新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

放射線治療の方法―内部照射について

放射線治療の方法―内部照射について
永野 尚登 先生

湘南藤沢徳洲会病院 放射線科 主任部長

永野 尚登 先生

放射線治療は大きく2つに分けられます。

  • 外部照射:体の外から放射線を当てていくこと
  • 内部照射:体の内側からがんやその周辺に放射線を当てていくこと

今回は、内部照射についてお話していきます。

内部照射は、身体の中に治療用の器具を挿入して放射線の線源を通しながら実施します。治療用器具から、対象となるがんに集中して放射線を照射していきます。この内部照射は、子宮頸がんに対してよく用いられます。

内部照射も、周囲の正常組織に放射線を照射することなく行える局所治療です。金属の針を1本か2本刺すだけでもできるため、究極の局所治療と言えるでしょう。たとえば、子宮頸がんが膣壁に再発したときには、そこに金属針を刺して組織内照射をしていきます。

この治療の難点は、針のセットの費用が高いため、行える施設がほとんどないことです。私が所属する施設では、現在は機材がないため内部照射は行っていません。この治療が必要な場合は、機材のある他の施設(西徳州会病院など)で行っています。

内部照射の特長は、がんがある部分に対して、集中的に高い線量で放射線を照射していくことができる点です。さらに、正常なほかの臓器への照射線量を抑えていくこともできます。しかし、からだの中に線源を入れることのできるがんにしか放射線を当てられない点はデメリットです。たとえば、遠く離れた位置にあるリンパ節転移などの治療には用いることができません。

内部照射は週に1回ずつ、数回に分けて行っていきます。また、実際に治療を開始する前に事前の診察を行います。ここでは、治療用の器具がきちんと安全に挿入することができるかを見ていきます。

・子宮の中などに治療用器具を挿入するときには、痛みを感じることがあります。このため、治療を開始する前に痛み止めの座薬を用いることがあります。

・治療は専用の治療室で行います。

・まずは治療用器具を挿入します。子宮頸がんの場合には、子宮の中に治療用器具を挿入します。膣の中にガーゼをつめることにより、治療用器具を固定します。コンピュータを用いて治療計画を立て、必要な放射線量を計算します。

・実際の放射線の照射時間は10~20分程度です。照射中には治療室の中にはほかの人は入ることができません。治療の開始から終了までは合計しておよそ1時間程度かかります。

・照射中には、特に痛みなどはありません。

※この内部照射と外部照射を組み合わせて治療を行っていくこともあります。

 

記事1:放射線治療とは―目的、メカニズム、準備
記事2:放射線治療の方法―外部照射について
記事3:放射線治療の方法―内部照射について
記事4:放射線治療のメリットと効果
記事5:少なくなりつつある放射線治療の副作用と有害事象
記事6:放射線治療の副作用―急性期の具体的な副作用
記事7:放射線治療中の日常生活―注意すべきこと
記事8:放射線治療中の日常生活―皮膚の副作用と皮膚ケアについて

受診について相談する
  • 湘南藤沢徳洲会病院 放射線科 主任部長

    永野 尚登 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。