新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

チアゾリジン薬を処方された時に気をつけること

チアゾリジン薬を処方された時に気をつけること
宮川 高一 先生

医療法人社団ユスタヴィア理事長 クリニックみらい国立院長

宮川 高一 先生

菅野 一男 先生

医療法人社団桜一会かんの内科院長

菅野 一男 先生

貴田岡 正史 先生

イムス三芳総合病院 内分泌内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター長

貴田岡 正史 先生

  • チアゾリジン薬はインスリン抵抗性を改善する、すなわちインスリンの働きを良くする薬剤です。
  • 多くの2型糖尿病の患者さんは肥満であり、肥満はインスリン抵抗性の原因になります。
  • チアゾリジン薬は脂肪組織や筋肉に働きかけることによって、インスリン抵抗性を改善して、インスリンの働きを良くします。

ピオグリタゾン(アクトス®)という薬です。

チアゾリジン薬は体重増加を招くので、食事療法、運動療法をしっかりと行うことが大切です。

また、チアゾリジン薬の副作用として、「むくみ」が出てくることもあります。
これは、インスリンの塩気を体に入れる作用によるもので、「むくみ」が出るのはインスリン抵抗性を改善させて、効いている証拠でもあります。
「むくみ」が出てきた際には、塩分摂取を控えめにするようにしましょう。

チアゾリジン薬を高用量で飲み続けることにより、膀胱癌を起こすリスクが報告されましたが、現在は否定的と考えられています。

海外では女性の骨折リスクの上昇が報告されています。

受診について相談する
  • 医療法人社団ユスタヴィア 理事長 、クリニックみらい国立 院長

    宮川 高一 先生

  • かんの内科 院長

    菅野 一男 先生

  • 医療法人社団 明芳会 イムス三芳総合病院 内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター センター長

    貴田岡 正史 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。