生まれ変わっても医師になりたい

「生まれ変わっても医師になりたい」

患者のため、組織のため、貪欲に成長を求め続ける後藤隆久先生のストーリー

横浜市立大学医学部 教授 横浜市立大学附属市民総合医療センター 病院長

後藤 隆久 先生

「医学部にきてよかった」

実をいうと、私は貪欲に医師を志していたわけではありません。漠然とした医師という職業への興味、そして周囲に医学部を目指す友人が多かったことなどが進路に影響したように思います。

そんな私でしたが無事に医学部に合格。入学後はボート部に入りました。ボート部では先輩と後輩の結びつきが強く、いろんなお話を聞く機会がありました。患者さんを思いやる心や学問としての医学に対する情熱を語る先輩を目の当たりにしたとき、私は「医学部にきてよかった」と心から感じたものです。ボートは非常にハードなスポーツです。しかし体力をつけたり、人間性を養ったりと普段の学生生活ではできないような訓練になっていたと思います。

恩師との運命的な出会い

医学部で勉強するうちに、いつしか救急や集中治療に憧れるようになった私は、あるとき東京大学の救急部(当時)を見学しに行きました。そこで「まずは基本診療科で専門性を確立したほうがいいよ」というアドバイスとともに、アメリカ留学から帰ってきたばかりで当時まだ38歳だった、帝京大学附属市原病院(当時)麻酔科の森田茂穂教授のことを教えてもらいました。偶然にも、ペインクリニックを志望していた同級生の北原雅樹先生が森田先生のところでの研修を決めていたので、紹介してもらいました。

こうして私は運命的に、恩師である森田先生との出会いを果たします。森田先生はとても面倒見がよく、「この人についていきたい!」と感じた私はあっさりと入局を決定しました。当時はほとんどの医学生が出身大学に残る時代でしたから、私は極めて特殊なケースだったといえます。

充実したアメリカ留学

森田先生は「人生は一度しかないのだから好きなことをやれ」という方針で、医局員はさまざまなことに自由にチャレンジできる環境でした。なかには、弁護士になったりMBAを取得したり、今はやりのデータサイエンスの勉強をしたりする先生もいたのです。

そのようななか、ある日、森田先生に「アメリカにレジデントとして留学する気はないか」と声をかけられました。詳しく伺うと、先生が留学されていたハーバード大学麻酔科のチェアマンである“Dr.Kitz”と会ってみないかという話でした。さらに、もしインタビューに合格すればマサチューセッツ総合病院(MGH)に採用してもらえると知り、私は英語でのインタビューを受けました。

その結果、なんと合格。あとから聞いた話では倍率は約20倍だったというから驚きです。

私のような英語が苦手な日本人がなぜ選ばれたのか不思議で信じられませんでしたが、どうやらKitz先生はハーバードスピリッツを全世界に広めたいという思いから諸外国の医師を積極的に集めていたようです。また、森田先生とKitz先生は親友だったこともあり、森田先生の推薦する人物なら、と採用が決まりました。(要するに裏口ですね!)

こうして大学卒業2年後の秋にボストンのMGHに麻酔科レジデントとして入職しました。MGHには上級医の先生がつきっきりで指導してくださるプリセプター制度のようなものがあります。ここで私はGreg Crosby先生というメンターに出会いました。Gregには研究の面白さを教えてもらっただけでなく、家に招待してもらったりスキーに連れて行ってもらったりと随分可愛がっていただいたのを覚えています。

麻酔科のレジデントを務めた後はICUを学びながらGregのラボで研究もし、約5年間、とても充実した留学生活を送りました。

組織を率いるリーダーとして

「恩師ならどうするだろうか」

ご縁があって横浜市立大学にやってきた私は、現在麻酔科学教室の教授を務めています。

組織を率いる立場として大きな課題に当たって悩む瞬間もありますが、そんなとき、自然と「恩師ならどうするだろうか」と考えている自分を発見し、恩師の影響力の大きさを感じます。森田先生のように「みなが公平に、興味のあることにチャレンジできる環境をつくる」というのも私が心がけていることの一つです。

さらに、医局員には自分の家庭を大切にし、女性だけでなく男性であっても積極的に子育てに参加してほしいと考えています。これは私自身が子育てを経験して、家族の存在が仕事の大きな原動力になるのを実感したからです。

「やりがいを感じる」「働きやすい」という2つの軸を大切にしながら、日本の医療に貢献できるような医局運営を目指しています。

「どのようにリーダーシップをとるべきか」

医局のなかには、臨床や研究で私よりも秀でている先生がたくさんいますし、若い先生は成長が早く、新しい知識や技術をすぐに身につけます。リーダーは自分より優れた後進を育てて世に送り出すのが使命ですから喜ばしいことですが、彼らに私がリーダーとして必要とされ続けるには、自らをどう成長させるべきかを日々自問自答しています。

現在の病院長というポジションを打診されたときも、これによって医局員を含む次世代のために何か貢献できるならという思いでお引き受けしました。病院長になると、臨床医学や研究の指導の時間は減ってしまいますが、その代わり、以前から興味のあった医療経営や医療政策を学びかつ実践し、急速に変化する日本の医療の中で、麻酔科が他の医療職や診療科と協働して社会に貢献するにはどうすればよいかを、医局員たちに示したいと考えています。尊敬される麻酔科とはどうあるべきかを理解することは、麻酔科医たちが誇りをもって働き続けるための基本であると思います。

医局員たちの急速な成長をサポートし続けるために自分も成長し続ける―教授・病院長という立場に甘んじることなく、いくつになっても貪欲に追求していきたいです。

生まれ変わっても医師になりたい

自分の家族が入院したとき、医師に対してすがるような思いになるのを実感しました。

「医師という職業はこんなにも頼られているのか…私も患者さんのつらさや心細さに寄り添う医師でなくてはならないな」と身に染みて感じたものです。

特に麻酔科の医師というのは、手術を受ける患者さんの恐怖心や苦しみに寄り添う存在です。

私が大学のオープンキャンパスで講演を行った際に、参加していた高校生の親御さんから手紙をいただいたことがあります。その方の息子さんは小学生のときに非常に困難な手術を受けられたとのことでした。そしてその手術で麻酔を担当したのが私だったのを覚えておられ、わざわざ手紙をくださったのです。

「息子が一番苦しかった時期に寄り添ってくださりありがとうございました」

医師をやっていてよかったと思った瞬間でした。

自分の仕事が、誰かの支えとなり、ひいては誰かの人生をよくすることができるのであれば、これほど嬉しいことはありません。

「生まれ変わっても医師になりたい」

私は胸を張ってこう言えます。

後藤 隆久 先生の疾患記事

医師のストーリー 医師には医師のドラマがある

ストーリー一覧