新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病院臨床研究推進部長/トランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究支援部長/小児神経診療部医長

日本小児神経学会 小児神経専門医 日本小児科学会 小児科専門医 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医 日本臨床薬理学会 臨床薬理指導医

小牧 宏文 こまき ひろふみ 先生

熊本大学医学部卒。標準的診療(現在提供可能な治療法、ケア)を基盤として臨床研究・治験を展開していくことで、医療全体の向上を大きな目標としている医師のひとり。現在は国立精神・神経医療研究センターに勤務し、特に筋ジストロフィーをはじめとした希少疾病の新しい医療ならびに開発モデルの提案や、効率的・効果的な臨床研究支援体制(Academic Research Organization: ARO)の構築を行っていきたいと考えている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 小児神経学
  • 臨床筋肉病学
  • 臨床遺伝学
  • 臨床研究支援にかかわること

資格・学会・役職

日本小児神経学会 小児神経専門医
日本小児科学会 小児科専門医
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
日本臨床薬理学会 臨床薬理指導医
  • 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病院臨床研究推進部長/トランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究支援部長/小児神経診療部医長
  • 医学博士 取得

所属病院

NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

  • 内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 消化器科 循環器科 小児科 整形外科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 脳神経内科
  • 東京都小平市小川東町4丁目1-1
  • 西武多摩湖線 萩山 南口 西武鉄道拝島線も利用可 徒歩7分 JR武蔵野線 新小平 徒歩10分
  • 042-341-2711
公式ウェブサイト
NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

医療記事

来歴等

略歴

1984年 宮崎県立宮崎西高等学校卒業
1990年 熊本大学医学部卒業
1990年 熊本大学医学部附属病院小児科
1996年 国立精神・神経センター武蔵病院小児神経科レジデント
2001年 同・神経研究所疾病研究第二部流動研究員
2003年 同・小児神経科医員

論文

1) Komaki H, Hayashi YK, Tsuburaya R, Sugie K, Kato M, Nagai T, Imataka G,   Suzuki S, Saitoh S, Asahina N, Honke K, Higuchi Y, Sakuma H, Saito Y, Nakagawa E, Sugai K, Sasaki M, Nonaka I, Nishino I. Inflammatory changes in infantile-onset LMNA-associated myopathy. Neuromuscul Disord. 2011; 21: 563-8.
2) Komaki H, Akanuma J, Iwata H, Takahashi T, Mashima Y, Nonaka I, Goto Y. A novel mtDNA C11777A mutation in Leigh syndrome. Mitochondrion. 2003; 2: 293-304.
3) Komaki H, Fukazawa T, Houzen H, Yoshida K, Nonaka I, Goto Y. A novel D104G mutation in the adenine nucleotide translocator 1 gene in autosomal dominant progressive external ophthalmoplegia patients with mitochondrial DNA with multiple deletions. Ann Neurol. 2002; 51: 645-8.
4) Komaki H, Sugai K, Maehara T, Shimizu H. Surgical treatment of early-infantile epileptic encephalopathy with suppression-bursts associated with focal cortical dysplasia. Brain Dev. 2001; 23: 727-31.
5) Komaki H, Sasaki M, Yamamoto T, Iai M, Takashima S. Connatal Pelizaeus-Merzbacher disease associated with the jimpy(msd) mice mutation. Pediatr Neurol. 1999; 20: 309-11.
6) 小牧宏文. 筋ジストロフィーのbest supportive care. 日本小児科学会雑誌116: 655-665, 2012
7) 小牧宏文(編集委員会副委員長). デュシェンヌ型筋ジストロフィー診療ガイドライン2014. 南光堂. 東京. 2014年6月
8) 小牧宏文(編集).小児筋疾患診療ハンドブック.診断と治療社.東京.2009年4月

著書

1) 小牧宏文(編集).小児筋疾患診療ハンドブック.診断と治療社.東京.2009年4月
2) 小牧宏文(編集委員会副委員長). デュシェンヌ型筋ジストロフィー診療ガイドライン2014. 南光堂. 東京. 2014年6月

その他

  • 【受賞】2008/5/18 第50回日本小児神経学会総会優秀ポスター賞(P-010)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師