新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜市立大学 形成外科学 教授

前川 二郎 まえがわ じろう 先生

滋賀医科大学を卒業後、横浜市立大学医学部附属病院、オーストラリアのWomen's & Children's Hospital、 Australian Craniofacial Unit、Visiting Fellowを経て現在は横浜市立大学医学部附属病院形成外科において主任教授を務める。形成外科全般、特にマイクロサージャリーを専門とし、リンパ浮腫の治療におけるトップランナーとして知られる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 形成外科
  • マイクロサージャリー

資格・学会・役職

  • 横浜市立大学 形成外科学 教授
  • 日本形成外科学会 理事
  • 日本リンパ学会 理事
  • 日本静脈学会 評議員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会 評議員
  • 日本頭蓋底外科学会 評議員
  • 日本創傷外科学会 評議員
  • 日本手術手技学会 評議員
  • 日本シミュレーション外科学会 評議員

所属病院

横浜市立大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目9
  • 金沢シーサイドライン「市大医学部駅」 駅直結 徒歩1分
  • 045-787-2800
横浜市立大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1982年 滋賀医科大学医学部卒業
1984年月 横浜市立大学医学部病院形成外科 入局
1992年 横浜市立大学医学部附属病院形成外科講師
1996年 留学(オーストラリア、アデレード Women's & Children's Hospital、 Australian Craniofacial Unit、Visiting Fellow)
2001年 横浜市立大学医学部附属病院形成外科部長、准教授
2012年 横浜市立大学医学部附属病院形成外科 主任教授

論文

1),Maegawa J, Yabuki Y, Tomoeda H, Hosono M, Yasumura K.
Outcomes of lymphaticovenous side-to-end anastomosis in peripheral lymphedema.
J Vasc Surg. 55(3): 753-60. 2012.
2),Maegawa J, Hosono M, Tomoeda H, Tosaki A, Kobayashi S, Iwai T.
Net Effect of Lymphaticovenous Anastomosis on Volume Reduction of Peripheral Lymphoedema after Complex Decongestive Physiotherapy.
Eur J Vasc Endovasc Surg. 43:602-608. 2012.
3)、Maegawa J, Mikami T, Yamamoto Y, Satake T, Kobayashi S.
Types of lymphoscintigraphy and indications for lymphaticovenous anastomosis.
Microsurgery. 30:437-42.2010.

など英文60編、邦文100編以上

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師