MedicalNoteとは

貝沼 茂三郎

貝沼 茂三郎先生

九州大学大学院医学研究院地域医療教育ユニット 准教授

  • 内科

専門分野

漢方 内科一般 地域医療

紹介

九州大学病院総合診療科の漢方外来で診療を行う、漢方医学のエキスパート。慢性疾患のみならず、診断名のつかない体の不調、体質の悩みを抱える多くの患者さんの心身に向き合う丁寧な診療で高い信頼を得ている。目標は、漢方医学と西洋医学を適材適所で使う「東西医学の融合」。西洋医学を学ぶ医学生への漢方診療に関する実習も実施しており、教育者としての実績も大きい。

略歴

1993年 富山医科薬科大学医学部卒業
1993年 富山医科薬科大学和漢診療部入局
2003年 富山医科薬科大学和漢診療学講座 助手
2004年 麻生セメント(株)飯塚病院東洋医学センター漢方診療科 医長
2007年 九州大学病院総合診療科 助教
2010年 九州大学病院総合診療科 診療講師
2012年 九州大学大学院医学研究院地域医療教育ユニット 准教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
【所属学会(認定医・専門医)】
日本内科学会(専門医・指導医・認定医)
日本東洋医学会(専門医・指導医)
日本病院総合診療学会(認定医)
日本肝臓学会(専門医)
和漢医薬学会(評議員)
日本医学教育学会

受賞・著書・論文など

【受賞】
和漢医薬学会奨励賞 2006年

【著書】
はじめての漢方診療 症例演習.医学書院,2011(共著)

【論文】
Kainuma M, Furusyo N, Urita Y, Nagata M, Ihara T, Oji T, Nakaguchi T, Namiki T, Hayashi J:
The association between objective tongue color and endoscopic findings: results from the Kyushu and Okinawa population study (KOPS). BMC Com

もっと見る

【受賞】
和漢医薬学会奨励賞 2006年

【著書】
はじめての漢方診療 症例演習.医学書院,2011(共著)

【論文】
Kainuma M, Furusyo N, Urita Y, Nagata M, Ihara T, Oji T, Nakaguchi T, Namiki T, Hayashi J:
The association between objective tongue color and endoscopic findings: results from the Kyushu and Okinawa population study (KOPS). BMC Complement Altern Med.15:372, 2015

Kainuma M, Furusyo N, Ando S, Mukae H, Ogawa E, Toyoda K, Murata M, Hayashi J:
Nocturnal dImpact Factorference in the ultra low frequency band of heart rate variability in patients stratImpact Factoried by Kampo medicine prescription.
Circ J. 78:1924-1927,2014

Kainuma M, Furusyo N, Azuma K, Kajiwara E, Takahashi K, Nomura H, Tanabe Y, Satoh T, Maruyama T, Nakamuta M, Kotoh K, Shimoda S, Hayashi J, and the Kyushu University Liver Disease Study (KULDS) Group: Pegylated interferon alpha plus ribavirin for Japanese chronic hepatitis C patients with normal alanine aminotransferase. Hepatol Res.42:33-41;2012  

執筆した記事

すべて見る

所属病院

九州大学病院

福岡県福岡市東区馬出3-1-1
福岡市営地下鉄箱崎線 馬出九大病院前 徒歩5分

  • 大病院
  • 所属専門家