S200x200 cac388e4 0396 441b a29f 94d4dabf6df1

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 部長

松本 俊彦 先生

専門分野

薬物依存症、自殺予防

紹介

精神科医として薬物依存症や自傷行為に苦しむ患者と向き合い、診療や研究に取り組んでいる、この分野の第一人者。世田谷区の自殺対策連絡協議会会長、ならびに中央区の自殺対策連絡協議会委員長などを務める一方、患者さんやご家族向けの執筆や講演会も多数行い、地域の精神保健に力を注いでいる。

略歴

1993年 佐賀医科大学医学部卒業
1993年 横浜市立大学医学部附属病院研修医
1995年 国立横浜病院精神科シニアレジデント
1996年 神奈川県立精神医療センター 医師
2000年 横浜市立大学医学部附属病院精神科助手
2003年 横浜市立大学医学部精神医学教室医局長
2004年 国立精神・神経センター精神保健研究所 司法精神医学研究部 専門医療・社会復帰研究室長
2007年 同研究所 自殺予防総合対策センター 自殺実態分析室長
2008年 同研究所 薬物依存研究部室長を併任
2010年 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 自殺予防総合対策センター副センター長/薬物依存研究部 診断治療開発研究室長
2015年 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部 部長/自殺予防総合対策センター 副センター長

所属学会・資格・役職など

精神科専門医・指導医、精神保健指定医、精神保健判定医

日本アルコール・薬物医学会 理事
日本精神科救急学会 理事
日本青年期精神療法学会 理事
日本依存神経精神科学会 評議員
日本司法精神医学会 評議員
日本社会精神医学会 評議員
日本アルコール・アディクション学会 理事
日本社会精神医学会 理事

受賞・著書・論文など

2011年12月 第17回犯罪学会学術奨励賞
2006年2月  第2回精神科治療学優秀論文賞

主著として、「薬物依存の理解と援助」(金剛出版, 2005)、「自傷行為の理解と援助」(日本評論社, 2009) 、「アディクションとしての自傷」(星和書店, 2011)、「薬物依存とアディクション精神医学」(金剛出版, 2012)、「自傷・自殺する子どもたち」(合同出版, 2014)、「アルコールとうつ、自殺」(岩波書店, 2014)、「自分を傷つけずにはいられない」(講談社, 2015)、「もしも「死にたい」と言われたら――自殺リスクの評価と対応」(中外医学社, 2015)、「よくわかるS

2011年12月 第17回犯罪学会学術奨励賞
2006年2月  第2回精神科治療学優秀論文賞

主著として、「薬物依存の理解と援助」(金剛出版, 2005)、「自傷行為の理解と援助」(日本評論社, 2009) 、「アディクションとしての自傷」(星和書店, 2011)、「薬物依存とアディクション精神医学」(金剛出版, 2012)、「自傷・自殺する子どもたち」(合同出版, 2014)、「アルコールとうつ、自殺」(岩波書店, 2014)、「自分を傷つけずにはいられない」(講談社, 2015)、「もしも「死にたい」と言われたら――自殺リスクの評価と対応」(中外医学社, 2015)、「よくわかるSMARPP――あなたにもできる薬物依存者支援」(金剛出版, 2016)など。

続きを見る

所属している医療機関

国立精神・神経医療研究センター病院

東京都小平市小川東町4丁目1-1
西武鉄道多摩湖線「萩山駅」 南口 西武鉄道拝島線も利用可 徒歩7分
JR武蔵野線「新小平駅」 徒歩10分

受付時間

  • 曜日
  • 受付時間
  • 面会時間

※ 予約制 紹介状持参推奨 初診予約はFAXでの受付(一部診療科除く) 診療日時は科により異なる

松本 俊彦 先生の記事