新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜市立大学附属病院 病院長

日本麻酔科学会 麻酔科指導医

後藤 隆久 ごとう たかひさ 先生

エーテル麻酔発祥の地である米国マサチューセッツ総合病院での麻酔科レジデント、集中治療のフェローシップを経て、横浜市立大学医学部麻酔科教授に就任。2016年から同大学附属市民総合医療センター病院長を兼務。2000年代前半に医療崩壊を経験したことをきっかけに、「医師こそ自らを守るためにも経営学を学ばなければならない」という信念を持つにいたり、慶應義塾大学ビジネススクール田中滋教授に師事。現在は持続可能な医療を構築するため、麻酔科看護師養成や遠隔医療にも乗り出している。

後藤先生のストーリー記事

生まれ変わっても医師になりたい
生まれ変わっても医師になりたい

患者のため、組織のため、貪欲に成長を求め続ける後藤隆久先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 麻酔科
  • 麻酔科全般

資格・学会・役職

日本麻酔科学会 麻酔科指導医
  • 横浜市立大学附属病院 病院長
  • 医学博士 取得
  • 米国麻酔医学会 アメリカ麻酔専門医
  • 米国集中治療医学会 アメリカ集中治療専門医
  • 日本麻酔科学会 代議員

所属病院

横浜市立大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目9
  • 金沢シーサイドライン「市大医学部駅」 駅直結 徒歩1分
  • 045-787-2800
横浜市立大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 東京大学医学部医学科 卒業
1987年 帝京大学医学部附属市原病院 研修医(麻酔科)
1988年 米国マサチューセッツ総合病院 麻酔科レジデント
1992年 米国マサチューセッツ総合病院 麻酔科 集中治療医学フェロー
1993年 帝京大学医学部附属市原病院 麻酔科助手 その後講師、助教授を経て
2002年 帝京大学医学部 麻酔科 教授
2006年 横浜市立大学医学部 麻酔科 教授
2016年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 病院長 兼務
2020年 横浜市立大学附属病院 病院長

論文

  • Nitrous oxide induces preemptive analgesia in the rat that is antagonized by halothane. Anesthesiology 1994; 80: 409-416.

    Goto T, Marota JJA, Crosby G

  • Xenon provides faster emergence from anesthesia than does nitrous oxide-sevoflurane or nitrous oxide-isoflurane. Anesthesiology 1997; 86: 1273-1278.

    Goto T, Saito H, Shinkai M, Nakata Y, Ichinose F, Morita S

  • The blood-gas partition coefficient of xenon may be lower than generally accepted. British Journal of Anaesthesia 1998; 80: 255-256.

    Goto T, Suwa K, Uezono S, Ichinose F, Uchiyama M, Morita S

  • The thermoregulatory threshold for vasoconstriction in patients anesthetized with various 1-MAC combinations of xenon, nitrous oxide, and isoflurane. Anesthesiology 1999; 91: 626-32

    Goto T, Matsukawa T, Sessler DI, Uezono S, Ishiguro Y, Ozaki M, Morita S

  • Bispectral analysis of the electroencephalogram does not predict responsiveness to verbal command in patients emerging from xenon anaesthesia. British Journal of Anaesthesia 2000; 85: 359-63

    Goto T, Nakata Y, Ishiguro Y, Niimi Y, Suwa K, Morita S

  • The mid-latency auditory evoked potentials predict responsiveness to verbal command in patients emerging from anesthesia with xenon, isoflurane, and sevoflurane, but not with nitrous oxide. Anesthesiology 2001; 94(5) May:782-9

    Goto T, Nakata Y, Ishiguro Y, Niimi Y, Suwa K, Morita S

  • The minimum alveolar concentration of xenon in the elderly is sex-dependent. Anesthesiology 2002; 97 (5) Nov: 1129-32

    Goto T, Nakata Y, Morita S

  • Isoflurane impairs learning and hippocampal long-term potentiation via the saturation of synaptic plasticity. Anesthesiology. 2014 Aug;121(2):302-10.

    Uchimoto K, Miyazaki T, Kamiya Y, Mihara T, Koyama Y, Taguri M, Inagawa G, Takahashi T, Goto T

  • FaceTime(®) for teaching ultrasound-guided anesthetic procedures in remote place. J Clin Monit Comput. 2014 Apr;28(2):211-5. Epub 2013 Sep 25.

    Miyashita T, Iketani Y, Nagamine Y, Goto T

  • A pilot study of tele-anaesthesia by virtual private network between an island hospital and a mainland hospital in Japan. J Telemed Telecare. 2015 Mar;21(2):73-9. Epub 2014 Dec 8

    Miyashita T, Mizuno Y, Sugawara Y, Nagamine Y, Koyama Y, Miyazaki T, Uchimoto K, Iketani Y, Tojo K, Goto T

著書

  • 【分担執筆】保坂隆編.医師のストレス.中外医学社.2009年

その他

  • 【受賞】 1992年 マサチューセッツ総合病院麻酔科Pennathur Sandaram, M.D. NeuroAnesthesia Award

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師