ちょくちょうぽりーぷ

直腸ポリープ

大腸・小腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

直腸ポリープとは、直腸の粘膜が盛り上がりを示した病気のことを指します。直腸ポリープの種類はひとつではなく、なかには直腸がんの前段階であるケースも存在します。そのため、正確に直腸ポリープを評価して適切な対応策を決定することが重要です。

治療は、内視鏡を用いた方法が検討されます。がんが進行している場合には、手術による追加治療が行われることもあります。

原因

直腸ポリープにはさまざまな種類が含まれていますが、なかには直腸がんとの関連性が高い腺腫(せんしゅ)と呼ばれるものもあります。腺腫に含まれる直腸ポリープが発生して、順次がんへと進展する過程には、遺伝子異常の関与が深く関わっていることがわっています。また、運動不足・野菜不足・飲酒・喫煙などの生活習慣も発生に関与していると考えられています。

そのほか、腺腫以外にも炎症性ポリープや過形成性ポリープと呼ばれる直腸ポリープも存在します。それぞれ、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎、感染症)や加齢が原因となって発症するタイプのポリープです。腺腫とは異なり、これらのポリープはがんとの関連性はほとんどないと考えられています。

家族性に発生しやすい素因

直腸ポリープのなかには家族性に発生しやすい素因が存在する可能性も示唆されています。そのため、ご家族のなかで直腸がんになったことがある方がいる場合には、早期発見を心がけ定期的にがん検診を受けることも大切です。

症状

直腸ポリープは、直腸の粘膜に盛り上がりを示している状態ですが、基本的には無症状で経過します。しかし、ある程度の大きさになった場合や、がんが発生した場合、直腸ポリープの位置によっては症状が現れることがあります。具体的には、下記のようなものが挙げられます。

  • 便に血が混じる
  • 便がうまく排泄できなくなる
  • 肛門の外に異物を触れる

など

検査・診断

直腸がんと関連性がある種類もあるため、早期の段階で発見することが重要です。早期発見のため便の中に血液が混じっていないか検査する便潜血(べんせんけつ)と呼ばれる方法がおこなわれます。日本では、40歳以上の方を対象として、便潜血によるがん検診が行われています。

直腸ポリープが疑われる状況では、下部消化管内視鏡検査もおこなわれます。また、見た目の詳細な評価や、必要に応じて病理検査(組織を採取して顕微鏡を用いておこなう検査)を行うなど、がんの存在を含め詳細に調べます。そのほかにも、注腸造影検査と呼ばれる検査が行われることもあります。

治療

大きさや形態などを確認したうえで内視鏡で治療を行うことを検討します。内視鏡による治療方法としては、以下のような方法があり、もっとも適したものを選択します。

  • ポリペクトミー
  • 内視鏡的粘膜切除術
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術

など

がんに関連した早期のポリープであれば、内視鏡のみで完治も期待できます。しかし、なかにはがんが直腸の粘膜深くまで進行していることもあり、その場合には手術による追加治療が行われることもあります。

直腸ポリープから直腸がんの発生に関連して、生活習慣が深く関わっていることが考えられるため、規則正しい健康的な生活を送ることは、最終的にはがんの発生予防につながります。