新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立精神・神経医療研究センター病院  第一精神診療部

日本精神神経学会 会員 日本老年精神医学会 会員 日本認知症学会 会員

横井 優磨 よこい ゆうま 先生

認知症発症前を含む認知症の各ステージにおける精神・行動症状と認知機能や生活機能について臨床・研究双方の立場から新しい・適切な介入について取り組んでいる。また認知行動療法の枠組みを取り入れた介護者に対する認知症の理解、精神的介護負担解消のための介入についても実践や研究を行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科
  • 老年精神医学(認知症)

資格・学会・役職

日本精神神経学会 会員
日本老年精神医学会 会員
日本認知症学会 会員
  • 国立精神・神経医療研究センター病院  第一精神診療部
  • The Alzheimer's Association International Society to Advance Alzheimer's Research and Treatment (ISTAART) 会員
  • 精神保健指定医 保有

所属病院

NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

  • 内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 消化器科 循環器科 小児科 整形外科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 脳神経内科
  • 東京都小平市小川東町4丁目1-1
  • 西武多摩湖線 萩山 南口 西武鉄道拝島線も利用可 徒歩7分 JR武蔵野線 新小平 徒歩10分
  • 042-341-2711
公式ウェブサイト
NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

医療記事

来歴等

略歴

2004年 東京医科歯科大学医学部卒業
2006年- 国立国際医療研究センター病院精神科レジデント
2007年- 国立病院機構さいがた病院精神科医員
2011年- ジョンズ・ホプキンス大学老年精神医学教室ポストドクトラルリサーチフェロー
2013年- 国立精神・神経医療研究センター病院精神科医員

論文

1. Yokoi Y, Narita Z, Sumiyoshi T. Transcranial Direct Current Stimulation in Depression and Psychosis: A Systematic Review. Clin EEG Neurosci. 2017 Sep 1:1550059417732247. doi: 10.1177/1550059417732247. [Epub ahead of print] PMID: 28929795.
2. Yokoi Y, Sumiyoshi T. Application of transcranial direct current stimulation to psychiatric disorders: trends and perspectives. Neuropsychiatric Electrophysiology. 2015;1(10):1-11. doi: 10.1186/s40810-015-0012-x
3. Yokoi Y, Misal M, Oh E, Bellantoni M, Rosenberg PB. Benzodiazepine discontinuation and patient outcome in a chronic geriatric medical/psychiatric unit: a retrospective chart review. Geriatr Gerontol Int. 2014 Apr;14(2):388-94. doi: 10.1111/ggi.12113.
4. Narita Z, Yokoi Y. Transcranial direct current stimulation for depression in Alzheimer's disease: study protocol for a randomized controlled trial. Trials. 2017 Jun 19;18(1):285. doi: 10.1186/s13063-017-2019-z. PubMed PMID: 28629447; PubMed Central PMCID: PMC5477338.
5. Narita Z, Yokoi Y. Comentary: Transcranial direct current stimulation for depression in Alzheimer’s disease: study protocol for a randomized controlled trial. J Neurol Neuromed. 2017; 2(7): 21-23.
6. Araki W, Hattori K, Kanemaru K, Yokoi Y, Omachi Y, Takano H, Sakata M, Yoshida S, Tsukamoto T, Murata M, Saito Y, Kunugi H, Goto YI, Nagaoka U, Nagao M, Komori T, Arima K, Ishii K, Murayama S, Matsuda H, Tachimori H, Araki YM, Mizusawa H. Re-evaluation of soluble APP-α and APP-β in cerebrospinal fluid as potential biomarkers for early diagnosis of dementia disorders. Biomark Res. 2017 Sep 22;5:28. doi: 10.1186/s40364-017-0108-5. eCollection 2017. PubMed PMID: 29018524; PubMed Central PMCID: PMC5610422.
7. Sone D, Imabayashi E, Maikusa N, Okamura N, Furumoto S, Kudo Y, Ogawa M, Takano H, Yokoi Y, Sakata M, Tsukamoto T, Kato K, Matsuda H. Regional tau deposition and subregion atrophy of medial temporal structures in early Alzheimer's disease: A combined positron emission tomography/magnetic resonance imaging study. Alzheimers Dement (Amst). 2017 Aug 4;9:35-40. doi: 10.1016/j.dadm.2017.07.001. eCollection 2017. PubMed PMID: 28856235; PubMed Central PMCID: PMC5562105.
8. 山﨑龍一, 横井優磨. (2018). 抗認知症薬はいつまで続けるべきなのか. 臨床精神薬理, 21(1):67-75.
9. 横井優磨. (2016). 認知症における抗認知症薬の減薬, 中止の仕方. 精神科= Psychiatry, 29(3), 250–255.
10. 横井優磨. (2016). 行動心理症状(BPSD)とその対応. Clinical Neuroscience, 34(9), 1044-1045.
11. 田島美幸, 横井優磨, 蟹江絢子, 原祐子, 樫村正美, & 堀越勝. (2016). 認知症の地域ケアに対する認知行動療法の応用. 精神科治療学, 31(2), 185–190.
12. 横井優磨, 水澤英洋. (2018). 認知症の現在と未来. 臨牀と研究. (in press).

その他

  • 【受賞】 2017年度日本精神神経学会国際学会発表賞 個人発表部門

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師