新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

増える不妊治療 - どれくらいの割合の人が治療しているのか

増える不妊治療 - どれくらいの割合の人が治療しているのか
河村 寿宏 先生

田園都市レディースクリニック 理事長、東京医科歯科大学臨床教授

河村 寿宏 先生

自分たちは不妊なのではないかと疑い不妊検査をうけ、実際に不妊治療を開始する患者さんは、年々増加しています。不妊治療を受けている方の数をはっきりと表すデータはありませんが、排卵誘発剤、人工授精、体外受精、顕微授精などの不妊治療を受けている患者さんは、10年以上前の2003年の段階で、推定で46万6,900人ほどだといわれています。

不妊治療を受ける方の割合について、田園都市レディースクリニック理事長の河村寿宏先生にお聞きしました。

不妊症の方が、現状どのくらいの数がいるのか、はっきりとしたデータはわかっていません。しかし、2003年厚生労働科学特別研究「生殖補助医療技術に対する国民の意識に関する研究」では、実際に不妊治療(排卵誘発剤、人工授精、体外受精、顕微授精、その他)を受けている方は、推計で46万6,900人(タイミング法も含めると56万1,500人)となっています。

この研究結果が報告された2003年から2015年の13年間で、日本における体外受精や顕微授精等の生殖補助医療の治療周期数*は、4倍以上に増加しています。また、この間、タイミング法などの一般不妊治療も増加していると考えられます。そのため、2017年時点で、実際に不妊治療を受けている患者数は2003年当時のそれを大幅に上回っていると予測されます。

不妊治療周期数…不妊治療では、1回の治療を1周期といいます。例えば、採卵をして受精卵を全て凍結し、翌周期に凍結胚を融解胚移植した場合、採卵周期で1回、凍結胚の融解胚移植周期で1回、合計2回=2周期の治療をした計算となり、これは治療を受けている患者数とは異なります。

国立社会保障・人口問題研究所の2015年の報告によると、「不妊を心配したことがある(または現在心配している)夫婦の割合は35.0%と以前に比べ増加しています。子どものいない夫婦では、55.2%となっています。

また、実際に不妊の検査・治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦は、全体で18.2%、子どものいない夫婦では28.2%、という結果でした。

日本の夫婦の約3組に1組は、自分たちは不妊ではないかと心配したことがあり、約6組に1組は、実際に不妊症の検査や治療を受けたことがあるのです。この調査結果から、不妊という状態は高頻度で起こっているということがわかります。そして、不妊症夫婦の割合は調査をするごとに増加傾向にあります。

 

不妊を心配した夫婦の割合

不妊検査・治療をした夫婦の割合

 

なお、受診を決めている方は以下予約専用ダイヤルにてお問い合わせいただけます。

≪田園都市レディースクリニック予約専用ダイヤル≫

受付時間:月〜金:9:00〜18:00 、土:9:00〜17:00 、日:休診

045-988-1124

  • 初診の方もこちらのお電話でご予約いただくことが可能です。
  • お問合わせの際はメディカルノートのこちらの記事を見た、とお伝えいただくとスムーズです。
受診について相談する
  • 田園都市レディースクリニック 理事長、田園都市レディースクリニック あざみ野本院 院長

    河村 寿宏 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「女性不妊」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。