新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜市立大学医学部産婦人科学教室 主任教授

日本産科婦人科学会 特任理事・産婦人科専門医・指導医 日本臨床細胞学会 理事・細胞診専門医・細胞診指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本婦人科腫瘍学会 理事・婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医 日本産婦人科乳腺医学会 理事・乳房疾患認定医 日本婦人科がん検診学会 理事 NPO法人婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG) 理事

宮城 悦子 みやぎ えつこ 先生

1988年横浜市立大学医学部卒業、2007年に日本婦人科腫瘍学会が認定する婦人科腫瘍専門医を取得する。2013年より日本産科婦人科学会特任理事(子宮頸がん予防担当)に就任し、婦人科腫瘍の集学的治療と子宮頸がん予防、卵巣明細胞がんのトランスレーショナルリサーチなどを手がけている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産婦人科
  • 婦人科がん全般

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 特任理事・産婦人科専門医・指導医
日本臨床細胞学会 理事・細胞診専門医・細胞診指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本婦人科腫瘍学会 理事・婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
日本産婦人科乳腺医学会 理事・乳房疾患認定医
日本婦人科がん検診学会 理事
NPO法人婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG) 理事
  • 横浜市立大学医学部産婦人科学教室 主任教授
  • 医学博士 取得

所属病院

横浜市立大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目9
  • 金沢シーサイドライン「市大医学部駅」 駅直結 徒歩1分
  • 045-787-2800
横浜市立大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 横浜市立大学医学部 卒業
1995年 横浜市立大学大学院医学研究科 卒業 医学博士取得
1995年 横浜市立大学医学部 産婦人科助手
1997年 カリフォルニア大学 サンディエゴ校派遣教員としてがんの基礎研究に従事
1998年 神奈川県立がんセンター 婦人科医長
2007年 横浜市立大学医学部 産婦人科講師
2007年 横浜市立大学医学部 産婦人科准教授
2008年 横浜市立大学附属病院 化学療法センター長
2014年 横浜市立大学医学部 がん総合医科学教授
2015年 横浜市立大学附属病院 産婦人科 部長
2017年 横浜市立大学医学部 産婦人科学教室 主任教授

論文

  • Expression of erythropoietin messenger ribonucleic acid in wild-type MED12 uterine leiomyomas under estrogenic influence: new insights into related growth disparities. Fertil Steril. 2019; 111(1):178-185.

    Asano R, Asai-Sato M, Matsukuma S, Mizushima T, Taguri M, Yoshihara M, Inada M, Fukui A, Suzuki Y, Miyagi Y, Miyagi E.

  • Evaluation of future cervical cancer risk in Japan, based on birth year. Vaccine. 2019; 16;37(22):2889-2891.

    Yagi A, Ueda Y, Ikeda S, Sekine M, Nakayama T, Miyagi E, Enomoto T.

  • Analysis of uterine corporeal mesenchymal tumors occurring after menopause. BMC Womens Health. 2019 Jan 18;19(1):13. doi: 10.1186/s12905-019-0714-5.

    Ishidera Y, Yoshida H, Oi Y, Katayama K, Miyagi E, Hayashi H, Shigeta H.

  • Accuracy of self-collected human papillomavirus samples from Japanese women with abnormal cervical cytology, J Obstet Gynaecol Res, 2017; 43(4):710-717.

    Yashiro A, Motoki Y, Asano R, Maruyama Y, Oba M, Asai-Sato M, Yamanaka T, Hirahara F, Miyagi E,

  • Evaluation of endocervical curettage with conization in diagnosis of endocervical, J Obstet Gynaecol Res, 2017 43(4): 723-728.

    Suzuki Y, Cho T, Mogami T, Ruiz Yokota N, Matsunaga T,Asai-Sato M, Hirahara F, Nojima M, Mori M, Miyagi E.

  • Clinical significance of tissue factor pathway inhibitor 2, a serum biomarker candidate for ovarian clear cell carcinoma, PLoS One, 11: e0165609, 2016.

    59. Arakawa N, Kobayashi H, Yonemoto N, Masuishi Y, Ino Y, Shigetomi H, Furukawa N, Ohtake N, Miyagi Y, Hirahara F, Hirano H, Miyagi E,

  • A preoperative risk-scoring system to predict lymph node metastasis in endometrial cancer and stratify patients for lymphadenectomy, Gynecol Oncol, 142: 273-277, 2016.

    Imai K, Kato H, Katayama K, Nakanishi K, Kawano A, Iura A, Konnai K, Onose R, Hirahara F, Miyagi E.

  • Increasing trends in cervical cancer mortality among young Japanese women below the age of 50 years: an analysis using the Kanagawa population-based Cancer Registry, 1975-2012, Cancer Epidemiol, 39: 700-706, 2015.

    Motoki Y, Mizushima S, Taguri M, Takahashi K, Asano R, Kato H, Asai-Sato M, Katayama K, Okamoto N, Hirahara F, Miyagi E.

  • Web-based recruiting for a survey on knowledge and awareness of cervical cancer prevention among young women living in Kanagawa Prefecture, Japan, Int J Gynecol Cancer, 24: 1347-1355, 2014.

    Miyagi E, Motoki Y, Asai-Sato M, Taguri M, Morita S, Hirahara F, Wark JD, Garland SM.

  • Attitudes toward cervical cancer screening among women receiving human papillomavirus vaccination in a university-hospital-based community: Interim 2-year follow-up results, J Obstet Gynaecol Res, 40: 1105-1113, 2014.

    Miyagi E, Sukegawa A, Motoki Y, Kaneko T, Maruyama Y, Asai-Sato M, Numazaki R, Mizushima S, Hirahara F.

著書

  • 【分担執筆】中村朋美, 宮城悦子: 思春期・性成熟期・閉経後の不正性器出血. 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2018→2019, メディカルレビュー社, 918-922, 2018.

  • 【分担執筆】宮城悦子: 女性のがんの治療 手術をされる患者さんに知っていただきたいこと 卵巣欠落症状(ホルモンバランス失調)はこうやって乗り越えましょう. ヴァン メディカル, 61-62, 2017.

  • 【編集】宮城悦子,婦人科診療ハンドブック, 全470頁, 2014.

  • 【監修・編集】宮城悦子:がん化学療法クリティカルポイント対応マニュアル:株式会社じほう, 2013.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師