新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜市立大学附属病院 集中治療部 部長

日本集中治療医学会 集中治療専門医 日本救急医学会 救急科専門医 日本麻酔科学会 麻酔科指導医

髙木 俊介 たかき しゅんすけ 先生

2018年4月より横浜市立大学附属病院 集中治療部 准教授 部長をつとめる。集中治療室の業務効率改善、遠隔集中治療の構築などを主な研究テーマとしている。ヘルスケア分野で大きなトピックである「遠隔医療」をテーマとした講演会の講師としても精力的に活動している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 救急科
  • 麻酔科
  • 集中治療
  • 救急医療
  • 手術麻酔
  • 遠隔医療

資格・学会・役職

日本集中治療医学会 集中治療専門医
日本救急医学会 救急科専門医
日本麻酔科学会 麻酔科指導医
  • 横浜市立大学附属病院 集中治療部 部長
  • 日本集中治療医学会 評議員・ad hoc 遠隔ICU委員会 委員長・広報委員会委員
  • 日本呼吸療法医学会 認定専門医・代議員 遠隔医療WG委員

所属病院

横浜市立大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目9
  • 金沢シーサイドライン「市大医学部駅」 駅直結 徒歩1分
  • 045-787-2800
横浜市立大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

2002年 横浜市立大学医学部卒業
2008年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センター 助教
2010年 マレーシア国立循環器病センター 麻酔科 臨床修練医
2011年 プリンスオブウェールズホスピタル 集中治療部 臨床研究員
2012年 横浜市立大学附属病院 集中治療部 助教
2015年 横浜市立大学附属病院 集中治療部 講師
2018年 横浜市立大学附属病院 集中治療部 准教授
現在   同部署 部長

論文

1. Takaki S, et.al. Blood pH is a useful indicator of the initiation of therapeutic hypothermia in the early phase of resuscitation after comatose cardiac arrest: A retrospective study. The Journal of Emergency Medicine, 2013 Jul;45(1):57-64.
2. Takaki S, et.al. Modified Rapid Shallow Breathing Index Adjusted with Anthropometric Parameters Increases Predictive Power for Extubation Failure Compared with the Unmodified Index in Post-cardiac Surgery Patients. J Cardiothorac Vasc Anesth. 2015 Feb;29(1):64-8.
3. Takaki S, et.al. Evaluation of an Oxygen Mask-Based Capnometry Device for Respiratory Monitoring in Subjects Extubated After Abdominal Surgery: A Prospective Observational Study. Respiratory Care, 2015, May;60(5):705-10.
4. Takaki S, et.al. Perioperative change in creatinine following cardiac surgery with cardiopulmonary bypass is useful in predicting acute kidney injury: a single-centre retrospective cohort study. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2015 Jul 9.
5. Takaki. S, et.al.. Self-inflicted oral penetration injury: An intravenous drip poleadvanced from the mouth to the retroperitoneum. International Journal of Surgery Case Reports. 16(2015)112-115
6. Takaki. S, et.al. Deep breathing improves end-tidal carbon dioxide monitoring of an oxygen nasal cannulabased capnometry device in subjects extubated after abdominal surgery. Respiratory Care: 2017 Jan;62(1):86-91.
7. Yamamoto N, Miyashita T, Takaki S, Goto T. Effects of Breathing Pattern on Oxygen Delivery Via a Nasal or Pharyngeal Cannula. Respir Care. 2015 Dec;60(12):1804-9
8. Miyamoto Y, Miyashita T, Takaki S, Goto T. Perioperative considerations in adult mitochondrial disease: A case series and a review of 111 cases. Mitochondrion. 2015 Nov 18.
9. Sato.H, Miyashita. T, Kawakami. H, Nagamine Y, Takaki S, and Goto. Research Article Influence of Mental Workload on the Performance of Anesthesiologists during Induction of General Anesthesia: A Patient Simulator Study. Hindawi Publishing Corporation BioMed Research International Volume 2016, Article ID 1058750,
10. Nagamine Y, Tojo K, Yazawa T, Takaki S, Baba Y, Goto T, and Kurahashi K. Inhibition of prolyl hydroxylase attenuates Fas ligand-induced apoptosis and lung injury in mice. The American Journal of Respiratory Cell and Molecular Biology. 2016. Dec;55(6):878-888.

著書

高木俊介・ICUフェローからのメッセージ『アジアオーストラレーシア3国での医療体験』 ・ Intensivist 2012 vo1 4 No 4 868-872
高木俊介・馬国医療体験記(前編)・Life Support and Anesthesia Vol18, No10, 976, 977, 2011
高木俊介・馬国医療体験記(後編)・Life Support and Anesthesia Vol18, No11, 1126,1127, 2011

その他

  • 【受賞】 2017年度 横浜市立大学 若手学長賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師