【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 0c22ce34 94f8 423b 9556 192b05a82733
乳がんは手術して終わりではない-患者さんを長期的にサポートするために
乳がんは、女性特有のがんの1つです。近年では疾患の啓発が進み、検診を受ける方も増えてきたのではないでしょうか。乳がんは、がんの切除をすれば治療が完了するイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

乳がんは手術して終わりではない-患者さんを長期的にサポートするために

公開日 2017 年 05 月 23 日 | 更新日 2018 年 09 月 21 日

乳がんは手術して終わりではない-患者さんを長期的にサポートするために
河手 敬彦 先生

東京医科大学病院 乳腺科

河手 敬彦 先生

乳がんは、女性特有のがんの1つです。近年では疾患の啓発が進み、検診を受ける方も増えてきたのではないでしょうか。乳がんは、がんの切除をすれば治療が完了するイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、再発するケースがあるため、長く付き合っていく疾患であるといいます。

乳がんの患者さんの治療にあたってこられた東京医科大学病院 乳腺科の河手 敬彦先生は、乳がんの治療は患者さんやご家族の精神的なサポートにまで及ぶとおっしゃいます。特に近年は、医師のみならず、病棟スタッフ皆で乳がん患者さんやご家族をサポートすることを目指し、ご尽力されてこられたそうです。今回は、同病院の河手 敬彦先生に、乳がん患者さんへのサポートに関する取り組みや想いをお話いただきました。

乳がんは長く付き合う疾患である

乳がんは手術をすれば治療が終わるわけではない

乳がんは、手術をすれば治療が完了するような疾患ではありません。再発するケースもあり、長く付き合っていかなければならない疾患であると思います。もちろん手術によりがんを切除することは重要ですが、あくまでそれは局所治療に過ぎません。そのため、手術によりがんを綺麗にとり除くことができても、がんが再発する場合もあります。たとえば、片方の乳房ごとがんを切除した場合でも、もう片方の乳房にがんが再発することがあります。また、再発は全身のどこに発生するかわかりません。

術後の患者さんは定期的な検査が重要である

検査

そのため、私たちの病院では、手術によりがんを切除した患者さんには、手術を受けたほうの乳房を含め、年に1度のマンモグラフィとエコーを実施するようにしています。また、術後の患者さんには、定期的な人間ドッグの受診も有効であるでしょう。人間ドッグを受診し全身の検査をすることで、術後の全身の状態を評価し、体に問題がないことを確認できるからです。このような定期的な検査を含め、乳がんは長く付き合っていく疾患であると考えています。

乳がんの患者さんには精神的なサポートが重要である

乳がんが進行し、ほかの臓器に転移などして動けなくなり、体力の限界がきた最後に入院となることが多くあります。そのため、入院になったとしても、残された時間があまりない場合も少なくありません。

患者さんのどんな話も受けとめたい

患者さんと話す医師

そのような終末期では、精神的なサポートが非常に大きな役割を果たします。感覚的な話になってしまいますが、本当に言いたいことがあるときの患者さんの顔は、何となく違って見えます。その場合、何か言いたいことを言えずにいることが多いのです。たとえば、大きな話し合いが終わったあとに、患者さんに「本当は何か言いたいことがあったのではないか」と尋ねると、一気に話し出すような患者さんもいます。患者さんが不安を感じていてもそれを言えずにいる場合も少なくないのです。それは、ご本人にとって非常に辛い心情であると思います。私は、このように言いづらいことであっても、患者さんのどんな話でも聞きますし、受けとめるよう心がけています。

乳がんは家族へのサポートも必要である

また、乳がんは患者さんご本人だけでなく、患者さんのご家族へのサポートも必要であると考えています。それは、お話したように乳がんの闘病は長期間にわたることが多く、患者さんを支えるご家族も、不安や疲労を感じている場合が多くあるからです。そのため、私は患者さんだけでなくご家族とも積極的に話をするよう心がけています。患者さんのみならずご家族とも話をすることで、少しでも不安を軽減していただくことが大切です。

なぜ乳がんの治療では多職種の連携が重要であるのか

私は、お話したような乳がんの患者さんやご家族へのサポートには、多職種の連携が有効であると考えています。もちろん最初に患者さんやご家族と話をするのは外来主治医であるかもしれませんが、それ以降は必ずしも医師でなくても良いと考えています。たとえば、私たち医師が不在のときであっても、医師と同じように患者さんに関する情報を持つスタッフが病院に揃っていれば、患者さんやご家族は助けを求めやすく、安心につながるのではないでしょうか。

多職種によるカンファレンス

看護師やソーシャルワーカー、薬剤師など、とにかく病院のスタッフ皆でサポートをするという想いを感じてもらえる体制をつくっていきたいと思っています。そのため、入院された患者さんには、これらの職種のスタッフが積極的に介入するようにしています。そうして医師以外にも患者さんがいつでも助けを求めることができる体制を築くようにしています。

乳がんの患者さんは受け持った看護師を覚えている

中でも、患者さんにとって看護師は非常に身近で重要な存在であると思います。特に、乳がんの手術を受けるために入院する患者さんが最初に接するのは、看護師なのです。これは不思議なことですが、患者さんは、そのときに受け持った看護師を必ずと言っていいほど覚えています。たとえば、5年や10年後、がんが再発し入院した患者さんが、当時の看護師に再会すると喜んでくれることがあります。患者さんは乳がんが再発し辛いはずなのに、非常に嬉しそうにしてくれるのです。

それは、私たちの病院の看護師が、最初の入院の際に、親切に接することができていたからかもしれません。実際に、私たちの病棟の看護師には、患者さんの話を熱心に聞くことができる者が多くいます。治療方針の最終決定権は医師にあるかもしれませんが、患者さんの話を聞くなど患者さんの情報を取り入れることは、看護師をはじめスタッフ皆でやるべきであると考えています。

患者さんをケアする看護師

連携のために心がけていること

顔の見える関係を築く

お話してきたような連携を実現するため、私が最も心がけていることは、顔の見える関係づくりです。たとえば、私は病院内のソーシャルワーカーに直接会いに行き、話をします。患者さんの今の状態を共有することもありますし、患者さんに関してお願いがあれば直接話すようにしています。

また、私たちの病院にはがん治療を専門とする薬剤師がいます。抗がん剤治療やさまざまな症状のコントロールなど何でも相談できる体制が整っている点は大きな特徴でしょう。薬剤師とも常に話をし、情報を共有するようにしています。さらに、私たちの病院には乳がん看護を専門に担う乳がん看護認定看護師もおり、お話したように熱心に看護に当たる者が非常に多くいます。私たち医師側も看護師などスタッフから治療や患者さんのサポートに関して提案を受けた際には、きちんと聞くようにしています。また、真剣に患者さんのことを思い検討した結果であれば、その意見を取り入れることがほとんどです。

今後は多職種の外来カンファレンスも検討している

私は、将来的には、多職種による外来のカンファレンスを実現したいと考えています。それは、外来の患者さんは、様々な医師が診察にあたるため、情報の共有が非常に難しいという課題があるからです。たとえば、一週間ごとに患者さんを列挙し、主治医が持つ情報を医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどの多職種が集まり、ディスカッションできる場を設けたいと思っています。皆が患者さんに関する同じ情報を持った上で治療法を話しあうことができれば、連携がスムーズになります。患者さんにとっても、主治医だけではなくスタッフ皆が状況や治療法を把握している状態をつくることができれば、安心ではないでしょうか。

乳がんの患者さんが病院に足を運ぶ勇気を理解し迎えたい

私が医師になったばかりの頃、患者さんを自分の母親だと思い診察するよう教えられました。私はその教えを現在も大切にしています。ちょうどその頃、自分の母親くらいの年齢の患者さんが多かったこともありますが、患者さんが自分の母親だったらどのような治療をしてほしいと思うか、常に考え医師を続けてきました。それくらい患者さんを大切な存在として考えています。

河手先生

また、スタッフには「乳がんの患者さんが病院に来ることは、非常に勇気が必要なことである」と伝えています。それは、検診で異常が見つかり病院に行くこと自体、非常に緊張し不安を伴う行為であると思うからです。スタッフには、そのような心情を理解した上で、患者さんを迎えてほしいと伝えています。お話してきたように、私たちの病院では、医師のみならず皆で患者さんをサポートする体制を心がけていますし、今後さらに強化する予定です。

 

治療ガイドラインは日本乳癌学会HPで

乳癌学会

 

2008年に東京医科大学医学部を卒業後、東京医科大学乳腺科にて後期臨床研修医を終了。その後、複数の病院の乳腺科や乳腺外科にて経験を積み、2016年より東京医科大学病院の乳腺科にて乳腺疾患の治療にあたっている。

「乳がん」についての相談が12件あります

関連記事