クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Skin
爪水虫
爪水虫は、正式には爪白癬(つめはくせん)と呼ばれる感染症です。人の皮膚に好んで感染するカビ(真菌)の一種・白癬菌を原因とし、感染した爪は白く濁ります。爪は分厚くなり、進行するとぼろぼろになります...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
皮膚

爪水虫(つめみずむし)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

爪水虫は、正式には爪白癬(つめはくせん)と呼ばれる感染症です。人の皮膚に好んで感染するカビ(真菌)の一種・白癬菌を原因とし、感染した爪は白く濁ります。爪は分厚くなり、進行するとぼろぼろになります。特に糖尿病の患者さんの場合は、爪白癬をきっかけに他の細菌感染症が起こることがあるため、しっかりと治療することが重要です。

原因

爪白癬の原因は、白癬菌というカビ(真菌)の一種です。白癬菌が爪に入り込んで感染し、増殖することで爪白癬が起こります。白癬菌はさまざまな部位の皮膚に感染することがあります。爪白癬は、もともと足に感染していた白癬菌(足白癬)が爪に入り込むことにより生じることが多いとされます。また、手の皮膚の感染である手白癬から、手の爪白癬が起こることもあります。

感染経路

白癬菌の感染は、人や動物の皮膚など、白癬菌が付着したものに直接触れることで起こります。たとえば、以下のような場面で感染が起こりやすくなります。

  • 同居人と共用のスリッパを使用する
  • プール・風呂場の脱衣所の床に素足で触れる
  • 格闘技やその他スポーツで他の人と接触する
  • 猫・犬に触れる

など

発症しやすい人

次の条件に当てはまる方は、足白癬・手白癬に感染しやすく、爪白癬も発症しやすい傾向があります。

  • 足の指が太く、指同士が接触しやすい
  • 体温が高く汗をかきやすいため靴の中の湿度が高い
  • 糖尿病による手足の血行不良・感覚障害がある(皮膚症状に気づきにくく、かつ菌に対する抵抗力が弱いため)
  • 足底・踵が乾燥してカサカサしている

家族間での感染

家族に爪白癬の方がいる場合、お互いに白癬菌をうつし合ってしまうため、一人だけ治療したとしても、繰り返し爪白癬になってしまうことがあります。同居している家族内に爪白癬と診断された方が複数いる場合、全員が治療を受けることが重要です。

症状

白癬菌が爪や爪の下の角質に入り込んで増殖すると、その部分が白く濁ってみえるようになります。爪白癬が進行すると、爪の厚みが増し、ぼろぼろになります。通常、痛みやかゆみなどの自覚症状はありません。

注意が必要な細菌感染症

足白癬や爪白癬によって生じた小さな傷がきっかけで、蜂窩織炎(ほうかしきえん)などの重い細菌感染症を来たすことがあります。蜂窩織炎を起こすと、入院が必要になることもあります。特に糖尿病の患者さんは感染症を起こしやすく、進行も早いため注意が必要です。

検査・診断

爪白癬の可能性がある場合、顕微鏡検査が行われます。白く濁った爪を削り、穴を開けて角質を採取し、水酸化カリウム(KOH)という液体で溶かして観察します。この検査で白癬菌を確認できれば爪白癬と診断できます。白癬菌の詳しい種類を特定するために、真菌の培養検査や遺伝子検査が行われることもあります。

治療

基本的には、白癬菌に有効な抗真菌薬を内服します。足白癬など、皮膚のみに感染が起きている場合は塗り薬で治療ができますが、爪白癬の場合は塗り薬の効果が薄いといわれています。いずれの内服薬も10%ほど肝機能障害などの副作用が起こることがあるため、血液検査を受けつつ内服治療を行います。最近では新たな外用薬も登場し、1日1回外用することで内服薬と同等の有効性がみられるといわれています。

爪水虫の記事を読む

爪水虫の記事にご協力いただいている医師