インタビュー

前立腺肥大症とは―50歳を過ぎての排尿トラブルは前立腺肥大症かも?

前立腺肥大症とは―50歳を過ぎての排尿トラブルは前立腺肥大症かも?
田部井 正 先生

横須賀共済病院 泌尿器科

田部井 正 先生

吉田 実 先生

衣笠病院 主任医長

吉田 実 先生

年齢とともに多くなり、排尿障害などを引き起こす前立腺肥大症。前立腺肥大症とはどんな病気なのか、症状、検査方法についてご説明します。衣笠病院の吉田実先生ご監修のもと、横須賀共済病院 泌尿器科の田部井正先生にお話をうかがいました。

前立腺肥大症ってどんな病気?

前立腺(ぜんりつせん)は男性の膀胱の下、直腸よりおなか側にある臓器で、精液を作り出す際に関わります。前立腺は膀胱に隣接していて、尿道を取り巻くような構造をしています。そのため前立腺が大きくなることにより、排尿にまつわる種々の症状をきたすことがあります。

前立腺肥大症の原因としては男性ホルモンが強く関係しています。男性ホルモンの働きが衰え始める40代後半のころから前立腺は大きくなり始め、年齢とともに大きくなりますが、その大きさや形に個人差があるため、人によって排尿時の不快な症状がみられるようになります。このような症状が出た時に、前立腺肥大症と呼ばれます。

前立腺肥大症

前立腺肥大症

前立腺の大きさと自覚症状とは必ずしも一致しないため、自覚症状の有無が治療を行うかどうかの一つの判断基準になります。また、前立腺肥大症と非常によく似た症状の病気として過活動膀胱があげられますが、この過活動膀胱が前立腺肥大症と同時に起こっていることもよくあります。

前立腺肥大症の患者さんによくある心配事として、前立腺がんになるのではないかという問題がありますが、前立腺肥大症と前立腺がんとは全く別の病気で、前立腺肥大症があることで前立腺がんになりやすくなるということは一切ありません。ただし、前立腺がんが進行すると前立腺肥大症とよく似た症状が出ることがあるので、前立腺がんがないかどうかの検査を一度は行っておいたほうがいいでしょう。

前立腺肥大症の症状は?

主な症状としては、以下が挙げられます。

  • 排尿困難(おしっこが出にくい)や尿閉(おしっこが全くでない):大きくなった前立腺が中を通っている尿道を圧迫して尿道が狭くなってしまうために生じる
  • 頻尿(おしっこが近い)や尿意切迫感(突然おしっこに行きたくなる):大きくなった前立腺が膀胱を圧迫して膀胱が刺激されるため、あるいはおしっこが出にくくなることで膀胱が普段より余計に一生懸命働こうとしたために生じる
  • 残尿感(おしっこが残った感じ)
  • 尿失禁(おしっこを漏らしてしまう)

など

前立腺肥大症のある方はお酒や風邪薬を飲むと突然おしっこが全く出なくなってしまうことがあるので注意が必要です。また、風邪薬以外にもおしっこが出にくくなる副作用のある薬剤は何種類もあるので、他の疾患で医療機関を受診した時は前立腺肥大症があることを主治医にお知らせください。

前立腺肥大症の検査方法

前立腺肥大症では、以下のような検査を行います。

  • 直腸診:肛門から指を入れて前立腺を触診し、大きさや硬さなどを調べます。
  • 血清前立腺特異抗原(PSA)測定:PSAを測定することで前立腺がんがないかどうかを調べますが、PSAの値は前立腺肥大でも高くなることがあるため、この数値の上昇がすぐさま前立腺がんを意味するものではありません。
  • 超音波検査(経直腸的、経腹的):前立腺の大きさや形、膀胱の形などを調べます。
  • 尿流測定:おしっこの勢いを測定する機械です。残尿測定を同時に行うことが多いです。
  • 残尿量測定:超音波をおなかにあてて、残尿量を推定します。

以前は尿道に造影剤を注入してレントゲンを撮る尿道造影検査がよく行われていましたが、痛みを伴う検査なので、現在は薬物療法で効果が全く見られないなどの、ごく限られたケースのみで行われています。

記事1:前立腺肥大症とは―50歳を過ぎての排尿トラブルは前立腺肥大症かも?
記事2:前立腺肥大症の治療方法とは 薬物療法にはどのような種類がある?
記事3:前立腺肥大の手術 様々な手術はどのように行うか?