新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい

インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい
岩田 健太郎 先生

神戸大学大学院医学研究科 感染治療学分野 教授

岩田 健太郎 先生

インフルエンザについての連載を担当して頂いた神戸大学感染治療学教授の岩田健太郎先生は、臨床医としては「臨床は常に正解があるものではなく、ケースバイケース。さまざまな選択肢を持ちながら一人一人それぞれにあった治療を考える」という姿勢です。また科学者としては「常にフェアな立場でさまざまな事象をみる」姿勢で医学と向き合い続けています。

今回は、情報があふれるインターネットで、どのようにして医療情報との付き合い方を考えていけばよいのかをお話頂きました。

医療における正しさというのは、そもそも、とても難しいテーマです。「これが正しい」「これをやるべきだ」というような記事には注意する必要があります。ここまで、抗インフルエンザ薬や検査、タミフルの予防投与などについてお話ししてきましたが、どれをとっても医療というのは常にケースバイケースであるということがお分かり頂けたかと思います。人の数だけ考えるべきシーンは違い、その都度、どのようにすべきかというのは異なっています。

また、医学はサイエンスでもあります。サイエンスを語るときに「これはこうだ!」という断定的、断言的な言い方をするのは好ましい姿勢ではありません。常に反証の可能性があることこそがサイエンスなのです。私自身も「サイエンスはゆっくりと静かに語る」ことを心がけています。断言的、断定的な記事は、その時点で、あまり信頼に足るものではない可能性があります。

インターネット上の医療情報というのはとにかくガセネタが多いです。インフルエンザに関しては「煽ったもの勝ち」とすら言えるような状況です。極論と例外事項を大きく取り上げ、「針小棒大に語る」ことばかりです。例えば、タミフル®の健康被害についても、ほとんどの人が被害にあっていない中で、非常におおげさな語られ方をしているのです。被害にあった方のケアはもちろん大切ですが、リスクとベネフィットのバランスを常に考えなければいけません。

また、インターネットからの拾い読みの情報だけで、分かった気になってしまうこと。そして、こうした情報のみを鵜呑みにし、専門家に対していろいろと語ってしまうのは、問題のある行為だと考えています。とはいえ、「素人が専門家に対して語ってはいけない」とは全く思いません。まずはきちんと勉強してから語ることが大切です。

何かを語るときにはちゃんと教科書を読んで勉強をしましょう。教科書すら読まずに専門家に対して語るのは非常にナンセンスです。基本的なことをきちんと学び、今の主流の考え方をしっかりと勉強する。その上で専門家に対して語るというのが常識的な敬意であると考えます。

記事1:インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない
記事2:インフルエンザワクチンの効果と副作用
記事3:お風呂に入っても大丈夫?―インフルエンザワクチンを打った後に気になる3つの疑問
記事4:インフルエンザワクチンを打つべき人とは
記事5:インフルエンザの予防接種ーいつどんな病院で受ける?
記事6:インフルエンザの治療―抗インフルエンザ薬は症状改善を1日早める
記事7:インフルエンザ-タミフル®の予防投与についての考え方
記事8:インフルエンザの検査とは 検査なしでも診断書はもらえる
記事9:インフルエンザの予防について
記事10:インターネット上の医療情報についての考え方―医療における「正しさ」は難しい
記事11:高病原性鳥インフルエンザ:H5N1型について
記事12:インフルエンザの基礎知識
記事13:インフルエンザの治療法 安静と睡眠が治療に大切
記事14:インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方
記事15:インフルエンザの治療-漢方薬について