新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

ジストニアの症状 ・診断

ジストニアの症状 ・診断
平 孝臣 先生

東京女子医科大学 脳神経外科

平 孝臣 先生

記事1:ジストニアとは」ではジストニアの概要や種類についてお伝えしました。ここでは症状や診断方法について東京女子医科大学 脳神経外科の平孝臣先生にお話し頂きました。

・首が上や下、左や右に傾く

・首がねじれる

・足がねじれる

・身体が歪む

・まぶたが勝手に閉じようとする

・口が開いたままで閉じられない、閉じたままで開けられない

・唇が突き出る、あごが左右や前にずれる

・舌がくねくね動く、口の外に出る

・声が出ない、出しにくい

・鉛筆や箸が持てない、持ちにくい

・字が書けない、書きにくい

・ピアノ・ギターなど特定の楽器が弾けない、弾きにくい

※参照:NPO法人ジストニア友の会

・定型性…異常な姿勢または運動パターンが、患者さんによって程度の差はあっても一定であること。ジストニアの基本的な特徴でもある。

・動作特異性 …特定の動作や環境によってジストニアの症候が出現,増悪する現象である。書痙や音楽家のジストニアに多い。

・感覚トリック …特定の感覚刺激によってジストニアが軽快・増悪する行為・現象。

・早朝効果…起床時に症状が軽い現象。数十秒から数時間と持続時間には個人差が大きい。

・オーバーフロー現象…ある動作を行うと,その動作に不必要な筋が意図せず収縮し、ジストニアを発症する現象。

・フリップフロップ現象…ジストニアが何らかのきっかけで急に増悪・軽快すること。

頭部CT・MRI・脳波測定・筋電図・血液検査などを行うが、顕著な反応が見られないことも多い。

 

受診について相談する
  • 東京女子医科大学 脳神経外科

    平 孝臣 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「ジストニア」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。