S414x320 f78d099f 728b 4023 ad6b cbff12b20f97

ニュース

公開日 : 2017 年 09 月 14 日
更新日 : 2017 年 09 月 14 日

核医学の将来を見据えて-アジア・オセアニアで国際共同治験を行っていく時代に

1990年代後半、がん診療の現場でPET検査が行われるようになり、核医学は日本において飛躍的な進歩を遂げました。今後はアルツハイマー型認知症の検査に核医学の技術が応用できるのはないかと、第57回日本核医学会学術総会(2017年10月)大会長の井上登美夫先生はおっしゃいます。井上先生はこの学会において、核医学の対象症例が絞り込まれていく傾向にある今、アジア・オセアニア諸国が手を携えて臨床試験や治験を行っていく必要があることを訴えかけていきたいと語ります。衰退と隆盛を繰り返す核医学のこれまでと将来の見通し、さらには第57回日本核医学会学術総会において焦点を当てたいアジア・オセアニア全体の課題について、井上先生にお伺いしました。

がん診療の現場でPET検査が行われるようになる

PET検査

記事1『核医学検査の歴史-CTやMRIの登場により放射線画像診断はどう変わったか?』では、1970年代~80年代に隆盛を極めた核医学検査についてお話ししました。続く1990年代に入ると、多方向から同時に放射線を放出して断層映像を得られるPET検査装置が、特にがん診療の現場で用いられるようになりました。

FDG-PETが研究の域を出るまで

PET装置自体は、既に1980年代から存在していました。しかしながら、PET装置を用いた核医学検査はあくまで「研究の域」を出ることはなく、当時私が在籍していた群馬大学においても、もっぱら脳のFDG-PET検査を基礎研究として行っていました。FDG(フルオロデオキシグルコース)とはブドウ糖の集積をみるために使用されるPET検査薬のことです。

1980年代当時は、医療技術だけでなくコンピュータ技術など、何もかもが現在に比べて未成熟な状態にありました。そのため、FDGを作るために必要な機器にもしばしばトラブルが起こっていたものです。

PET装置で全身像の撮影が可能に

ところが1990年前後にコンピュータ技術が飛躍的な革新を遂げ、カメラの開発も進んだことで、1990年代にはPET装置により全身の画像を撮ることができるようになりました。

さらに、FDGが脳の病変だけでなくがんにも集積することが証明され、基礎研究や動物実験により安全性も確認されたため、人に対するがんの領域でも臨床応用が始められたのです。

「薬剤とカメラ」のセットが核医学を進歩させた

ここまでに述べてきたように、新たな薬剤と新たなカメラは時代に応じてセットで登場し、核医学の世界を進歩させてきました。

私が医師となった1970年代後半にはアンガー型ガンマカメラとテクネチウムジェネレータが核医学の中核をなしていましたが、1990年代には全身を撮影できるPETカメラとFDGががん診療領域で飛躍的に普及しました。

核医学の歴史は、ある技術の衰退期にまるで「救世主」のごとく新規技術が現れ続けたことにより、今日まで維持されてきたのだと感じています。

連載記事