じょせいふにん

女性不妊

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

まず、「不妊症」について説明します。生殖年齢の男女が妊娠を希望し、一年以上避妊せず夫婦生活を行なっているにもかかわらず、妊娠しない場合をさします。

なお、妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わないとされています。具体的には、卵管が閉塞しており、自然妊娠が極めて困難と考えられるケースでは、一年という期間を待たずに不妊症として積極的に治療を行う、などが挙げられます。

不妊症の原因は、女性因子と男性因子があり、ここでは女性因子である「女性不妊」を扱います。

また、不妊原因は女性に多いですが「男性のみ」「男女共にあり」の男性原因が約半数にものぼる点を知っておいてください。

原因

女性不妊の原因は、卵巣因子、卵管因子、子宮因子(頸管因子を含む)、免疫因子にわけられます。また、原因不明のものもあります。

症状

卵巣因子

卵巣因子の女性不妊には、主に排卵障害、黄体機能不全、卵巣予備能の低下があります。排卵障害の原因は多岐にわたり、ストレスや急激な体重減少なども原因となります。

多嚢胞性卵巣症候群

月経異常や不妊の主要な原因のひとつであり、アンドロゲン過剰、LH高値、卵巣の多嚢胞性変化が特徴です。他にも、肥満や男性化など多彩な症状を伴います。

不妊以外にも、2型糖尿病、メタボリックシンドローム、心血管疾患、脂肪肝などのリスクとなるため、それらの予防も重要となってきます。

高プロラクチン血症(乳汁漏出症)

ドーパミンを抑制する薬剤、プロラクチン産生腫瘍(プロラクチノーマ)、甲状腺機能低下症などの他に、原因不明のものもあります。ドーパミンはプロラクチンの放出を抑制するため、ドーパミンを抑制してしまうと、プロラクチンが増えます。

黄体機能不全

排卵後に黄体からプロゲステロンが分泌されることで、子宮内膜は受精卵が着床するために適したふかふかのベッドに変化して待ち受ける(子宮内膜細胞の脱落膜化変化)ことになります。

しかし、黄体機能不全ではプロゲステロンの分泌が不十分なため、適度な脱落膜化が起こらず着床障害を引き起こしたり、その後の流産につながったりする可能性があります。

卵巣予備脳の低下

主な原因は加齢ですが、その他に早発卵巣不全、子宮内膜症、卵巣手術、抗がん剤、X染色体の異常などで低下することがあります。

卵管因子

卵管因子の女性不妊とは、具体的に以下のものを指します。

  • 卵管の通過性を認めない卵管閉塞
  • 卵管通過性は認められるが、卵管周囲癒着などにより排卵後の卵子を取り込むことができない
  • 卵管機能障害により、配偶子や受精卵の卵管輸送ができない

など

子宮因子

子宮因子には、主に着床障害と頸管因子があります。

着床障害

子宮内腔に圧排し着床障害をきたす代表的な病気には、以下のものがあります。

  • 粘膜下筋腫
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮腔内癒着症(Asherman症候群)
  • 中隔子宮

粘膜下筋腫や内膜ポリープでは過多月経となる症例も多いです。

頸管因子

子宮頸管の狭窄(狭くなること)もしくは精子の頸管粘液不適合により、精子が侵入できず不妊となります。

特に子宮頸部異形成などによる円錐切除後は、子宮頸管が狭窄することや排卵期に分泌される頸管粘液が減少し、不妊となる傾向があります。

免疫因子

免疫性不妊症は、原因不明不妊症に多く含まれていると考えられています。代表的なものとして、精子に対する自己免疫もしくは同種免疫が報告されています。

女性では抗精子抗体に伴う頸管粘液不適合により、子宮頸管通過障害や受精障害が起きることがあります。男性では乏精子症や無精子症の原因となります。

原因不明

不妊の原因を精査しても見つからない原因不明不妊症は、不妊症の原因がないのではなく検査が不可能な不妊原因があるか、偶発的に妊娠できていないことが考えられます。

精査できない不妊原因

  • 卵管疎通性のある卵管機能障害
  • 受精障害
  • 器質的疾患のない着床障害

など

検査・診断

疑われる病気に応じた検査が行われます。たとえば、高プロラクチン血症が疑われる場合、問診でドーパミンを抑制するような薬物(抗精神病薬、抗潰瘍薬、降圧薬、エストロゲン製剤など)の服用があるかの確認することが重要とされます。

また、プロラクチンが50ng/ml以上の高値の場合には、頭部MRIを撮影し、下垂体腺腫の有無を確認します。

治療

卵管閉塞、無排卵症は不妊期間を問わず、妊娠のために医療介入が必要なため「絶対的不妊」と呼ばれます。

このほか、原因となっている病気に応じて以下に挙げるような治療や、妊娠のための介入が行われます。

卵巣因子

多嚢胞性卵巣

治療は、妊娠の希望があるか否かでやや異なります。どちらの場合も、肥満があれば減量が大切です。妊娠希望がない場合、周期的に月経を生じさせるためのホルモン療法を行います。妊娠希望がある場合は、排卵誘発剤を使用します。

高プロラクチン血症

治療は、ドーパミン作動薬を用います。下垂体腫瘍(プロラクチノーマ)の場合には、手術をすることもありますが、小さな腫瘍の場合にはドーパミン作動薬を使用し、経過を見ることもあります。

黄体機能不全

黄体補充や排卵誘発が行われます。

子宮因子

着床障害

過多月経をきたす粘膜下筋腫や内膜ポリープと診断された場合、子宮鏡などの手術療法を行う必要が生じることがあります。

頸管因子

子宮内に精子を注入する人工授精での妊娠が可能です。

原因不明

卵管機能障害や受精障害は、体外受精のような生殖補助医療(ART)で妊娠可能です。しかし、器質的疾患のない着床障害の場合、子宮局所もしくは全身における免疫異常などが考えられ、治療が困難なこともあります。

「女性不妊」に関連する他の記事
もっと見る