S414x320 9ef57328 ea9b 4d5d a6e7 551cbb2c131d

疾患啓発タイアップ

公開日 : 2017 年 12 月 28 日
更新日 : 2017 年 12 月 28 日

体外受精の技術は年々進歩を遂げており、実際に生まれてくる子どもの数も増えてきているといいます。今回は、不妊治療の種類と、体外受精・顕微授精・凍結胚移植といった高度生殖医療(生殖補助医療)について、田園都市レディースクリニック理事長の河村寿宏先生にお話しいただきました。

不妊治療は何から始めるのか

女性不妊の治療には、

  • タイミング療法
  • 人工授精
  • 体外受精、顕微授精、凍結胚移植などの高度生殖医療(生殖補助医療)

などさまざまな方法があります。

両側卵管閉塞など、最初から体外受精を行うべき状態であれば当然それから開始しますが、通常は、タイミング法から始まり、人工授精、高度生殖医療(生殖補助医療)とステップアップしていく場合が多いです。

しかし、女性の年齢が30代後半から40代と高齢な場合は、早期の治療が望まれるため、初めから人工授精や高度生殖医療(生殖補助医療)を実施するケースもあります。

そして、上記の治療に併用して

  • 薬物療法(排卵誘発剤、漢方薬など)
  • 外科的治療

を行ったりするケースもあります。

男性の場合

男性不妊に対しては、薬物療法や必要に応じて手術療法を行います。また、生活習慣の改善にも効果が期待されています。

 

不妊症の治療 -体外受精胚移植(IVF-ET)について詳しくはこちら

タイミング法とは?

経腟超音波検査による卵胞や子宮内膜の計測、尿中LH、子宮頸管粘膜の状態の観察などによって排卵日を推測します。そして、性交を行う最適なタイミングを医師が指導することで、自然妊娠の確率を高める治療法です。

女性不妊のページへ

関連記事