【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 44a8d301 1f48 4baf 9785 8726df03e932
胚培養士になるには。胚培養士の役割や仕事内容を紹介
初婚年齢や初産年齢の上昇に伴い不妊症患者が増えるとともに、昨今不妊治療の必要性や知識は、徐々に一般へと浸透しつつあります。そして、不妊治療のなかでも高度生殖医療(生殖補助医療)を実施する患者さん...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

胚培養士になるには。胚培養士の役割や仕事内容を紹介

公開日 2017 年 12 月 28 日 | 更新日 2018 年 09 月 20 日

胚培養士になるには。胚培養士の役割や仕事内容を紹介
有地 あかね さん

田園都市レディースクリニック 培養室長

有地 あかね さん

河村 寿宏 先生

田園都市レディースクリニック 理事長、東京医科歯科大学臨床教授

河村 寿宏 [監修]

初婚年齢や初産年齢の上昇に伴い不妊症患者が増えるとともに、昨今不妊治療の必要性や知識は、徐々に一般へと浸透しつつあります。そして、不妊治療のなかでも高度生殖医療(生殖補助医療)を実施する患者さんは年々増加しています。しかし、その一方で、高度生殖医療において重要な役割を果たし、年々需要が高まっていく「胚培養士(はいばいようし)」の存在は、それほど広く知られていません。

そこで今回は、田園都市レディースクリニック理事長の河村寿宏先生と、田園都市レディースクリニック培養室長の有地(ありち)あかね先生に、高度生殖医療(生殖補助医療)を支える胚培養士の仕事や、有地先生が胚培養士を目指したきっかけ、やりがいについて教えていただきました。

胚培養士の仕事は高度生殖医療(生殖補助医療)と関係

不妊症の治療方法のうち、胚培養士の仕事が関係してくるのは、主に高度生殖医療(生殖補助医療)と呼ばれる分野です。

2017年9月に日本産科婦人科学会が発表したデータによると、2015年の1年間での生殖補助医療の治療周期数は42万周期を超えています。

また、年別に日本で、体外受精、顕微授精、凍結胚移植により誕生した子どもの数を示したものでは、2015年の1年間で、出生児数は51,000人を超えています。

凍結胚移植の周期数が最も多く、現時点で、日本で誕生しているいわゆる体外受精児の約8割が、凍結胚により生まれてきています。

これほどまでに、生殖補助医療で子どもを出産する患者さんが増えているため、生殖補助医療には欠かせない胚培養士の重要性も年々高まってきているのです。

胚培養士の仕事は、精子・卵子の体外での取り扱いが主になる

胚培養士の仕事には、①検卵、②精子精製、③媒精、④顕微授精、⑤受精確認・分割確認、⑥胚の凍結、⑦凍結胚の融解をあげることができます。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medicalnote.co.jp-production/uploads/ckeditor/pictures/1867/content_IMG_7056.JPG
培養室へは、入念な手洗いとエアーシャワーを通ってから入室する(提供:田園都市レディースクリニック)
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medicalnote.co.jp-production/uploads/ckeditor/pictures/1868/content_IMG_7083.JPG
顕微鏡をのぞきながら胚の状態を確認する胚培養士の姿(提供:田園都市レディースクリニック)

胚培養士の仕事① 検卵 

採卵室で採取した卵胞液中の卵子は「卵丘細胞(らんきゅうさいぼう)」と呼ばれる細胞に包まれており、顕微鏡で確認しながら胚培養士が卵子を回収します。回収された卵子は受精が行われるまでの間、インキュベーター(培養器)で保管されます。

胚培養士の仕事② 精子精製

採取した精液から不純物を取り除くほか、運動性の高い精子を集めるため遠心分離するなどの工夫をしています。

精液から不純物を取り除き、よい精子を選別する方法

田園都市レディースクリニックでは、体外受精や顕微授精に精子を使用する際、Pure Ceptionという、メディウム*を用いて、密度勾配遠心分離法*にて精子を選別しています。精液中の不純物は、その過程で、ART用異物除去フィルターにかける際と、遠心分離機にかける際に取り除くことが可能です。

密度勾配遠心分離法…上部から下部へ密度が大きくなる密度勾配を作っておき遠心機で遠心分離することで密度の異なる物質を分離させる方法。

メディウム…培養液のこと。

また、精子は成熟精子の細胞密度が最も高く、未成熟精子は細胞密度が低くなります。また、死滅した精子は細胞膜の透過性が変化し水分が細胞内に浸透するため、密度が低下します。そのため、Pure Ceptionを使って、精液を遠心分離することで、精液中の不純物、奇形精子、死滅精子、未成熟精子などを取り除くことができます。

胚培養士の仕事③媒精

精製した運動性の高い精子を卵子の入ったディッシュに入れ、自然に受精させます。

胚培養士の仕事④顕微授精

倒立顕微鏡を使用し、精製した精子のなかから運動性が高く形態のよい精子を1つ選び卵に注入していきます。ヒトの卵子は約0.1mm、精子は約0.06mmであり、顕微授精は、胚培養士の行う作業のなかでも最も熟練した技術を必要とします。

胚培養士の仕事⑤受精確認・分割確認

採卵を行った翌日朝、媒精(体外受精)後、顕微授精後の卵子の様子を確認します。卵子が受精して胚に成長しているか、胚は順調に分割を繰り返して成長を続けているかを観察します。

通常の妊娠では、卵子は受精後4日から6日ほどかけて分割を繰り返しながら子宮内部へと移動し着床、妊娠が成立します。高度生殖医療に使用する胚も同程度の日数をかけて胚の成長を見守ります。この胚を子宮内部へ戻すのは医師の仕事になるので、胚培養士が成長を見届けるのはこの段階までです。

胚培養士の仕事⑥胚の凍結

余剰胚があったり、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)予防目的等で、胚を凍結保存することがあります。これも胚培養士が行います。このとき胚にダメージを与えることがないよう凍結保護液を使用し、液体窒素を用いて凍結されます。

胚培養士の仕事⑦凍結胚の融解

凍結保存していた胚を移植当日に融解します。このとき融解液を使用して胚を融解し移植できる状態にして、担当の医師へと引き継ぎます。まれに凍結胚がもとの状態に戻らず、患者さんへの移植が中止になるといったケースも存在します。しかし、田園都市レディースクリニックでは、高い技術により99%以上、凍結胚はもとの状態に戻っています。

受精率向上のための新しい技術

胚培養士は、受精率を高めるために、日々新しい技術について勉強しています。2017年時点で開発された、胚培養の新しい技術は以下のものがあります。

タイムラプス培養システム    

タイムスラプス培養
タイムラプス装置(提供:田園都市レディースクリニック)

数年前から「タイムラプス培養システム」という、胚の培養システムが普及しはじめました。タイムラプス培養システムとは、10、15分毎など一定の間隔で、培養器内で胚を撮影し、それを連続して映すことで動画のように胚を観察することができる装置です。田園都市レディースクリニックでも導入しており、15分間隔で撮影をしています。

タイムラプス培養システムの利点は、観察毎に胚を培養器から出す必要がないため、一定の条件を保ちながら胚を培養することができます。また、一般的に受精卵は1つの細胞から最初の分割で2つになります。しかし、最初の分割で1つの細胞がいきなり3つに分割するケースもあるということがわかってきました。そして、分割が進んだ割球が融合していく胚もあり、これらの胚を患者さんに移植することによって、妊娠成績が低下する可能性が指摘されています。

しかし、タイムラプス培養システムを使用することによって、胚の分割の過程を観察することが可能なため、正常に分割が進んだ胚を優先して移植することにより、妊娠成績も向上します。

ピエゾICSI(イクシー)

最近普及してきた機器として、「ピエゾICSI(イクシー)」というものがあります。顕微授精の際、従来から行われているICSIを使用する方法では、精子の入ったガラス針を卵子に刺して、精子を卵子細胞内に注入します。一方、ピエゾICSIでは、先端がフラットなガラス管に微小なパルス(電流)をかけて、卵細胞膜に穴を開け、ガラス管に入った精子を注入します。

従来のICSIで高い受精率を出すためには、高度な技術を必要とします。しかし、ピエゾICSIはそれに比較して、技術的に易しいといわれています。そのため、胚培養士は比較的短時間でのトレーニングでピエゾICSIの技術を取得することが可能です。また、施設によっては、ピエゾICSIにより、従来のICSIの方法よりも受精率が上昇したと報告しています。

しかし、田園都市レディースクリニックでは培養士の日々の努力により、従来のICSIを利用する方法でも、ピエゾICSIによって得られたとされる受精率よりも高い受精率が得られています。そのため、すでに受精率の高い田園都市レディースクリニックでは、20年以上もの歴史がある従来のICSIを用いています。

卵子紡錘体可視化システム

卵子紡錘体可視化システムとは、顕微授精を行う際に、特殊なレンズとフィルターを用いることで、卵子内の紡錘体*を可視化するというものです。紡錘体を避け、傷つけることなく受精を行うことができるため、高い受精率を出すことが可能です。田園都市レディースクリニックでも、紡錘体可視化システムを導入し、顕微授精による受精率向上のために努めています。

紡錘体…微小管という細胞の運動や形を保つことに関係している細胞骨格の束が多数集まって作られる、細胞内の構造。

安全性を追求する 田園都市レディースクリニックの胚培養の特徴

田園都市レディースクリニックの胚の培養には以下のような特徴があります。

培養環境を徹底管理

田園都市レディースクリニックでは、使用している機器の管理を徹底的に行っています。たとえば、インキュベーターのなかのガス濃度は、毎日しっかりと計測しています。また、pHに関しても1か月に1回必ず測定し、最適な胚培養環境を維持管理しています。

PVPを使用せずに高い受精率を維持

田園都市レディースクリニックでは、顕微授精を行う際、PVP(ポリビニルピロリドン)という分子化合物を使用しない方法を採用しています。2017年現在、多くの施設がPVPを使用しているため、田園都市レディースクリニックの1つの特徴といえます。

顕微授精では、高速で運動している精子をインジェクションピペットという針でとらえて、精子を不動化させます。そして、針のなかに精子を吸収し、卵子細胞質内に穿刺注入します。その際に、PVPを使用すると、精子がディッシュ(顕微授精の時に使用する精子や卵子の操作用の皿)やインジェクションピペット(顕微授精を行う針)に付着しにくくなります。また、精子の運動性を減弱化できるため、顕微授精の操作がよりしやすくなるのです。

しかしながら、PVPを使用した顕微授精では、微量ではありますが精子とともにPVPも卵子細胞質のなかに注入されることになります。PVPが卵子細胞質内に入ることは安全なのかというエビデンス(科学的根拠)は、まだ明らかになっていません。

このような理由から、安全性が確立されていないPVPを卵子細胞内に注入しなくても、高い受精率を保てるのであれば、使わないに越したことはないと我々は考えています。そのため、高度な技術と訓練が必要となりますが、田園都市レディースクリニックでは、PVPを使用せずに顕微授精を実施しています。そして、PVPを使用しているクリニックと同等以上の受精率を実現させています。

不妊治療と胚培養士

比較的高年齢の芸能人の妊娠・分娩がニュースで報じられるたび、自分もある程度年齢が高くなっても自然妊娠できると思われる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、卵子は年齢に伴い減少するとともに老化し、特に30歳代半ばからは急速に質が低下して、妊娠しにくくなっていきます。また、高齢になるにつれ妊娠中や出産の際のリスクも高まります。限られたチャンスを逃さないようにするため、不妊症の可能性があるときには早い段階での治療が大切になるのです。

患者さんの状況によっては、限られた時間のなか少しでも妊娠の可能性を高めるため、早い段階で高度生殖医療(生殖補助医療)を医師からご提案することもあります。

不妊治療を受けている患者さんには、「自分達の赤ちゃんを抱きしめたい」という願いがあります。その願いを叶えるため医師や他の医療スタッフとともに日々努力をしているのが、胚培養士なのです。
 

大学時代に生殖工学研究室で体外受精について学んだのち、これまでの経験を活かすことのできる胚培養士の道を進み始める。
不妊に悩む大勢の方の願いを叶えることができるよう日夜高度生殖医療に取り組むほか、自身の経験を広めるため後進の育成にも力を入れている。

東京医科歯科大学を卒業後、東京医科歯科大学医学部付属病院、賛育会病院、日産厚生会玉川病院産婦人科などを経て、2000年より不妊治療専門施設である田園都市レディースクリニックを開院。「不妊に悩む患者さんの望みを叶えてあげたい」という思いのもと、神奈川県内でもトップクラスの高水準の不妊治療を提供している。

田園都市レディースクリニック: http://www.denentoshi-lady.com/

関連記事