長時間作用型の薬は1回だけ吸入すればよいので、とても簡単な薬に思えますが、これは一面的な考え方です。もし副作用が出た時にはどうなるのでしょうか? 長期作用型は諸刃の剣で、副作用が出てしまったときには、利点に思えた「長時間作用型」は、そのまま欠点となって返ってきます。つまり、副作用すらも長時間作用となってしまうのです。

また、イナビル®は比較的新しい薬です。新しい薬には「予期せぬ副作用」があるという問題もあります。古い薬であれば副作用情報がすべて分かっていると考えられますが、新しい薬については何が起こるのかもどう対応するのかも分からないのです。予期せぬ副作用というのは経験がないので、とても怖いものです。自分はよっぽど希望がない限りはイナビル®を使いません。

非常にシンプルな話になりますが「分からないことは怖い」のです。たとえばペニシリンではアナフィラキシーショックになることがあります。それでも、これはきちんとした知識と体制があれば十分に対応することができます。

ペニシリンのアナフィラキシーショックは怖いものですが、どれくらいの確率で起きて、どのように対応すれば良いのかが分かっています。よく分からないものこそが怖いのであって、きちんと予測できて対処できるものはそれほど怖くはない。「怖さ」というものはそのように解釈します。

イナビル®の副作用が起きたときにはどうするのか? 比較的新しい薬ですから、何が起きるか予測がつきません。半減期が長く、副作用も長時間型になる。このようなことこそが「怖い」と考えることができます。

ラピアクタ®は簡単に使う薬ではない

ラピアクタ®は点滴薬です。日常的に用いる薬ではありません。一般的には入院で、重症化したときや高病原性鳥インフルエンザに使うものと考えらえます。そもそも、抗インフルエンザ薬が必須ではない中で、外来で点滴の抗インフルエンザ薬を投与する必然性は全くありません。特に子どもにとっては注射をされるのは痛いです。つらい処置は最低限にしなくてはなりません。

記事1:インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない
記事2:インフルエンザワクチンの効果と副作用
記事3:お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問
記事4:インフルエンザワクチンを打つべき人とは
記事5:インフルエンザの予防接種ーいつどんな病院で受ける?
記事6:インフルエンザの治療―抗インフルエンザ薬は症状改善を1日早める
記事7:インフルエンザ-タミフル®の予防投与についての考え方
記事8:インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる
記事9:インフルエンザの予防について
記事10:インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい
記事11:高病原性鳥インフルエンザ:H5N1型について
記事12:インフルエンザの基礎知識
記事13:インフルエンザの治療法 安静と睡眠が治療に大切
記事14:インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
記事15:インフルエンザの治療-漢方薬について

日本の感染症診療の第一人者およびオピニオンリーダー。医学だけでなく哲学から社会科学まで幅広い分野において造詣が深く、多くの著作で知られる。臨床医としては「臨床とは常に正解があるものではなく、ケースバイケースでありさまざまな選択肢を持ちながら一人一人それぞれにあった治療を考える」姿勢で、科学者としては「常にフェアな立場でさまざまな事象をみる」姿勢で医学と向き合い続けている。

関連の医療相談が25件あります

関連記事