新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

「子どもがけいれんした」「白目をむいた」「ガクガクしている」「ひきつけを起こした」「震えが止まらない」―こんなときの対処、緊急処置は?

「子どもがけいれんした」「白目をむいた」「ガクガクしている」「ひきつけを起こした」「震えが止まらない」―こんなときの対処、緊急処置は?
後藤 知英 先生

神奈川県立こども医療センター 神経内科科長

後藤 知英 先生

子どもがけいれんしたとき、すぐ救急車を呼ぶべきか、後遺症が残らないかなど、親御さんは不安になることが多いでしょう。今回の記事では、子どもがけいれんしたときによくある質問についてお答えします。引き続き、神奈川県立こども医療センター 神経内科科長の後藤知英先生にご回答していただきました。

けいれんの大部分は5分以内に治まりますので、けいれんがすぐに治まるならば慌てて救急車を呼ぶ必要はありません。

ただし、けいれんの原因はしっかりと確認するべきですから、病院を受診して医師に相談しましょう。

とはいえ、初めて子どもがけいれんを起こしたときは親御さんも動揺し、対応できなくなってしまうはずです。そのような場合は救急車を呼んでも構いません。

しかし、けいれん重積(詳細は記事1「子どもがけいれん、ひきつけを起こしたらどう対応する?救急車は呼ぶべき?」)に進行した場合など、けいれんが長時間になるほど脳に後遺症が残る可能性が高まります。けいれんが長引きそうな場合は医療機関でけいれんを止める必要があります。

一部の熱性けいれんにはてんかんが隠れていることもありますが、この場合も対応は通常、熱性けいれんと同じです。

熱がない状態でけいれんを起こす場合は、てんかんの可能性を考える必要があるため医師に相談しましょう。

初めて熱性けいれんを起こした年齢が1歳未満であった子どもは、熱性けいれんを生涯に2回以上繰り返す割合が高いといわれています。

しかし、実際に2回目のけいれんが起こるか否かを予測することは困難です。子どもが熱性けいれんを何度も繰り返すようであれば、医師とともに管理方針を考えていきます。熱のないけいれんを起こした場合は、原因を調べるため検査をします。原因がわかれば、それに合わせてけいれんを繰り返さないための対応を考えます。

親御さんが子どもと同じ部屋に一緒に寝ていれば、万が一子どもが夜中や就寝中にけいれんした場合でもたいてい気づくことができます。

また、けいれんが起こったときの正しい対応を知っていれば、慌てずに対応できます。まずは、冷静に子どもの様子を観察するよう意識しましょう。

 

「こどもの様子がおかしい」と思ったときは、日本小児科学会が運営する「こどもの救急(ONLINEQQ)」も参考にしてみてください。

 

【先生方の記事が本になりました】

受診について相談する
  • 神奈川県立こども医療センター 神経内科科長

    後藤 知英 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 神奈川県立こども医療センター 神経内科科長

    後藤 知英 先生の所属医療機関

    神奈川県立こども医療センター

    • アレルギー科血液内科精神科神経内科脳神経外科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科小児歯科麻酔科循環器内科
    • 神奈川県横浜市南区六ツ川2丁目138-4
    • 京急本線「弘明寺駅」 平戸桜木道路に出て弘明寺口バス停より神奈川中央交通バス乗車 こども医療センター下車 バス10分JR横須賀線「東戸塚駅」 東口 神奈川中央交通バス 井土ケ谷下町行き こども医療センター下車 バス16分
    • 045-711-2351
    S150x150 653e6fde dcc3 4d46 96f7 36efa5749c37

    関連の医療相談が5件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「熱性けいれん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。