【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 5a5e8082 a653 43f7 b184 e8cceb4eaa32
夫婦で行う不妊治療−不妊症の原因と検査方法について
妊娠を望む男女が、1年以上避妊をせずに夫婦生活を行っているにもかかわらず妊娠しない状態を「不妊症」といいます。不妊症というと、女性のものというイメージを抱いている方は多いのではないでしょうか。し...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

夫婦で行う不妊治療−不妊症の原因と検査方法について

公開日 2018 年 11 月 30 日 | 更新日 2018 年 11 月 30 日

夫婦で行う不妊治療−不妊症の原因と検査方法について
湯村  寧 先生

横浜市立大学附属市民総合医療センター 生殖医療センター 部長 田園都市レディースクリニック

湯村 寧 先生

村瀬 真理子 先生

横浜市立大学市民総合医療センター 生殖医療センター担当部長

村瀬 真理子 先生

目次

妊娠を望む男女が、1年以上避妊をせずに夫婦生活を行っているにもかかわらず妊娠しない状態を「不妊症」といいます。不妊症というと、女性のものというイメージを抱いている方は多いのではないでしょうか。しかし、不妊症は女性側だけの問題ではなく、原因の半数近くは男性側にあることからも、不妊治療は夫婦で協力しながら行うことがとても大切です。

今回は、横浜市立大学附属市民総合医療センター生殖医療センターの部長である湯村寧先生(男性不妊担当)と担当部長である村瀬真理子先生(女性不妊担当)に、不妊治療についてお話を伺いました。

女性不妊症の原因

女性に原因があって妊娠ができない場合には、以下のような原因があると考えられます。ただし、あらゆる検査を行っても原因がわからない場合もあります。

  • 排卵障害
  • 卵管に問題がある
  • 子宮に問題がある
  • 頸管(けいかん)に問題がある
  • 抗精子抗体を持っている

などが挙げられます。

排卵障害

精子と結びつき受精卵となる卵子は、もともと卵胞とよばれる袋の中に入っています。その卵子は、毎周期ごとに1個だけが成熟して、卵胞から排出されます。これを「排卵」と呼びます。

排卵がうまくおこらないと無月経や月経不順となり妊娠しにくくなります。

卵管に問題がある

精子と卵子は、卵管の端で出会い受精卵になったあと、卵管内で成長しながら子宮に移動し着床します。このとき、受精卵の通り道である卵管が詰まっていたり、狭くなっていたりすると、受精卵が子宮へ移ることができず、妊娠が成立しません。

子宮に問題がある

子宮筋腫や子宮内膜ポリープがある方で、それが内側に突出したような形状になっていると妊娠を妨げてしまうことがあります。

頸管に問題がある

排卵時には、子宮の出口にある頸管(けいかん)から頸管粘液が産生され、精子が通りやすい状態になります。しかし、頸管粘液が十分に産生されなかったり、精子との相性がよくなかったりすると、精子が通過できなかったり、動きが悪くなってしまったりすることがあります。

抗精子抗体を持っている

精子を攻撃してしまう抗精子抗体を持っている方の場合、妊娠が難しい場合があります。

男性不妊症の原因

一方、男性側に何らかの問題がある不妊症では、以下のような原因が考えられます。

  • 造精機能障害
  • 性機能障害
  • 精路通過障害

などがあります。

原因の多くは造精機能障害

造精機能障害とは、精巣で精子を造る機能が低下しているために、精液中の精子の数が少なかったり、精子の動きが低下したりしている状態を指します。男性不妊症の約82.4%は造精機能障害が原因であるといわれています。

造精機能障害の発症原因は、約半数が不明です。また、造精機能障害の約30%を占めている原因としては、精索静脈瘤(精巣から出てくる静脈の一部がこぶ状に膨らむ病気)があります。精索静脈瘤があると、精巣の血流が滞ったり、精巣の温度が上昇したりすることで、精子の量や動きが悪くなる原因となります。

性機能障害

ED(勃起不全)や射精障害などの性機能障害も男性不妊症の原因です。男性不妊症の約13.5%の方が性機能障害であるといわれています。

精路通過障害

精巣から通じている精巣上体(副睾丸(ふくこうがん))や精管が閉塞している状態を指す通過障害が原因の場合もあります。通過障害は全体のおよそ3.9%です。

女性不妊症の検査方法

検査

月経周期に応じて検査を行う

女性の不妊症検査は、月経周期に応じて行います。

検査内容として、まずは問診超音波検査を行います。超音波検査では、卵巣の形状、子宮筋腫や卵巣嚢腫(のうしゅ)の有無などを確認します。また、卵胞がどれくらい育っているかをみて、いつ頃排卵するかの予測も超音波検査で行います。

月経3〜5日目には、排卵を司るホルモンが適切に分泌されているかどうかをみる採血検査を行います。

月経終了後から排卵までの間には、卵管がきちんと開通しているかどうかを調べる子宮卵管造影検査を行います。

また、排卵時期に行う検査としては、排卵時に多く分泌される頸管粘液の量や質などを調べる頸管粘液検査、フーナーテストがあります。

フーナーテスト(性交後試験)では、排卵日近くに夫婦生活を行っていただき、その翌日病院で頸管粘液内にきちんと精子が入っているかどうかを確認します。

排卵後5〜7日目には、着床を助ける黄体ホルモンが十分に分泌されているかどうかをみるために、採血によるホルモン検査を行います。

また、自費診療ではありますが、採血によって抗精子抗体の有無も調べます(横浜市立大学附属市民総合医療センターの場合、およそ7,000円)。2018年11月時点

このように、女性の場合は月経周期に応じた検査を行う必要があるため、すべての検査を行うのに、少なくとも1か月程度はかかります。また、1か月間の中でも、月経周期に応じて「この日に行わないといけない」という検査がいくつかあるため、何度か病院に来ていただく必要があります。

妊娠中のリスクを見る検査

女性の不妊治療のゴールは、妊娠成立ではなく出産です。

そのため、妊娠したあと無事に出産できるかどうかについても、不妊治療開始前に調べておく必要があります。

主な検査としては、まずは甲状腺ホルモン検査を行います。甲状腺機能異常は、早産や流産、胎児発育遅延、知能発育遅延と関連するためです。また、糖尿病があると、赤ちゃんに奇形が生じることがあるため、妊娠前に血糖値検査を行います。

そのほか、風疹抗体検査も行います。妊娠中に風疹にかかると、赤ちゃんが風疹ウイルスに感染して先天性風疹症候群を引き起こす危険性があります。すると、心臓疾患、難聴、白内障などの疾患を持って生まれてくることがあるため、風疹抗体価が十分でない場合には、妊娠前に風疹ワクチンを打っていただいています。

男性不妊症の検査方法

男性の場合、主に問診、精液検査、超音波検査、採血を行います。精液検査では、精液所見(精子の量、濃度、運動率、形態、感染の有無など)を確認します。

超音波検査では、精索静脈瘤の有無や精巣の大きさを調べます。無精子症(射精された精液の中に精子がいない状態)の方の場合には、陰嚢(いんのう)の中に、きちんと精管が通っているかどうかも超音波検査で確認します。

採血検査では、主に血液中の亜鉛の量を調べます。亜鉛は精子形成や発育にかかわっているため、亜鉛の量が少ない場合には、亜鉛製剤を処方することもあります。

当院では、これらすべての検査を1日で行っています。

引き続き、記事2『夫婦で行う不妊治療−具体的な治療法や費用について』では、不妊症の治療法についてお話を伺います。

 

不妊治療 (湯村 寧 先生・村瀬 真理子 先生)の連載記事

日本で50人弱しかいない泌尿器科生殖医療専門医の一人であり、男性不妊治療の専門家。横浜市の不妊相談などを担当し、男性不妊の啓発活動に努めている。横浜市立大学附属市民総合医療センターの生殖医療センター長を務める。同センターは泌尿器科に3名、婦人科に1名の生殖医療専門医がおり、夫婦一緒に治療を受けられる神奈川県内唯一の施設である。

1993年横浜市立大学医学部を卒業。その後、横浜市内の市中病院で産婦人科医としての経験を積む。2012年からは、横浜市立大学附属市民総合医療センター生殖医療センターに勤務。不妊治療、生殖補助療法に日々尽力している。

「不妊症」についての相談が10件あります

関連記事