きゅうせいすいえん

急性膵炎

膵臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

急性膵炎とは、膵液に含まれる消化酵素に膵臓自体が消化されてしまうことにより、膵臓や関連する器官に急激な炎症が起こる病気を指します。

膵臓は、口から摂取した栄養素を分解するため「消化酵素」と呼ばれる物質を分泌しています。この消化酵素は物質を溶かす作用がとても強く、健康な状態であれば外から摂取された食べ物に対してのみ働くよう調整されています。しかし、急性膵炎では、こうした調整機能がうまくはたらかなくなり、消化酵素が膵臓自身を溶かしてしまうようになります。

原因

急性膵炎の原因のうち、最も多くみられるものは飲酒(アルコール性の急性膵炎)です。次いで、十二指腸乳頭に胆石が詰まって起こる胆石性膵炎、原因不明の膵炎の順で多いとされています。胆石は女性に多いという特徴があります。このほか、手術や内視鏡を用いた膵管の造影検査が急性膵炎の引き金となる、検査後膵炎などもあります。

症状

急性膵炎の初期症状として、「軽い胃痛のような痛み」が挙げられます。その後時間が経過すると、典型的な症状である、みぞおち部分を中心とした刺すような痛みが現れるようになります。痛みの症状が急激に広がり、腹部全体に、うずくまってしまうほどの激痛を感じることもあります。

さらに症状が進行して重症急性膵炎になると、胸水や腹水、意識障害や呼吸困難など非常に重い症状が現れます。ほかにも、膵局所合併症として膵嚢胞(すいのうほう:膵臓の内部や周囲にできる、液体がたまった袋)を伴ったり、腹腔内圧が上昇して、呼吸・循環障害が生じる「腹部コンパートメント症候群」を起こすこともあります。

検査・診断

急性膵炎を疑う場合、血液検査によって、膵臓でつくられるアミラーゼとリパーゼの血中濃度の上昇や、白血球数・CRPなどの炎症反応の有無を確認します。特にアミラーゼは多くの施設で緊急検査として測定することが可能であり、急性膵炎診断における重要な検査項目のひとつです。

また、急性膵炎では膵臓周囲の炎症状態を確認するために、超音波検査やCTなどの画像検査が行われます。これら画像検査を通して、たとえば胆石など、膵炎を発症させた原因がわかることもあります。

治療

急性膵炎では、基本的には絶飲・絶食をして点滴による水分補給を行いつつ、消炎鎮痛剤を使用して痛みを取り除く治療を行います。補水と同時に、激痛を取り除くために、非ステロイド性消炎鎮痛薬を用いた治療も行います。

場合によっては、より強力な消炎鎮痛剤(非麻薬性)や、麻薬性鎮痛剤を用いることもあります。このほか、膵炎を引き起こしている酵素の活性化を抑制するために蛋白分解酵素阻害剤を使用したり、膵臓の細菌感染を防ぐために抗生物質を使用したりします。

急性膵炎後の局所合併症には、膵仮性嚢胞と被包化壊死(Walled-Off Necrosis:WON)があります。こうした後期合併症に対して内視鏡を含めた手術介入が行われることもあります。

「急性膵炎」に関連する他の記事
もっと見る
この記事をみた人は、
こんな病気も調べています。