新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横浜市立大学 大学院 医学研究科 消化器・腫瘍外科学 教授

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

遠藤 格 えんどう いたる 先生

肝臓移植や胆道がん・膵臓がんなど肝胆膵疾患のスペシャリスト。
横浜市立大学を卒業後、第二外科に入局。帝京大学溝口病院、横浜市立大学附属病院などで臨床経験を積み、二度の米国留学を経て、2009年に横浜市立大学大学院 消化器・腫瘍外科学講座主任教授に就任。手術前に化学療法を行うことで腫瘍を縮小させ、切除する術前化学療法を行う。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 肝胆膵疾患

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 横浜市立大学 大学院 医学研究科 消化器・腫瘍外科学 教授
  • 日本消化器病学会 関東支部評議員
  • 日本消化器外科学会 理事・評議員選出委員会委員・会誌編集委員会委員長・試験問題作成委員会委員・データベース委員会委員・英文機関誌創刊準備委員会委員長
  • 日本外科学会 代議員・指定施設指定・指導医選定委員・学術委員
  • 日本外科系連合学会 評議員
  • 日本腹部救急医学会 評議員
  • 日本膵臓学会 評議員・倫理委員会 ・膵癌診療ガイドライン改訂委員
  • 日本癌治療学会 代議員・将来計画委員会委員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本胆道学会 理事・評議員選考委員・社会保険審議委・在り方委員会副委員長
  • 日本肝胆膵外科学会 理事・評議員・胆道癌登録委員会委員・将来検討委員会委員・胆道癌取扱い規約委員会委員
  • 日本肝胆膵外科学会 胆道癌診療ガイドライン委員・日台合同プロジェクト小委員会・IHPBA Japan Chapter 委員長・国際胆道炎特別研究プロジェクト委員会(GB Inflammation 検討委員会)・データベース委員会委員・外科関連学会協議会委員
  • International College of Surgeons (ICS) Fellow
  • International Society of Surgery (ISS/SIC) Member
  • Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association (A-PHPBA) Scientific Committe
  • World Journal of Gastrointestinal Oncology Editorial Board Members
  • Annals of Gastroenterological Surgery Associated Editor

所属病院

横浜市立大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 児童精神科 総合診療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目9
  • 金沢シーサイドライン「市大医学部駅」 駅直結 徒歩1分
  • 045-787-2800
横浜市立大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年 横浜市立大学医学部卒業
1985年 横浜市立大学医学部附属病院研修医
1987年 藤沢市民病院 外科医員
1988年 帝京大学溝口病院 外科助手
1989年 横浜市立大学附属病院 外科学第 2 講座 特別職診療医
1989年 横浜市立大学附属病院 外科学第 2 講座 医務吏員
1991年 横浜市立大学附属病院 外科学第 2 講座 助手
1994年 米国カリフォルニア大学ロスアンジェルス校 肝移植センター 留学
2002年 横浜市立大学附属病院 外科学第 2 講座 講師
2005年 横浜市立大学大学院 医学研究科 消化器病態外科学 準教授
2006年 米国 Memorial Sloan-Kettering Cancer Center 留学
2007年 横浜市立大学大学院 医学研究科 消化器病態外科学 准教授
2009年 横浜市立大学大学院 医学研究科 消化器病態外科学 主任教授
2016年 横浜市立大学附属病院 副病院長

【学会活動】
平成22年 5月~平成27年 4月 日本消化器外科学会 評議員
平成26年 9月~平成27年 8月 日本消化器外科学会 専門医制度委員会委員
平成24年 7月~平成28年 6月 日本胆道学会 評議員
平成26年11月~平成28年10月 日本胆道学会 国際交流委員会委員長

論文

#1 Endo I, Shimada H, Takimoto A, Fujii Y, Miura Y, Sugita M, Morioka D, Masunari H, Tanaka K, Sekido H, Togo S. Microscopic liver metastasis: prognostic factor for patients with pT2 gallbladder carcinoma. World J Surg 2004 Jul, 28(7);692-696.
#2 Endo I, Shimada H, Tanabe M, Fujii Y, Takeda K, Morioaka D, Tanaka K, Sekido H, Togo S. Prognostic significance of the number of positive lymph nodes in gallbladder cancer. J Gastrointest Surg 2006, 10;999-1007.
#3 Endo I, Shimada H, Sugita M, Fujii Y, Morioka D, Takeda K, Sugae S, Tanaka K, Togo S, Bourquain H, Peitgen HO. Role of three-dimensional imaging in operative planning for hilar cholangiocarcinoma. Surgery. 2007 Nov;142(5):666-75.
#4 Endo I, Gonen M, Yopp AC, Dalal KM, Zhou Q, Klimstra D, D'Angelica M, DeMatteo RP, Fong Y, Schwartz L, Kemeny N, O'Reilly E, Abou-Alfa GK, Shimada H, Blumgart LH, Jarnagin WR. Intrahepatic cholangiocarcinoma: rising frequency, improved survival, and determinants of outcome after resection. Ann Surg. 2008;248:84-96.
#5 Endo I, House MG, Klimstra DS, Gönen M, D'Angelica M, Dematteo RP, Fong Y, Blumgart LH, Jarnagin WR. Clinical significance of intraoperative bile duct margin assessment for hilar cholangiocarcinoma.Ann Surg Oncol. 2008;15:2104-12.
#6. Endo I, Matsuyama R, Mori R, Taniguchi K, Kumamoto T, Takeda K, Tanaka K, Köhn A, Schenk A: Imaging and surgical planning for perihilar cholangiocarcinoma. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 21 (8) : 525-532, 2014.
#7. Homma Y, Taniguchi K, Murakami T, Nakagawa K, Nakagawa M, Matsuyama R, Mori R, Takeda K, Ueda M, Ichikawa Y, Tanaka K, Endo I: Immunological impact of neoadjuvant chemoradiotherapy in patients with borderline resectable pancreatic ductal adenocarcinoma. Ann Surg Oncol, 21 (2) : 670-676, 2014.
#8. Sato M, Matsuyama R, Kadokura T, Mori R, Kumamoto T, Nojiri K, Taniguchi K, Takeda K, Kubota K, Tanaka K, Endo I: Severity and prognostic assessment of the endotoxin activity assay in biliary tract infection.J Hepatobiliary Pancreat Sci, 21 (2) : 120-127, 2014.
#9. Nakagawa K, Tanaka K, Nojiri K, Kumamoto T, Takeda K, Ueda M, Endo I: The modified Glasgow prognostic score as a predictor of survival after hepatectomy for colorectal liver metastases. Ann Surg Oncol, 21 (5) :1711-1718, 2014.7. Ota Y, Kumamoto T, Ishibe A, Watanabe K, Mori R, Taniguchi K, Matsuyama R, Makino H, Ueda M, Kubota T, Akiyama H, Tanaka K, Ichikawa Y, Endo I: Thrombomodulin improves rat survival after extensive hepatectomy. J Surg Res. 194 (2) : 375-382, 2015.
#10. Nakagawa K, Tanaka K, Homma Y, Nojiri K, Kumamoto T, Takeda K, Endo I: Low infiltration of peritumoral regulatory T cells predicts worse outcome following resection of colorectal liver metastases. Ann Surg Oncol. 22 (1) : 180-6, 2015.
#11. Suzuki S, Ichikawa Y, Nakagawa K, Kumamoto T, Mori R, Matsuyama R, Takeda K, Ota M, Tanaka K, Tamura T, Endo I: High infiltration of mast cells positive to tryptase predicts worse outcome following resection of colorectal liver metastases. BMC Cancer, 15: 840, 2015.
#12. Matsuyama R, Mori R, Ota Y, Honmma Y, Kumamoto T, Takeda K, Morioka D, Maegawa J, Endo I:Significance of Vascular Resection and Reconstruction in Surgery for Hilar Cholangiocarcinoma:With Special Reference to Hepatic Arterial Resection and Reconstruction.Ann Surg Oncol (2016)23:S475-S484 DOI 10.1245/s10434-016-5381-2.

著書

Hilar cholangiocarcinoma, Springer, 2013
Blumgart’s Surgery of the Liver, Biliary Tract, and Pancreas 6th edition
Elsevier, 2016
肝胆膵高難度外科手術、医学書院、2010

その他

  • 【受賞】2008年 横浜医学会賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師