高久 史麿 先生のプロフィール

高久 史麿 先生

たかく ふみまろ

高久 史麿 先生

公益社団法人地域医療振興協会 会長 / 日本医学会 前会長

専門分野

血液学

紹介

公益社団法人地域医療振興協会 会長 / 日本医学会 前会長。1954年東京大学医学部卒業後、シカゴ大学留学などを経て、自治医科大学内科教授に就任、同大学の設立に尽力する。また、1982年には東京大学医学部第三内科教授に就任し、選挙制度の見直しや分子生物学の導入などに力を注ぐ。1971年には論文「血色素合成の調節、その病態生理学的意義」でベルツ賞第1位を受賞、1994年に紫綬褒章、2012年には瑞宝大綬章を受賞する。

略歴

1954年 東京大学医学部医学科卒業
1972年 自治医科大学内科教授
1982年 東京大学医学部第3内科教授
1988年 東京大学医学部長
1990年 国立病院医療センター院長
     東京大学第3内科教授兼任
     自治医科大学副学長(非常勤)兼任
1993年 国立国際医療センター総長
1995年 東京大学名誉教授
1996年 自治医科大学学長
     国立国際医療センター名誉総長
1991年 公益社団法人地域医療振興協会 理事
1997年 公益社団法人地域医療振興協会 会長
2004年 日本医学会会長

所属学会・資格・役職など

医学博士
【所属学会】
日本血液学会 
日本癌学会 
日本内科学会 
日本免疫学会

受賞・著書・論文など

【受賞】
昭和46年 ベルツ賞第1位(論文「血色素合成の調節その病態生理学的意義」)
昭和56年  日本医師会医学研究助成費
平成 元年 日本医師会医学賞
      武田医学賞
平成 3年  上原賞
      持田記念医学学術賞
平成 6年  紫綬褒章
      井上春成賞
平成11年  日本医師会最高優功賞
平成13年  日本癌学会 長與賞
平成24年  瑞宝大綬章
平成28年  トーマス・ジェファーソン大学 Honorary Degree
【著書】
「血液疾患の生化学」南山堂、1970年
「血液病学、医学書院」1978年
「バイオテクノロジーと医療」東京大学出版会、1987年
「白血病・悪性リンパ腫」南山堂、1988年   他多数
【主な論文】
Fumimaro Takaku et al. Effect of the Bilateral Section of the Splanchnic Nerve on Erythropoiesis. Nature.1961;191,500-501.
Fumimaro Takaku et al.A point mutation at codon 13 of the N-ras oncogene in myelodysplastic syndrome. Nature.1987;3

【受賞】
昭和46年 ベルツ賞第1位(論文「血色素合成の調節その病態生理学的意義」)
昭和56年  日本医師会医学研究助成費
平成 元年 日本医師会医学賞
      武田医学賞
平成 3年  上原賞
      持田記念医学学術賞
平成 6年  紫綬褒章
      井上春成賞
平成11年  日本医師会最高優功賞
平成13年  日本癌学会 長與賞
平成24年  瑞宝大綬章
平成28年  トーマス・ジェファーソン大学 Honorary Degree
【著書】
「血液疾患の生化学」南山堂、1970年
「血液病学、医学書院」1978年
「バイオテクノロジーと医療」東京大学出版会、1987年
「白血病・悪性リンパ腫」南山堂、1988年   他多数
【主な論文】
Fumimaro Takaku et al. Effect of the Bilateral Section of the Splanchnic Nerve on Erythropoiesis. Nature.1961;191,500-501.
Fumimaro Takaku et al.A point mutation at codon 13 of the N-ras oncogene in myelodysplastic syndrome. Nature.1987;327,430-432.
Fumimaro Takaku et al.Identification of angiogenic activity and the cloning and expression of platelet-derived endothelial cell growth factor. Natue.1989;338,
557-562. 他多数

続きを見る

高久 史麿 先生 の記事