【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 4122d974 0fbd 47bb 8d35 61cbeff2c67f
ジストニアの今後について
患者さんを思うがゆえの手術法は「記事5:ジストニアの熱凝固手術について」でお伝えしました。ここでは、ジストニアを取り巻く現状と今後について東京女子医科大学脳神経外科の平孝臣先生にお話し頂きました...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

ジストニアの今後について

公開日 2016 年 04 月 14 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

ジストニアの今後について
平 孝臣 先生

東京女子医科大学 脳神経外科

平 孝臣 先生

患者さんを思うがゆえの手術法は「記事5:ジストニアの熱凝固手術について」でお伝えしました。ここでは、ジストニアを取り巻く現状と今後について東京女子医科大学 脳神経外科の平孝臣先生にお話し頂きました。

ジストニア患者への偏見

例えば「書痙」は精神的な問題といわれてしまうこともあります

字を書く以外の動きは問題ないのですから、医師の立場からすると医学的な知識では説明がつかないのです。 ですから、患者さんの精神的な問題に収めてしまうわけなのです。

実際には、1980年代の初めには「書痙」は脳の中の回路の問題であるとわかっているのですが、30年以上経った現在でも、極度の不安神経症と定義づけ、催眠療法・心理療法で治そうとされる方もいます。そのため、外科治療で治せる病気なのに、精神的に問題があるとして、患者さんが偏見にさらされているのは事実です。

ジストニア患者の今後

ジストニアは原因が不明な場合が多くを占めるので、新しい画期的な薬が生まれることはこの10~20年はないでしょう

30年前と同じ薬を今も使っていますが、投薬だけでは治りません。

手のジストニアの場合ボトックス注射を行うことが主流ですが、日本では手のジストニアには保険は適用されません。また、ボトックス注射を行うとなると、どこの筋肉に注射すべきか細かく調べなければいけないですし、注射を過度に行うと手が動かなくなってしまいますし、細かい機微が求められる非常に難しい治療です。そのため、医師はしっかりと勉強しないといけないので、ボトックス注射をしてくれる医師は非常に限られてしまっています。また例えば書痙の場合、ボトックス注射を行うと現在に比べ約40~50%症状は改善されますが、根本治療ではないので100%改善されることはありません。

新しい治療法

約10年前から「MRI下集束超音波治療」という新しい治療を始めました

この治療法は1024個のエレメント(超音波が出る機械)が付いたヘルメットを患者さんがかぶり、MRIの中に入ってもらい、アプローチしたい部位に向けて超音波を照射することで、部位が熱凝固を起こし症状を改善させるという治療法です。ジストニアだけではなく、パーキンソン病・振戦も治療可能です。  

まずは振戦の治療で2年前から臨床研究を始めようやく終わったところです。現在、国際共同研究を行っていますが、論文発表の最後の段階であり、倫理委員会によって書痙・音楽家ジストニアに適用してもよいと審査が通過したところです。この治療法についての改良点はまだありますが、期待できる治療法であると思っています。 

ジストニア治療の課題

ジストニアの外科的治療は大変難しいので、医師はかなり勉強しないといけません。また、治療にはリスクを背負います。ですから、志願される医師も少ないのが現状です。また、原因不明な病気であるため、ジストニア自体を知らない医師も多いです。この2点がネックとなりジストニアの外科手術に携わる医師が、数を数えるくらいしかいません。

実際我々は、治療を待っている患者さんのために、休日を返上して治療を行っています。しかし我々のリソースにも限界があります。医療の仕組みを変えないと現状も変わらないままでしょう。我々医師と患者さんが共に、環境の改善を少しずつでも行っていくべきであると思います。

今でも内科的治療がバックボーン基本であるというように考えられていますが、それでは症状は完全には改善されませんし、患者さんも満足されません。ジストニアの治療には外科的手術治療が不可欠です。「患者さんを治したい。良好な経過をたどって欲しい。」そのために私はあえて外科治療を行い続けているのです。

 

日本の機能的脳神経外科を代表する脳神経外科医。特に難治性疼痛・痙縮・ジストニアなどの不随意運動の手術治療を専門としており、多数の手術を手掛け、海外でも多くの手術経験がある。国際学会の会長・役員を務め、200回近い国際学会での発表・講演を行うなど、国際的にも定評があり、海外からの手術見学や留学生も後を絶たない。

「遺伝性ジストニア」についての相談が10件あります

関連記事